【注意】SUP、カヤックフィッシングする方へ

安全のためフラッグは必ず掲げるようにしましょう。(2m推奨)

定置網内へ入る、係留する、仕掛けを引っ掛けるなどが多くなっており、漁師さんとのトラブルが増加してるようです。

SUP、カヤックを排除しようとする動きもあるため、定置網へは近づかないようお願いします。

お酉様に力を授けてもらった話。

台風逸れましたね。どうも何某です。こんにちは。

週末の予報はまだ悪いですが、最近は天気予報がアテにならないので、いつでも出れる準備はしておきます。

こんにちは。

アカムツが食べたい

「ちょっと聞いてよ。このアカムツが4,500円だって。ボッタクリじゃない?」

居酒屋をめぐる番組を見ながら、酒場詩人なるものが頼んだ小さいアカムツの塩焼きの値段に驚く嫁。
EAST ENDよろしく。流すように返事をする私。
今年はほとんど中深海をしてない。
コロナの影響もあるのだが、魚探の調子が悪く、電源が入らなかったり、振動子を認識しなかったりしているせいだ。

「やっぱり塩焼きが好きだねぇ。わかってるね。塩焼き美味しいものね。」

たしかに塩焼きは美味しい。
がしかし、個人的には、冷めた時の味の落差にガッカリしてしまうので、2、3口で食べれる大きさだけ焼くのが好きである。串焼きにするのもいい。
なんてことを言ってみると、「よいじゃないか。明日はどうだい。釣れるかい。」などと。
予報は良くなったり悪くなったりを繰り返しているため、直前までわからないが、『行ったら釣れるだろうね。』と見得を切る。

「そう簡単に断言するのは良くないよ。悪いクセだよ。」

『為せば成る、為さねば成らぬなんとかかんとかと言うのだよ。わかるかい。』

「どういう意味だい。」

有言実行シスターズ シュシュトリアンの言葉だね。』

「あぁ、もういいです。」

ベタ凪だが潮が速い

やっぱりホビーのほうが離岸しやすいなと感じる。SUPのように喫水が無いからだろうか。
魚探をセットする。やはり、振動子は認識しないが、海図は出るので問題ない。ポイントに向かう。
荒れるかと思っていたが、ほとんど風は無い。
ディープライナー スピンドル ブルーヌードスポット 270gを落としてみると、真っ直ぐ落ちて行った。潮も緩いのだろうか。
全く流されないので、一旦回収しReals P.J.Ride ブラックハーフグローフルシルバー 180gに変える。
100mほど落としたあたりからラインがだいぶ横に流される。カヤックがほとんど流されてないうえ、最初真下に落ちたところを見ると、中層に速い潮があるようだ。
フリーフォールでは難しいか。一旦糸ふけを取り、サミングしながら落としていく。とはいえ、それでも結構流されてしまうので、ある程度落としたら糸ふけを取りの繰り返しだ。
真下に着底。
曽根というのだろうか。20mほど盛り上がった地点。ちょうど潮が曽根に当たる位置を流れている。狙い通りだ。このままいけば何かしらは結果が出るだろう。

放置プレイ

1/6で小さく4回動かし、10秒ほど放置する。
ちょうど根に差し掛かった時、30秒ほど放置してみるつもりでいた。
カウントアップで20秒を越えたあたりで、ゴゴンッっといい手応えが伝わってくる。
ゆっくり巻き上げると、定期的に暴れる。力強い。
放置して食ってくるのはアカムツの可能性が高い。はずだ。
ゆっくりゆっくり。
残り40m。叩く。叩く。
間違いない。確定だ。

32cm 490g

アカムツを丁寧に取り込み、脳締め、血抜き、神経締めをする。
いつも思うが、手触りがいやらしい。いつまでも触っていたい気にさせる。
口の中を見ると、ツガイのタイノエがいた。軽く挨拶をして海に返す。
しかし、2投目で釣るとは。
今日は予報が悪かったからか、沖には私一人しかいない。一人一匹でいけるかもしれない。

突然の突風

再びサミングしながら同じポイントへ落とす。時間がかかるがしょうがない。
轟音とともに、空気の壁がぶつかってきた。何事か。
その後、少し風が吹いてきた。となると、先程のは突風が吹いたのだな。
後方からガシャガシャ聞こえる。振り向くと自作のフラッグのマウントが折れていた。
ジグ回収中に風はおさまったが、フラッグが折れたとあっては続けることが出来ない。
2回しか落としていないが、成果は出た。今日は帰ろう。

サプライズ晩ごはん

「夕飯はなんだい?魚かい。いっぱいあるものね。何を作ってくれるんだい。」

私が料理してやろうとか無いのだろうか。
ビールを開けようとするのを制止する。

「ユメカサゴって脂が凄いんだねぇ。ノドグロって言うだけあるねぇ。」

バーナーで炙っているのを見ながら、恥知らずな嫁が口を開く。ローストチキンにしてやろうか。
どうやら、今日は帰りが早かったので釣りに行ってないと思っていたらしく、先日釣ったユメカサゴを調理しているのだと思っているらしい。

「凄い良い香りだねぇ。シロムツ焼いてるのかい。楽しみだねえ。」

出来上がるタイミングを見計らって、嫁は冷蔵庫からビールを出し、カウンターに座った。
半身を刺し身、半身を塩焼きでカウンターに置く。

「これは4,500円以上しても許すやつだよ!吉田類もウチに来たほうがいいね。焼酎もいっぱいあるしさ。」

ポクポクしながら飲み食いする嫁を見ながら、もう少し太らせるのも悪くないなと思った。

タックル

スロージギング

キャスティング

タイドグラフ

タイドグラフ。

© 2020 磁力式駆動 All Rights Reserved.
Theme by hiero