心肺機能をあげるために Power breathe を買ってみた。

結構痩せてきたのに、怪我して身体動かさなくなったら軽くリバウンドしました。こんにちは、何某です。

一度太った人間は、一生ダイエットを続けなければならないという意味がわかった。

心肺機能を鍛えようかと。

先日ライブに行ったのですが、結構人が入ってまして。
酸素が薄いのかかなり息苦しい。
全然空気が取り込めて無い気がする。

心肺機能が歳とともに低下しているのでは。

酸素が多く取り込めれば、自転車でもなんでも身体動かすのに有利なのはわかっているわけで。
ただ、どうやって鍛えるのかと調べてみたところ、こんなのが見つかりました。

公式の説明を見てみると

呼吸筋トレーナーのパワーブリーズは、呼吸などに必要な呼吸筋の横隔膜、内外肋間筋、腹筋、背筋などをスピーディーにそして効率良く鍛え、体の内部から改善することができます。

1日2回30呼吸するだけで、心肺機能・持久力・運動パフォーマンスの向上を、たったの4週間で実感することができます。

とある。
これなら簡単に鍛えれそうな気がする。

いろんな種類があるらしく悩んだのですが、とりあえずスポーツする人向けということで POWERbreathe (パワーブリーズ) プラス スポーツ (重負荷) を購入。

Power breathe を2週間使ってみた感想。

使い方は簡単。
息を鼻から吸わないように口呼吸するだけ。

メモリで負荷が変えられるのですが、購入か1週間は メモリ2 が限界。
30回*2セットでみぞおち辺り、横隔膜なのかな?が筋肉痛みたいな感じになります。
1週間で、最初全くできなかった メモリ3 に挑戦。一回も吸えなかったのに、1週間やるだけでギリギリ吸えるようになりました。
そこからさらに、1週間後 メモリ4 を試すとなんとかいけるように。

運動量などに大きな変化はまだ感じられないですが、明らかに2週間で心肺機能は高まってると思います。

メモリ0〜2くらいは問題なく出来ると思うので、後々考えて最初から重負荷のこれを購入するのがいいと思います。

以上です。

参考

Power breathe(公式) http://www.powerbreathe.co.jp/

© 2018 磁力式駆動 All Rights Reserved.
Theme by hiero