【注意】SUP、カヤックフィッシングする方へ

定置網内へ入る、係留する、仕掛けを引っ掛けるなどが多くなっており、漁師さんとのトラブルが増加してるようです。

SUP、カヤックを排除しようとする動きもあるため、定置網へは近づかないようお願いします。

カワハギ大漁で嫁が高まった話。

働き方改革がやってくるかもしれません。どうも何某です。こんにちは。

歳を取ると変化に対応するのが遅れてしまいます。釣りだったらすぐ対応できる気がするのですが。

大漁。

カワハギが食べたい

「カワハギ食べたいねぇ。」

自堕落な正月を過ごした呑んだくれの嫁は、ソファに不思議な体勢で横になっている。

『じゃ、明日のカワハギ遠征行ってくるよ。』

元旦にホームサーフで常連の方に、カワハギ釣りに行かないかと誘ってもらった話をしていたのだ。
遠征とはいうものの、そんなに遠いわけではないが、初めて出艇する場所だ。

「全然レベルあげしてないや。せっかくの休みなのになあ。」

その体勢でどうやって呑むのだろうかと見守る中、2本目の缶ビールを開ける嫁。

「はぁー。働かなくていい世の中にならないかなー。」

働かなくて何するのと問うと、「一生寝てる。」との返答。
私はこいつを一生介護しなくてはならないのかと、絶望の中、カワハギの仕掛けを作っていた。

初めての場所で出艇

ほどよい時間かなと家を出る。夜明けまで30分ほどの時間に到着。
すでに誘っていただいた方々は、2時間近く前に来て準備していたらしい。やる気を感じる。
準備を終え出艇する。私が1番最後のようだ。
波も低く特に困ることもなく出艇出来た。
どうやらポイントは近場らしい。これは助かる。

釣りたメソッド

周りがベラとキタマクラに文句を言っている中、魚探をかけポイントを探し回る。
特に目立った根は見つからない。
とりあえず反応があった複数のポイントの潮上にアンカーを落とす。どうやら周りの方々は流しながら釣っているらしい。
以前釣り番組で見た、カゴをつけて釣る仕掛けを投入。カゴにはアミエビが入っている。
最近は常温保存出来るアミエビがあり、とても便利だ。
マルキュー アミ姫キララというのを選択してみたが、匂いも臭くはない。
底からいくらか仕掛けをあげるのがコツらしく、とりあえずその通りやってみる。
空アワセを入れるとカンカンカンと金属的な引き。

カワハギ 1

いきなりの釣果に周りが沸き立つ。
その後も、同じように繰り返す。

カワハギ 2

続けて

カワハギ 3

これは最強の釣り方なのでは。

状況を把握する

コマセをうってるのを聞いた方々が、周りに寄って来た。便乗させて欲しいのだそうだ。
見ていると、カワハギよりもベラ、キタマクラが多いようだ。
試しに底まで落としてみる。
初めての明確なアタリ。アワセてみるとベラが釣れた。
今度は、少し仕掛けを上げて待つ。
明確なアタリ。キタマクラだった。
なるほど。食う暇を与えると外道が食ってしまうのだな。
以前見た海中の動画では、カワハギは落ちてきた餌を、居食いで即座に口に含んで吐き出すのを繰り返していた。
という事は、餌が落ちてくるのをカワハギが把握しており、食わせの間は一瞬で良いということになる。
今日はカワハギのアタリは出ないようなので、空アワセを細かくいれる事にした。

カワハギ 4

完璧だ。
ここのカワハギを釣り尽くしてしまう心配が出てきた。

謎の群れ

お腹がいっぱいになったのか、反応が無くなってきた。
ポイントを変える。今度は根だらけのポイントだ。
どうせ寄せるのでと、適当な場所にアンカーを落とす。
予定通り、2投目。

カワハギ 5

さらに追加。

カワハギ 6

いい調子だと思っていると、何かの群れがカヤックの下を通った反応がある。
どうやらコマセに寄った魚は散ってしまったようだ。
なんだろうと再度寄せる。
しばらくかかり、やっと集まって来たなと思った刹那。フッと仕掛けが軽くなった。
仕掛けが途中からキレイに切れているうえ、ハリスはヨレまくっていた。
魚探には何かの群れが通った反応が残っていた。
何かを把握出来ないまま、仕掛けを新しくする。

追加するも

仕掛けを交換している間に、周りの方々は大きなカワハギを何枚も釣っていた。
私は数は出てるが、そこまで大きくはない。
再度コマセで寄せ何枚か追加する。
その後、反応が無くなったので移動することにした。
がしかし、アンカーが外れない。しっかりと根掛かりしているようだ。
しょうがないと強く引くと、根掛かり対策の結束バンドが切れ無事回収。
良かったと胸を撫で下ろすも、これでは続投出来ない。釣果も満足していたため、納竿とした。

嫁高まる

「うぉおおおお!すげー!」

眼前に突き出した大量のカワハギを見た嫁は、鼻息荒く、いつもより猫背になって凝視していた。

「肝醤油できる?カワハギ美味いよねえ。」

パタパタと手を動かし、不思議な踊りを舞う嫁。

『肝醤油だけではないのだよ。肝と味噌を焦がして鍋にしちゃうのだよ。』

アラで出汁をとる横で、肝と味噌をあえてバーナーで焦げ目をつける。
それを見てた嫁が「やるじゃないか。」と満足げに呟く。
カワハギと冷蔵庫の余り野菜を適当に入れ鍋が出来た。
肝醤油と鍋の濃厚な味に「日本酒が呑めないのが残念よー。」と身悶える嫁。
『あるから呑んで良いよ。』と言うと、「あー、日本酒呑むと、1日が台無しになるんでー。」と、カワハギを骨まで丁寧に吸っている。
ひさぶりに釣ったかいがあったなと、その姿を見て私の胸もポクポクしてきたのであった。

タイドグラフ

タイドグラフ。

© 2020 磁力式駆動 All Rights Reserved.
Theme by hiero