【注意】SUP、カヤックフィッシングする方へ

定置網内へ入る、係留する、仕掛けを引っ掛けるなどが多くなっており、漁師さんとのトラブルが増加してるようです。

SUP、カヤックを排除しようとする動きもあるため、定置網へは近づかないようお願いします。

中深海用にゴメクサスを買った話。

「一度、船乗って中深海のジギングやってるの見てきてみたら?」って嫁が言ってきました。どうも何某です。

コジレイと照英のおかげで、理解ある嫁に育ってくれました。お菓子系嫁としてグラビアデビューさせたいくらいに嬉しい。

ゴメクサスの朝。

マゴチ再び

「マゴチ。リベンジしてみないかい?」

どこかで聞いた事あるセリフだ。
昨日は手応えがあった。行ける気がする。
任せろと二つ返事で沖に出た2投目。もの凄い飛距離で飛んで行くテンヤ。無慈悲にガイドに絡まったラインが垂れ下がる。
やってしまった。もうテンヤは無い。

「謝るのは私にじゃないんだよ。結果ゴミを捨てているという自覚を持って釣りをしなさい。」

海で産まれ、海で育った泳げない嫁が、静かに怒る様子が頭に浮かぶ。
相模湾に一礼して深海を目指した。

新リール投入

4ozのロッドで動き過ぎてる気がするジグの場合、番手を下げて柔らかいロッドを使用するのがいいとアドバイスを受け購入した2oz。
ただ中深海でやる長さのラインを巻けるリールが無い。そんな時に見つけたゴメクサス。2万円以下という価格で、たっぷり量を巻けるリールとしては相当安いのだ。それを今回導入している。
問題は間違えて左巻き、しかもハイギアでないほうを購入したのだが、1度左でのジギングをやってみたかったので、まぁまぁ受け入れた。
下巻きに20年前に購入した65lbの太いPEを巻いて、1.2号を600m巻いている。高切れしても大丈夫な量。
初めてのレバードラグに、最初は戸惑い、300gのジグを落とし始めたところでバックラッシュを連発していたが、加減がわかれば問題なかった。
入魂は出来るのか。楽しみでしょうがない。

巻き上げで肩がパンパンになる

思ったよりもゴメクサスの巻き上げが軽い。やはりオシアジガーを触ってしまうと、巻き上げの気持ち良さが無いなと思ってしまうが、この安さでここまで使えれば十分。
ただ巻き上げ量の少なさは、腕を確実に疲れさせる。初めて中深海をやった時を思い出す。
間違ったのを悔やむが使い所が無いわけではないので、と言い聞かせる。呑みに行くのを2、3回我慢すれば買える金額だ。大丈夫。
左手が疲れたので、4oz+オシアジガーに持ち替える。すると2本使いの利点が出てきた。
1本落としてる間に、もう1本のジグを付け替えることが出来るのである。これはかなりの時間節約になる。素晴らしい。

結果はキツイ1日

今日は一切カヤックが流されない。最初から気づいてはいたのだが、流石にいくらかでも風は吹いてくるだろうと思っていたのだ。がしかし、全くといいほど流されない。
しょうがないので、30mくらいジグをあげては移動し、落とし直すというのを繰り返す。
こういう日は全く釣れる気がしない。ゴメクサスに入魂と言いたいところだが、帰ってビールでも呑んで昼寝したほうが幸せだろうな、などと思ってしまうと、やはり釣りも適当になってしまうもの。
足漕ぎカヤックなら移動しながらシャクれるので、こういう時でもやりようがあるのだろうな、などと考えてしまう。道具で言い訳する時間だ。そして、金があればと思う。
曇りでガスがかっており、景観も良くない。凍らせたお茶も溶け切ってしまいそうだ。
もう帰ろうかと片付けはじめると、急に風が出てきた。カヤックが流される。やっと釣りやすくなるかと流れ具合を計算し移動。ジグを落とし、パドリングしながら落ち具合を調整する。ほどよいタイミングでシーアンカーを投入。上手い具合に流れたかに思えたが、カヤックが横を向いて流されている。シーアンカーは伸び切っているのだが。さらには、流される速度が速すぎる。魚探では1.8m/sと出ている。これは参った。釣りにならない。
今日は日が悪い。諦めて納竿。
入魂は出来なかったものの、ゴメクサスの仕事は悪くない。ハイギアを買い直してしまいそうな勢いではあるが、もう少しこれで頑張ってみようと思う。

タイドグラフ

タイドグラフ。

© 2019 磁力式駆動 All Rights Reserved.
Theme by hiero