プロフィッシュ45にフラッシュマウントロッドホルダーを艤装した話。

年末年始は極寒になるとかなんとか。どうも何某です。

正月休みにかけてるので、穏やかな日になってほしいです。

フラッシュロッドホルダー。

フラッシュマウントロッドホルダーを追加する

中深海で潮が流れていると真下にジグを落とせないため、ロッドホルダーに挿し、パドリングしてラインがまっすぐになるように調整するのですが、どうにも艤装したロッドホルダーの位置が気に食わない。ちょっと遠かったり抜き差ししづらかったり。
何かいいやり方が無いかなと考えてると、プロフィッシュ45にフラッシュマウントロッドホルダーが復活するとの記事が。
パドリング出来るようにもう少し前だったらな、などと思いながらプロフィッシュ45を眺めていると、設置場所っぽいのがもう一箇所あるのを発見。
ここならいけそうだなと思い、純正フラッシュマウントロッドホルダーをさっそく2個注文しました。

これは純正じゃないので違うやつですが。こんなのです。

フラッシュマウントロッドホルダーを艤装する

まず、取り付けするフラッシュマウントロッドホルダーのサイズ、穴の中心を計測し、シート状にしたマスキングテープをそのサイズに切り抜きます。
そして慎重にポジションを調整してカヤックの取り付け位置に貼り付けます。

位置出し。

純正の場合の穴の位置は真ん中ではないので、中心の印付ける際は気をつけてください。
また、ロッドホルダーの形が楕円になるので、加工無しでは取り付け出来ません。
なので、ヤスリで加工する前提で、若干小さい穴をホールソーで開けます。今回は45mmを使用しました。

ホールソーで穴あけ。

開いた穴をヤスリで削りながらハマるように調整していきます。
バランス考えながら削らないと、当初の予定とズレるので気をつけてください。

ヤスリで広げる。

固定できるようになったら、コーキング剤をカヤックとロッドホルダーに塗ります。

コーキング塗り。

設置後拭き取るので、多めでいいと思います。

コーキング塗り。

設置してネジ止めします。

ネジ止め。

はみ出たコーキング剤を拭き取って完成です。

フラッシュロッドホルダー。

ロッドを挿したままだと、移動するパドリングは出来ませんが、位置調整する程度なら全く問題無さそうです。
実戦投入が楽しみですね。

以上です。

© 2019 磁力式駆動 All Rights Reserved.
Theme by hiero