前厄というやつらしい話。

年末の呑み会の誘いが結構あるのは景気回復ということなのだろうか。何某です。

文章を書かないと脳が衰えていく感じがして、最近やってます。

実家から厄払いを兼ねた同級会の誘いがきてるけどどうする?と連絡があった。
そういえば厄年とか聞いたことがある。

あそこの何とかさんは厄払いしなかったから階段から落ちて骨を折った。
だの。
何々さんは厄払いしなかったから旦那に逃げられた。
だの。
厄年だからガンになった。厄年だから死んだ。厄年だから。

大人たちの会話に紛れてたワードだ。
厄年怖い。厄払いは絶対しよう。そう子供の頃から信じてたが、いつの頃からか全く気にしなくなった。

理由は簡単。歳を重ねてくるうちに、厄年関係なく不幸になる人を見る機会が増えてきたからだ。
厄払い関係なく病気する、交通事故にあう、死ぬ。立て続けに不幸が訪問してくる人がたくさんいた。

そもそも、厄年って海外にあるのか。日本人だけが、ある年齢で不幸になるのか。そんな都合のいいことあるのか。
調べてみると同様の考えはあるらしい。が、年齢は違う模様。
そうなると、日本では大丈夫だが旅先の厄年をくらってしまうという可能性がある。旅行前には気をつけないといけない。

田舎に帰ると往復9時間で3万円かかる。更に2万くらい払って厄払いと同級会に参加するのだ。

前回開催された同級会は20代後半だったか。
地方特有の早婚だらけ。そして相手を聞くと大体知っている。なんなら離婚して相手が入れ替わってる夫婦もあったりする。
バツ2、バツ3なんてのは珍しくない。
子供を聞けば6人いて、今嫁の腹には7人目だ。少子化なんて嘘だったんだ。ここいら一体はビッグダディだらけだ。

見た目もすっかりおじさんおばさんで、薄毛とジャージで対外武装し、会話も家庭の話やら、地域のイベントの話やらがメイン。
私が関東に住んでるんだよという話になれば、「東京では今これが流行ってるんでしょ?」『もう流行ってないと思うけど。』の繰り返し。
給料の話になれば月給12万円で子供4人なんだよという話になる。

ボーナス出ないよ。だってバイトだから。

どうやって暮らしてるんだろう。気になるがあまり深くは聞けなかった。

果たしてあの人達は今生きてるんだろうか。たまに帰って偶然会った同級生に、誰々が自殺したとか聞かされることもある。そんなに珍しい話ではない。

中学生の時、すごい可愛い娘がいた。その娘は前回の同級会の時は強烈に綺麗になっていた。バツイチになっていたのが色気を増幅させたのか。
今どうなっているのだろうと連絡が来た時思った。この歳になって思うのは相手が40歳でも余裕で抱けるということだ。抱けるのだ。

とはいいつつも、それはそれで面倒だ。正月休みはのんびり釣りでもしてたほうがマシだなと参加を断った。

© 2018 磁力式駆動 All Rights Reserved.
Theme by hiero