タンカー事故が気になった話。

魚探を使ってみました。何某です。

感動もあり、落胆もありの内容は後日。

タンカーが沈没したその後がヤバイらしい

先月九州のほうでタンカー沈没したね。と軽く流したニュースでしたが、どうやらテレビとかで報道されてないとかなんとか。
まぁ上手いことやったんだろう。よかったよかった。くらいに思ってたんですが、なにやらヤバイことになってるらしい。

流出した石油がどこに流れるかについて、専門家の間では見解が分かれているようです。

日本のSNSなどで拡散されているのは、ロイターのサイトにあるこちらの図です。英国の国立海洋研究所による予測です。

引用したとおり、いろんなシミュレーション結果があるようですが、どっちにしろ結構な範囲には流れ着くっぽい。

流れ着くから海産物やら、なんなら海水浴もあるので、直接肌に触れる可能性すらあるわけですが、実際の影響ってどんな感じなんですかね。海水で希釈されたりしないんでしょうかね。
報道されないのは問題ないからなのか、問題があるからなのか、国民の関心無いのか。ネット以外見てないので実際は報道されてるのかもしれませんが。

何が気になるって釣った魚食えるかどうか

流石に油まみれの魚や、臭くなってたら食べる気しませんが、それ以外は食べたい。
問題は五感で判断出来るのかどうか。

硫黄、ヒ素、水銀、鉛などの単体または化合物を不純物として含むことがある。

水銀入ってるけど大丈夫なんだろうか。

コンデンセートは希釈されながら、数週間から数ヶ月ほどで分解されます。本州に到着する頃には、蒸発、希釈、分解が進んで、密度は低くなっていることでしょう。

とは書いてはあるが。
今年は高級魚探を買って釣果右肩上がりの予定でやってるのに、こんな事になるなんて。
とにもかくにも、今後どうなるか正確な情報を知りたいですね。

以上です。

© 2018 磁力式駆動 All Rights Reserved.
Theme by hiero