思えば人生初のヒラメを釣った話。

ドラマや映画で聞き取れない距離、音量で話してるのに会話が成立してる場面があると萎えます。何某です。

屋上と校庭。マウンドとバッターボックスやらスタンド。とか。

ひさぶりのSUPフィッシング

予報では9時頃に風速が4m/sになるらしい。
4時に岸離れすれば5時間は釣れる。
やっと釣りができるのだ。前日の夜から念には念をいれて準備する。

釣り人の朝は早い

すっかり夜明け。

4時に起きて身支度を整えてホームサーフへ向かうと、すっかり夜は明けていた。もうそんなに夜明けが早くなったのか。
沖には私と同じようにSUPフィッシングをしている人たちがいる。今準備をしている人やカヤックを含めると10人ほどいるだろうか。大盛況である。
とはいえ海は広い。これが沖で釣る最大の利点だ。目立ったポイントも無いので場所取りも無い。岸際の波さえ気をつければ気楽に沖に出れるのがいい。

ティップランからジグサビキへ

ティップランというものをやってみたかったので、一投目は先日買ったエギをつけてみる。底に落としてシャクっては流すのを繰り返すらしい。
SUPは2km/hで流れている。ほぼ無風だが、潮はかなり速い。パラシュートアンカーも効かない。油断しないようにしなければ。
何度か落としたところで飽きてしまい、ジグサビキに変える。そもそも、ここでアオリイカが釣れたなんて聞いたことがないのだ。なぜ私はやろうと思ったのか。
小鯖が入ってきてるとの話を聞いたので、ジグサビキでボウズ逃れしようという話。小鯖の南蛮漬けで冷蔵庫に鎮座している日本酒を片付けるのだ。
しかし、魚探に反応も無くポイントを移動することにした。

人生初ヒラメをゲット

ヒラメ。

10m程度の浅場から60mくらいまで流れる場所に移動した。ホームサーフだと時間帯での潮の流れなど読みやすい。
15m付近に差し掛かると魚探に反応が出る。サイドビューを見るとSUPの左から右に何かしらの群れが移動しているらしい。
すかさずジグサビキを落としては上げるを繰り返す。がしかし反応は無し。
群れの反応が無くなったので、ショートピッチでシャクってくると、水面から5m付近でグッと竿先が水面に引き込まれた。ドラグがゆるゆるだったため、あわてて締めて寄せてくる。右へ舞うとひし形の白い魚体が見える。ヒラメだ。
ヒラメのエンガワが大好物だという嫁の顔が浮かぶ。本物のエンガワを食べさせてやるぞ。とテンションがあがったものの、サイズはギリギリヒラメというところ。はたして満足にエンガワが取れるだろうか。
私の地方では30cm未満はソゲというが、湘南では何cmなのだろう。とりあえずキープしておく。
そういえば、過去に船でヒラメ釣りに行ったが釣れたことは一度もなかった。今回が初めてなのは自分でも意外だ。

ジグが落ちない事案発生

とりあえずお土産はキープしたので気楽に釣りをする。
のんびり仕掛けを落としシャクってくる。いい時間だ。
魚探に強い反応が出た。小さい群れの下の30m付近にいくつか大きい反応が出ている。チャンス。
しかし、10mほど落としたところでラインがでなくなった。こんなときに、PEが噛んでしまったか。慌ててチェックすると特に問題が無い。底まで着いてたのかなと水深を見ると40m以上ある。10mで底に着くわけがない。
なんだこれはとリールを巻いてみると、ググっと引き込まれた。

フグ。

沈まない正体はフグ。サビキではなくメタルジグをガッツリ咥えている。
そういうアタリもあるのか。なるほど。とリリースし、再度投入するとまた沈まない。

そしてフグ。

やはり沈まない正体はフグ。
この後しばらくフグの猛攻にあい、魚影はすべて消えた。

2.5km/hの潮と風速4m/s以上の世界

8時頃になると予報通り風が強くなってきた。沖に出ていた人たちはほとんど岸に戻っていっている。
私もそろそろ戻らないとヤバそうだ。潮は速いがなんとか戻れる。GPSで速度は2〜2.8km/h程度。パドルなので終始推力が与えられるわけではないのがツライ。
安定して進んで岸に戻る方々を見ると皆ダブルパドルを利用している。やはりシングルではこの潮には対抗できないか。
そしてだんだんと風速が強くなってきた。2.5km/h程度しか速度が出ない。
人力が危険なのは、流される以上の速度で漕がないと進めないうえ、休む暇すらないというところだ。
とはいえ、流されている方向は砂浜と平行なので、帰りが大変なことを気にしなければ、だいぶ離れた場所に着岸はできる。その間に沖に流されることがなければだが。
今くらいの状態ならば普通に戻ったほうがまだ安全なので、急いで戻り無事着岸。
やはりSUPフィッシングにはダブルパドルが必要だなと思いながら帰路についた。

当日の状況。


© 2018 磁力式駆動 All Rights Reserved.
Theme by hiero