SUPフィッシングの冬装備の話。

行ってないので特に言うことも無いですが、昨日のはなかなかいいセトリだと思います。何某です。

冬期でもSUPで釣りしたい

陸でも冬は寒いけど海上はもっと寒い。なので、対策が必要です。
端的に言うと、金払ってオーダーメイドでドライスーツのウェットスーツを買ってください。
となってしまうんですが、まぁ手軽な釣りのツールとしてSUPを利用してるだけなので、安く完璧な防寒をしたいところです。

というわけで今現在の装備をまとめてみました。

基本の寒さ対策

なんといっても5mmのウェットスーツです。5mmは必須。本当に暖かい。
風の無い気温0℃なら余裕でした。

風が出てくると首筋から風入ってきたりすることもあるので、上に合羽とか何か羽織れば完璧です。
購入時に気をつけるところですが、この商品は基本サイズ通りだと小さいです。なので1サイズ以上サイズが上の購入をおすすめします。 レビュアーの体型を参考にしたほうがいいですね。
ということで、2サイズ上の商品を購入したのですが、初めて着た時は座ると首周りが苦しい状態でした。
2回目以降は苦しさが無くなったので、多少延びたり柔らかくなったりするのかもしれません。

オーダーメイドの快適さに比べると酷いものなので、この価格でウェットスーツが買えると割り切って買いましょう。

ちなみに、ドライスーツにしないのは、価格が安いのはもちろんですが、やはりトイレ問題が大きいです。SUPフィッシングは動きが少ないので、寒いとトイレが近くなるんですよね。
ドライスーツだとブーツがついてるので、脱がないとトイレが出来ないですが、これなら足首の部分から抜けていきます。
寒い時にトイレをすると、温泉が湧き出たのかと思うくらいの勢いで身体が温まります。

大海原での爽快感と、ほどよい背徳感を体感することが出来るので、セミドライを選択しましょう。

頭部の寒さ対策

濡れても問題なく、物凄い暖かいですが鼻まで隠れるので、マスクと同じで偏光サングラスが曇ります。
なので、曇り止め必須です。

夏場のサバゲーの時や、スポーツマスク利用時の自転車などでよく利用していた曇り止め。
ちょっと高いですが最強です。汗などの汚れに気をつければ、全く曇らず一日快適に使えます。

足の寒さ対策

セミドライのウェットスーツなので足は出てます。
水温は気温よりだいぶ高いので、釣りしている間は海中に足いれとけば温かい。
がしかし、移動中などは濡れた足に風が当たると地獄です。

ダイビングブーツが軽いし砂も入らないし温かいのでいいのですが、状況によってはそれでもやはりちょっと寒い。
なので下にこれを履いてから履きます。

これを履いてからウェットスーツを着ると、濡れにくいです。
まぁ海中に足いれちゃうと水入ってきちゃうんですが、その状態でも、ブーツのみよりは全然温かいです。

手の寒さ対策

手先が一番やばいです。
とはいえ、ラインを結んだり餌付けたりで指先が最低限出ていないと厳しい。
毎回脱いだりするのは嫌になってしまいます。なのでよく利用する親指、人差し指、中指の第一関節の腹側のみ出ているタイプがいいです。

実際にラインを結んだりするのも苦になりません。
手にあってないと、多少ピラピラして邪魔な時もありますが。

ただ、これだけでは結局外に出てるので、外気にさらされている3本の指先が厳しいです。
そこで、自転車でよく利用しているこれも併用します。

これ手のひらの部分が開いてるんですね。指切りのグローブの上からつけるタイプです。
微妙な次期のヒルクライムとかで、中途半端に暑くなったり、寒くなったりする時に使ってますが、スッと開いてる部分から手が出せるので、釣りにも非常に使えます。便利。

本当に寒い次期にはまだやってない

ここまで書いたものの、2月とかの本当に寒い次期にはまだSUPしたことが無いんです。
この装備で年内は余裕そうですが、その時どうなるか。
駄目だったらまた考えます。

以上です。

© 2018 磁力式駆動 All Rights Reserved.
Theme by hiero