バラムツを食した話。

浦安鉄筋家族が実写化の話題で世間はもちきりですね。どうも何某です。こんばんは。
書くつもりもなかったので、写真を撮ってないのが失敗でしたが、せっかくなので残しておきます。

入らない。

バラムツとは

数百メートルの深度に生息する深海魚であるが、夜間には浅場に浮上することが多いため、刺し網や延縄などにかかることが多い。

大型であり、成魚は全長2メートル以上になることもある。顔立ちはいかつく、ムツのように目と歯が大きいが、スズキ目の深海魚という共通点以外にはムツとは近縁ではない。口には鋭くて細かい歯が多く並んでいる。和名の由来は、体を覆うバラ(薔薇)の棘のような棘状の硬い鱗から採られており、素手で触れると裂傷を負ってしまうほどである。

深海魚にしばしば見られる形質であるが、体内の油脂成分のほとんどが、人体で消化されないワックスエステル(いわゆる「蝋」)でできている。そのため、大量に摂取すると皮脂漏症(皮膚から油が漏れる病気)を起こしたり、消化吸収されなかった油脂が肛門からそのまま漏れ出したりし、下痢や腹痛を起こす場合がある。多量に摂食した場合は昏睡状態に陥る重篤な症例も報告されている。油脂が肛門から出る時、便意などは一切生じず、そのまま垂れ流す状態になるという。このため大東諸島では、同じクロタチカマス科の魚であるアブラソコムツと区別せずに、インガンダルマ(「犬が(お尻から油が)垂れる」または「犬が(下痢で)ダレる」と言う意味。「胃が垂れる」は誤りで、前触れもなくいきなり尻から垂れる)またはダルマ(「(人間の)(お尻から油が)垂れる」と言う意味)という別名(地方名)で呼ばれる。

101cm 5.8kg

消化吸収されなかった油脂が肛門からそのまま漏れ出したり

はい。

バラムツを捌いてみる

相模湾の怪魚と再び対峙した話。」で書いたように、先日バラムツを釣って食べてみたわけです。
これだけの大ネタなのに、食レポとかするつもりが、当時はなかったので写真は無いです。
ガッツリ書けば相当稼げる気もしないではないですが。
なので、雰囲気というかは、こちらで。というか、こちらのサイトのほうが、ちゃんと書いてあるので、そっちに移動して読んでください。

閑話休題。
1mの魚を家でさばくのはしんどいですね。まな板に乗らないので、頭を落とす時以外は、そのまま置いて三枚おろしにしました。
これ以前の処理に関しては、いわゆる「津本式」の血抜きで処理してます。
大きいので処理自体は楽でしたが、体表がおろし金みたいになっているので、軍手とかしてやったほうがいいです。手がボロボロになりました。
津本式のいいところは、すぐ捌くことになっても、血が抜けきっているので、必要以上にまな板が汚れにくいことだと思ってます。
で、内蔵なんですが、腹を開くとほとんど肝でした。かなり大きい肝です。太さは男の手首くらいでしょうか。
長さは羽賀研二より大きいかもしれません。

  • 1 ハガケンジ = 22.0cm

とした場合、2 ハガケンジ はあったと思います。

それが二本。そしてあの顔。
このバラムツも、「稀代のワル」として呼ばれる理由がわかります。
先程のサイトで、肝も食べてみたとあったので、少し食べようかと思ったのですが、寄生虫がびっしりとついていたので諦めました。
何か食べてるかと、紐のような胃をしごいてみたのですが、特に何も出てきません。
臭いもないです。
手が脂でベタベタになるかと思ったのですが、サラサラでした。
なんとなく油感はありますが、真鯛やオオモンハタの脂のほうがベトベトしてました。
良さげなハンドクリームを塗った感じでしょうか。ちょっと拍子抜けします。
体表がおろし金みたいなので、皮も硬いイメージでしたが、意外にも包丁がスルっと入っていき、簡単に三枚おろしに。
皮引きも特に困ることがありませんでした。
ただ、腹のあたりに虫が大量についていたので、結構な量削ぎ落とすことになりましたが、それでも3kg以上残ったので、問題無しです。

3kg以上ある。

バラムツを食してみる

後から聞いた話では、火を通して脂を落として食べると、比較的害が無いみたいですね。
知らなかった私は、薄切りにしたバラムツを背1枚、腹2枚を刺身で食べてみました。
これで、バラムツのワックスエステルを100%身体に取り込んだことになります。
以前も書きましたが、大トロを食べた瞬間に、口の中がさっぱりする感じ。
美味いのかよくわかりませんでしたが、いくらでも食べれそうな感じです。不思議な食べ物でした。

食したその後

バラムツ。

48時間といえば、エディ・マーフィの映画デビュー作ですが、奇遇にもバラムツを食してから48時間後、私の身体に変化がおきます。
会社で椅子に座っている際に、妙な違和感を感じました。
ヤバいと感じ、急いでトイレに向かいます。
いつも無駄に閉じこもっている奴らがいる会社のトイレでしたが、運良く空いてました。
飛び込み、下着を確認すると特に異変はない。
無い、無いぞ。と小林聡美よろしく慌ててみましたが、特に見た目は問題はありませんでした。
便座に座りながら、親心で見積もり甘く0.8ハガケンジを持ち上げてみたところ、物凄い臭いが立ち込めました。
高校の機械実習の臭いがする。
アル中の機械科の先生に、タバコが無くなったから買ってこいと走らされた思い出が蘇ります。
ジョーカーなんてマイナーなタバコが、何処に売ってるのかと、必死に探した覚えがあります。
買わないでバックレると、翌日机の下に置いてある一升瓶で腹を本気で突き抜かれます。
いろいろありましたが、酔っている時は優しくて面倒見の良い、いい先生でした。
私が卒業する頃には、ジョーカーの取り扱いが界隈に無くなったので、ジャストという、さらにマイナーな銘柄に変わっており、買いに行かされる後輩は大変そうでしたが。
閑話休題。
調べるとバラムツを食した方々は、皆口を揃えて「機械油の臭いがする。」と言っているとのこと。
確かにする。マイケンジの横から覗いてみると、ドモホルンリンクルよろしく、垂れそうです。
量はたいしたことはないですが、臭いはキツイです。
まぁオフィスでこの臭いがしたところで、「もしかして、旋盤回して来た?」くらいの会話で終わるでしょうが。
とはいえ、早目にトイレに来てよかった。
バラムツを食したことがある方から

「意識の外側から垂れてきますよ。」

との言葉をもらったのですが、まさにその通りでした。
昔の知人が、「パートナーに肛門拡張していただいてる。」と言っており、聞くに、拡張をすると開いたままになっているのだという。
なので、ダダ漏れするのでオムツが欠かせないと、嬉しそうに喋っていたのを思い出します。
なるほど。これは、ワックスエステルを使った疑似拡張プレイかと、社内ということもあり、背徳感にゾクゾクしてきたところでしたが、流石に仕事に戻らなければいけません。
裂けるのではというくらいに強めたウォシュレットで清めます。2回押すと前後に動いたり、トントントントンとリズミカルに刺激してくるのは思わぬ発見でした。
これのせいで、会社のトイレからみんな出てこないのだな。まるで五反田じゃないか。
鼻息荒く、身支度を整えデスクに戻り、調べたところ、中には1週間後にワックスエステルが出てくる方もいるとか。
たった刺身3切れでオムツが必要に。と驚愕していましたが、その後は特に異変も無く、無事帰宅できました。
オムツはかさばるから、ここは、わたるがぴゅんの吉田よろしく、生理用品をあてがって1週間乗り切ろう。いや、挿入するタイプのほうがいいのではと、悩み試そうとしているところを嫁に見つかり、汚物を見るような目で見られました。
「えっ!?シュワちゃんが妊娠!?」
個人的には、生理用品を欲してるところで、このくらい気の利いたことを言ってほしかったのですが、言葉も発せず、吐シャ物を踏んだような顔をしていました。
そして、理由を喋ったところ、「だから持ち帰るなって言っただろ!!」と激怒しておりました。
この子は家におけません、ということなので、泣く泣くバラムツを小分けして冷凍し、数回にわけて3kgを廃棄しました。
ちなみに、ドリップが結構出る魚らしく、冷蔵庫の中に溶かした蝋をぶち撒けたようになっていたのも怒られました。
缶ビールが生臭くなっていたのが気に食わなかったようです。
漏れてきたのは一度のみで、ほかは目立った異変はありませんでしたが、聞くと個人差あるようですので、もし食す機会がある方は十分ご注意ください。

以上です。

© 2019 磁力式駆動 All Rights Reserved.
Theme by hiero