【注意】SUP、カヤックフィッシングする方へ

定置網内へ入る、係留する、仕掛けを引っ掛けるなどが多くなっており、漁師さんとのトラブルが増加してるようです。

SUP、カヤックを排除しようとする動きもあるため、定置網へは近づかないようお願いします。

潮が緩いわリールはトラブルだわの話。

Instagramのリンクを貼ったせいか「いいね」が結構ついて驚いてます。こんにちは何某です。
全員が謎の釣りガールでない事を祈ります。

あ、そうそう。DMを何人かからいただきまして。反応があることを嬉しく思っています。
「いつも読んでます。」とのことでした。
ありがとうございます。
クレームじゃなくてホッとしております。

昨夜は、初めて行った加藤登紀子似のママがいる謎のスナックで、ベロベロになり、ひたすら謎の餅を食わされ続けるという奇祭に参加しながら返信してましたので、失礼がなかったかと今朝DMを見返しました。
まるで変態みたいな気持ち悪い返事を、全員にそつなく返してました。
シラフの今、やらかしたと慌てましたが、面白かったという記事を読み返したところ、変態記事ばかりでしたので、おおむねキャラにブレが無くて良かったと安堵しているところです。
今後ともよろしくお願いいたします。

ちなみにTwitterはベタ凪でした。

あさぼらけ。

魚は最近飽き気味

ターン。タンッ。

「イカ。イカだねえ。」

明日も釣りに出るからと昼から呑んでいたところ、夕方にはベロベロになってしまい、早めにベッドに入る二人。

タンッ。タタンッ。

「イカが食べたいよ。最近魚続きだから、ちょっと違うのが食べたいねえ。」

さっきからタンタンうるせーな、と嫁を見たところ、ドラクエウォークでGPSの揺らぎを狙って、範囲外のモンスターとバトルするというのを繰り返している。
酔っているからかタップの音が大きい。

「レベル。」タンッ。
「イカ。」タンッ。

そういえばアオリイカって釣ったこと無いな。明日は朝アオリ狙ってカワハギが起きたらアサリで餌付けでもしてみるか。などと思いながら眠りについた。

「お、はぐれメタル。。。。逃げんな。。。」

夜は更けていく。

駐車場が満車

夜明け前、準備をはじめる。
冷凍庫を開けると冷凍アサリが残っていた。魔法の粉もあるしカワハギは問題ないかと、リールを見るとラインが巻いてない。古いからと先日捨てたのだった。
まぁリールは他の使えばいいかと仕掛けを探すと、替えの針が無い。釣具屋に寄りながら行かないといけなくなってしまった。
ちょっと遠回りだがしょうがないと、アオリに使うリールを探す。見つけるも逆回転病になっていた。
そうだ、メンテに失敗して逆回転するようになったまま放置していたのだ。これで一気にやる気を無くし、結局ホームサーフへ行くことに。
がしかし、到着すると、あろうことか駐車場は停めるところがない。昨日の予報が悪かったので今日に集中したのだろうか。
ちょうど、いつもお会いする方がいたので挨拶すると、「縦に2台停めましょう。」と提案されたので、ありがたく駐車する。助かった。

潮チェックするやいなや

今日は大盛況だ。かなりの人数が浮いている。
波も低いので、何の問題もなく沖に出る。魚探をセットし準備。
良い感じでカヤックが流されていく。昨日と違い、ちょうどいい潮なのかもしれない。
念の為、ライトジギングロッドにスロースキップVB 130gをつけて落とし、潮を確認してみる。
水深40m。ちょうど良い感じで落ちていく。
1/4程度でゆっくり適当にシャクっていると、下から15mほどで竿先がポンッと跳ね上がった。フォールしていかないのを確認し、アワせてみる。ノッた。
ドラグを弱めに設定していたのでラインがどんどん出ていく。慌てて締める。1.5号なのでそうそう切れることは無いだろう。
タンタンターンっと、軽快な三段引き。
マダイっぽいが、ジグで釣れる時はイワシを食っている時だけと聞いたことがある。イワシが入ってるとは聞いてないが、今マダイは何を食べてるのだろうか。
なんだろうと疑問に思いながら巻いてくると、残り10mくらいで暴れなくなった。いよいよマダイっぽい。

まだい。

朝焼けが反映されて、とても綺麗なマダイがあがってきた。サイズはちょっと小さいが、家で食べるには十分である。
1投目からマダイとは。幸先がいい。今日は釣れそうな気がする。

潮が緩すぎる

中深場まで流されながら青物でも狙おうかと、引き続きスロースキップを落としていく。
がしかし、ジグを投入すると全く流れなくなってしまった。
さらに潮がゆるくなってしまったようだ。
しかたないとパドリングで沖に行く。
昨日の今日の大潮なので、潮が速いんじゃないかと、軽いジグを持ってきていなかった。
ガーキー220gを落とす。
案の定、カヤックが止まってしまった。放置すれば流れるが、シャクればジグではなくカヤックが移動してしまう。結局ジグはほとんど動いていないということになる。
足漕ぎが欲しい。足漕ぎならなんとかなる気がする。

思わぬトラブル

Xesta フレア 300gを落とし、飛ばすつもりでシャクる。潮が動かないならジグを動かすしかない。
すると、オシアジガーからカツン、カツンと音がする。
何事だろうかと思っていると、リールのハンドルが取れた。
正確には抜けたという表現だろうか。
理解するのに数秒かかる。
ハンドルを振ってみると、中からカランカランと音がする。どうやら構造を見るとネジが外れたらしい。
ハンドルからワッシャーとベアリングが落ちそうになっているのを見つけて、慌ててリールに戻した。
毎週のように利用しているのに、全然メンテしないツケがここに出たのだ。
とりあえず、気をつければ巻けるので、回収だけして納竿とした。

嫁に報告する

帰宅し、寝室に向かうと嫁がいない。
珍しく起きて化粧をしているようだ。ひさぶりに親友に会うのだとか。

「ずいぶん早いね。イカはどうだった?」
『準備が多くて面倒だから、ホームに行ってきたよ。』

いつもなら布団の中からダルそうに罵ってくるのだが、今日はすでに起きている。さらには機嫌がいいらしい。

「じゃ来週はしっかり準備してイカだね。」

と言いながら、くるくる回り、「今日の服装はどうだい?」と聞いてきた。
『ちょっと、小さく手を振りながら棒読みでピーコさーんって言ってみて。』とのお願いは完全にシカトされ、玄関に靴を合わせに行ってしまった。
私のお願いはいつも流される。
潮もそのくらい流れてくれればいいのだが。

タイドグラフ

タイドグラフ。

© 2019 磁力式駆動 All Rights Reserved.
Theme by hiero