【注意】SUP、カヤックフィッシングする方へ

定置網内へ入る、係留する、仕掛けを引っ掛けるなどが多くなっており、漁師さんとのトラブルが増加してるようです。

SUP、カヤックを排除しようとする動きもあるため、定置網へは近づかないようお願いします。

伊豆の地磯でなんとか釣った話。

今年の夏はタチウオジギングやってみようかと準備を進めています。どうも何某です。

週末はあんまり良くなかったんですかね。ほかは釣れてたんでしょうか。

地磯の朝。

場所取り争いを制する

先週、カヤックとボートで釣りに行ってはいたのだが、クラド(暗土)というようなゴミが海中に漂っていたらしく、これのせいで全くというほど反応が無かった。
予報では風もあるようなので、週末は伊豆の地磯に行こうと友人に提案するとホイホイと乗ってきた。
首都圏で狙った釣り座に入れるのは稀である。
遠く千葉から3時間かけて来た友人が言うには

「通勤を優先した東京と埼玉の奴らが、休日の覇権も握ろうと夜中から来るからだ。奴らは強欲だ。特に埼玉。」

とのことらしい。千葉埼玉問題は根深い。
彼らに勝つためには、さらに前乗りする必要がある。
夜22時頃に伊豆に行くと無人の磯が広がっていた。流石にこの時期に前日から入る人はいないらしい。無事目的の釣座を確保した。

深夜の磯は釣れる気しかしない

夜の磯は危険しかないため、安全な場所で酒盛りをしながら準備を進める。
4月だというのに蒸し暑く、汗だくになってしまった身体を落ち着かせたあたりで仕掛けを投入。釣り開始。
メジナ用の道具ではあるが、狙いはイサキ。沖に出る潮に長めに乗せ、ある程度まで出たことこでコマセを遠投。狙ったところに飛んでるかはわからないが、まぁ酒を呑めば上手いことやれてる気がするので大丈夫だ。
友人が仕掛けを回収すると、キタマクラがついてきたらしい。
嫁に土産が出来たと、釣り人定番ギャグでひと笑い。酒が効いている。
その後、バケツにキタマクラをキープしているのを見てしまい、『もしかして本気だったのかな?』と新婚の家庭を心配した。

全く釣れない

深夜2時。キタマクラ以外の反応は一切無かった。朝に備えて一旦寝るかということに。
本来であれば、釣れまくって寝る暇さえ無いとう予定だったのだが。
寝てる間に道具捨てられて釣り座を奪われてはかなわんと、車中泊ではなく磯の安全なスペースを確保し横になった。
がしかし、あれほど蒸し暑かった気温は一変。ガタガタと震える気温になる。
寝てるより釣りしてたほうがマシと起き、エギングを開始し身体を動かすことにした。起こさず置いてきた友人は凍死するかもしれないが、私の車で来てるから帰りは問題無い。運を天に任せる。
ショアジギングのほうがこういう時は身体が温まりそうだ。などと考えてるとエギを根掛かりで無くしてしまった。
リーダーを忘れてきてしまっていたので、フカセを再度開始するが、早々にコマセが尽きる。
解凍していたオキアミをバッカンに放り込み手を突っ込むと、尋常じゃないくらいに冷たい。
集魚剤に慌てて手を突っ込み温める。海水に手を浸しては混ぜるを繰り返しなんとかコマセを作った。
気がつくとうっすら夜が明けてきているようだ。

朝マズメからエサ取りが元気

夜明けとともに友人が起きてくる。無事だったのか。
明るくなってから気づいたが、今日は過去に見ないくらい潮が引いているようだ。狙いを大幅に浅くする。

いつもは見えない。

水位が低いせいかサラシも弱い。とりあえずサラシをひたすら撃っていると、ウキが静かに沈んだ。根掛かりかなと回収すると、手のひらサイズのタカノハダイが飛んできた。どうやら根掛かりでは無かったらしい。
よく見ると澄み潮でエサ取りだらけだ。一気にやる気を無くすが、こいつらを交わさなければ本命は釣れない。
針を小さくし、沈むスピードを調整しやすくする。ここからが勝負だ。

時合突入か

コマセを大量に使いながらいろいろ試していると、ウキが勢いよく消し込んだ。
ものすごい引きだ。

『来たぞ!タモ!タモ!』

大声で友人を呼ぶ。慌てて友人がサポートに来る。
水面まで寄せた刹那。フッと軽くなり竿が後ろに勢いよく跳ね上がった。

『あぁバレた。デカかったぞアレは。』

2人で残念がりながらウキを手元に寄せてくると、先に何かついている。

木っ端。

手のひらより小さいメジナ。どうやらスレがかりだったらしい。

「いやー、スレは引くから間違うよね。」

と爆笑しながらも友人はテンションが一気にあがっているようだ。
メジナが出てきたということは、チャンスだと判断したらしい。
確かにそのとおりだと、私も急いで竿を振る。
数投後、再度ウキが消し込む。今度も強烈な引きだ。レバーブレーキをきっちり握りしめて対応する。
澄んだ海中に翻ったメジナを見て歓喜の声が出る。
30cmほどのメジナだ。やってやった。この引きが味わいたかった。

クチブト。

カメノテを餌にする

時合かと思ったがその後ピタッと食いが止まる。結局渋いのか。
海中には木っ端メジナとアイゴが見える。
そういえば釣り人がいない。周りの磯にも1人くらいしか入っていないようだ。あれだけ早く来たのに。
友人のところへ行ってみると、何かをナイフで剥いていた。

『おぉ、カメノテか。美味いよね。』
「らしいね。」

と言いつつ針につけて投げてしまった。食べるわけじゃないのかと聞いてみると、コマセがもう無いので、とりあえず貝をつけてみたとのこと。
これじゃキタマクラしか土産が無いじゃないかということで、コマセを半分あげて、ポイントを譲った。
私は普段確実に波を被るポイントを攻めてみる。こういう穏やかな時ではないと出来ない。
がしかし、全く反応は無い。結局渋いままかとコマセを使い切り戻る。
バッカンを洗う準備をしていると、友人のウキが消し込んだ。もうコマセが無い。これが最後のチャンスだ。慌ててタモを持ち、取り込む。

「良かった。これでまた釣りに行ける。ボウズだったら釣り禁止と言われかねなかった。」

そんな制約の中カメノテを餌にしてたのか。追い込まれていたのだな。
無事ボウズを逃れた2人は、帰宅後、釣り談義をしながら泥酔。
その様子を見た嫁は、ボウズ関係なく釣りに行けなくなるのではと心配していた。

タイドグラフ

タイドグラフ。

© 2019 磁力式駆動 All Rights Reserved.
Theme by hiero