【注意】SUP、カヤックフィッシングする方へ

安全のためフラッグは必ず掲げるようにしましょう。(2m推奨)

定置網内へ入る、係留する、仕掛けを引っ掛けるなどが多くなっており、漁師さんとのトラブルが増加してるようです。

SUP、カヤックを排除しようとする動きもあるため、定置網へは近づかないようお願いします。

仕事前SUPフィッシングで肝を冷やした話。

急に暑くなりましたね。シイラ日和。どうも何某です。こんにちは。

日の出前出艇したり、定置網に近寄ったり入っちゃったりするSUP、カヤックがいるみたいですね。
どこかが、SUP、カヤックが航行禁止になったという話は聞いてましたが、出艇自体も禁止にした場所もあるようです。
どんどん出せる場所が無くなってきてて、足漕ぎカヤックを買うのを躊躇してしまっています。
遊んでいいかを判断するのは、遊んでいる我々ではないので、他の方に迷惑をかけないようにお互い注意していきましょう。

ひさぶり。

一段落で出艇

仕事が一段落したので若干ではあるが余裕ができた。
昼寝を軽くキメれば、一日持つだろう。
SUPを背負って海まで歩く。自転車を引っ張り出したほうがよかっただろうか。
浜につきSUPを膨らます。どうやら私の他には人はいないようだ。
海沿いの駐車場が閉鎖されている。
外出自粛が始まった頃は路上駐車する車が多かったらしいが、近所の方たちが片っ端から通報したらしいので来なくなったのだろうか。
なんにせよ、地元の特権か。ゆっくり準備が出来る。

夏っぽい魚

出艇してすぐタイラバを落とす。何回か巻いてくると、中層でグっと抑え込むアタリがあった。
構わず巻き始めると、走り始める。ワカシだろうな。

とりあえず。

さてどうするか。ワカシは美味しくないので、いつもならリリースしているところだが。
そういえば、カレー粉をつけてフライにすると美味いらしい。脂も無い魚をどうにかして食べようという工夫だった気がする。
試しにそのレシピを試してみようと血抜きをした。

巨大シイラと

1時間ほどタイラバを巻くが何も釣れない。
さてどうしたものか。今日はタイラバしか持ってきていない。
何気なくライフジャケットのポケットを触ると何かがある。プラケースの中には、いつ入れたのかわからない ボーズレス トウキチロウ グリーンゴールド 80g が入っていた。運がいい。
タイラバからジグに交換していると、潮目に魚が漂っているのが目についた。
静かに近づく。
間違いない。シイラだ。2m近くはありそうな気がする。
このタックルでは狙えないだろうなと思っていると、同じ潮目の少し離れた場所で泳いでいる魚が何匹かいる。
あれもシイラだろうか。
目を凝らすと、1mは超えているだろう、間違いなくサメの背と尾ビレが見える。
数えると4匹。グルグルと同じところを回っている。
いけない。SUPの流れる先にサメの群れだ。
パドルをゆっくり手に取り、音を出来るだけ立てないように移動した。

最近釣れまくってるとの魚

ボーズレス トウキチロウ グリーンゴールド 80g をタダ巻きしていると、ガツンとアタリがあった。
手応えはサバだろう。

夏のマサバ。

マサバは夏は味が落ちるというが、なかなかギラギラした魚体で美味しそうではある。
血抜きをして再度ジグを落とすと、中層でジグが落ちなくなった。またしても手応えはマサバ。

まさば。

身に張りがあり美味しそうだ。
血抜きの間に流されたので移動し、ジグを落とすと何かが触った気がする。直後に引ったくるようなアタリ。結構引くがサバではなさそうだ。
水面まで持ってくると、40cmはあるだろうか。大きなアジがあがってきた。
取り込みに手間取ってるうちに、口が切れたのかバラシてしまった。
急いで次も投入すると、すぐさまアタリ。
がしかし、これも取り込みに失敗してしまう。
釣り勘が確実に衰えている。

近づく恐怖

聞いた話では、最近この辺りで釣れるアジが、脂が凄く絶品だという。
どうしても食べたい。
現在位置を確認し、急いでジグを落とそうとすると、嫌なものが目に入った。
数百メートル離れた位置にいたサメが近くまで来ている。
しまった。さきほど血抜きしたサバのせいだろうか。
ストリンガーを使っていないので襲われることはないだろうが、気まぐれで甘噛みでもしてくるかもしれない。
静かにパドルを取り、ゆっくりと岸にもどり納竿とした。

タイドグラフ

タイドグラフ。

© 2020 磁力式駆動 All Rights Reserved.
Theme by hiero