【注意】SUP、カヤックフィッシングする方へ

定置網内へ入る、係留する、仕掛けを引っ掛けるなどが多くなっており、漁師さんとのトラブルが増加してるようです。

SUP、カヤックを排除しようとする動きもあるため、定置網へは近づかないようお願いします。

人生初のアコウダイで興奮した日。

ボートレンタルしようと思ったのですが、週末はすぐ埋まってしまいますね。どうも何某です。

天気予報見てからの予約では間に合わなそうです。

いっぱい釣れた。

1日だけ晴れたので沖に

一心不乱に沖を目指す。
今日は新しいジグを持ってきているのだ。心が躍る。

正月のくじ引きで当たったショップの金券で購入なのでロハである。
比較的安価なジグということでロストしても、それほどショックがないのがいい。
前回実績のあったスパイVは高いうえに売ってないのだ。
早く試したい。

メインルアーになるか

アカムツ実績のあるポイントのサヤシでのふた流しめ。
狭い範囲をキビキビ動くフレア300gを、竿の反発力を使い細かくシャクっていると、ジグがスッと止まった。
違和感があったら聞きアワセするのが中深海の鉄則。
竿先が戻って来ない。巻き上げ始めると重い。何かが釣れた。
身切れしないようにゆっくり巻いてくる。

しろむつ。

嫁の好物シロムツだ。淡白なのに旨味があるので、毎日食べられる魚だそうだ。
良かった良かったとニヤニヤしながら神経締めする。
ほとんどポーズ無しでバイトしてきたので、何気に活性が高いのか。
ジグをスリッピー300gに交換する。フォール重視のジグとのこと。
ゆっくりシャクったあとテンションフォールを繰り返す。
交換後のひと流しめ。水深220mあたりのシャクリ後糸ふけがでる。何かが食ってきたらしい。
たまにドラグが出るがおとなしく上がってきた。ゴマサバだ。

ゴマサバ。

Xestaのジグでも問題なく釣れる。
あがってくるのがアカムツでは無いが、それは私の腕の問題だろう。
メインで使用するには問題ないのでは無いだろうか。メインジグ不在の今、候補が2つもあがってきた。今後の釣果が楽しみである。
その後もうひと流しするがアタリが無いので新しいポイントを探す旅に出ることにした。

サバが結構入ってきているっぽい

スパイファイブ350gに付け替え、魚探に等深線が無いエリアを流す。
とりあえず落とすと、下に着く前に何かが食ってきた。
そここそ引く。ドラグを緩めにしているのでラインが多少出ていく。
なんとなくサバかなと思うとゴマサバ。

ごまさば。

思うに、ジグが重いせいで魚の引きというのはほとんど無くなるらしい。抵抗が増え重くなるだけのようだ。
逆に言うと上がってくるまで何が釣れたのか、今の私では判別出来ないので緊張感がある。
すぐ落とすとまたゴマサバが釣れそうなので、一旦シーアンカーをあげ、コーヒーを飲み流されながら、等深線を作ることにした。

新しいポイントを見つける

海図アプリの等深線に無いカケ上がりが見つかる。スパイファイブを落としてみる。
フワッフワッと竿先が軽やかに戻るのを確認しながらジグを動かす。簡単に横を向かせている気がする。やはり良いジグだ。
底から3mほどのところのフォールに違和感が出たのでアワセてみる。何かが乗った。
ゆっくり巻いてくると赤い魚体が見える。これは、と期待する。
がしかし、網に入ったのはアカムツではないようだ。カサゴに見える。

ゆめかさご。

調べてみるとユメカサゴらしい。美味とのこと。

「あなたの夢はメジロマックイーンかライアンかストーンか。私の夢はバンブーです。」

そんな名調子が聞こえてくる気がした。
アベレージサイズらしいので締めて持ち帰ることに。
底質がかなり硬い。根魚狙いには良さそうな感じがする。もうひと流し。
水深180m。底から5mほどでシャクっていると、フォールの途中で竿先が暴れる。
聞きアワセで少し竿先が入ったのち、グンッっと満月にロッドがしなる。これはなかなかのサイズだ。
ドラグが鳴る。様子をみながら少しづつドラグを締める。初めての感じだ。重いだけではなく魚らしい引きがある。なるほど、こういうのもあるのか。
頼むから無事あがってきてくれよとワクワクしながら巻いてくると、70m付近でフッと軽くなった。
あぁバレた。そう思い巻くとまだ重い。がしかし、先程までの引きは無く重いだけ。サメに食われたとかだろうか。
ひとまずあげなければと重い巻きあげる。すると真っ赤な魚体があがってきた。
タモにいれ見てみるとアコウダイ。

メヌケ。

いわゆるメヌケ。高級魚だ。思わずガッツポーズを取る。
自作のアシストフックが3本ガッチリ両側のカンヌキにかかっている。これでは逃げれない。
途中軽くなったのは水圧の関係とかだろうか。
思えばスパイファイブ落としたら100%釣れている気がする。まだ2日しか使用してないが、鉄板どころか漁感覚で使えるジグだ。こんなに釣れるとは。
高くて手に入りづらいことを除けば完璧である。今度から見つけたら買い占めることにしよう。
また、このポイントも素晴らしい。アコウダイの顔を見ながら、このポイントを「スガヤ」と命名し、魚探にマーキングした。

『これはもう食べきれないな。』

思わず大きな独り言がでる。ニヤニヤしながらコーヒーを嗜み、どうするか考える。
熟成させるので、一度に消費しなければいけないわけではないが、それでも2人で1週間食べるにはこれでいっぱいである。

桜魚を試す

これ以上釣れても困るので、嫁用に購入したタイラバロッドを等深線を作成しながら使ってみることに。
釣れてもホウボウくらいだろうか。ホウボウは美味いから大歓迎だ。
使用感は悪くない。タイラバ専用ロッドを使ったことがないので詳しくはわからないが、ライトジギングロッドよりは間違いなくタイラバ寄りだ。十分使える。
そうこうしているうちに風が強くなってきたので納竿とした。
今週は魚三昧でいい酒が呑めそうだ。

タイドグラフ

タイドグラフ。

© 2019 磁力式駆動 All Rights Reserved.
Theme by hiero