【注意】SUP、カヤックフィッシングする方へ

安全のためフラッグは必ず掲げるようにしましょう。(2m推奨)

定置網内へ入る、係留する、仕掛けを引っ掛けるなどが多くなっており、漁師さんとのトラブルが増加してるようです。

SUP、カヤックを排除しようとする動きもあるため、定置網へは近づかないようお願いします。

なぜか最近タトゥーよく見るけどの話。

暑くなったり寒くなったり。どうも何某です。こんにちは。

なぜか最近t.A.T.uのニュースをよく見ますね。
何かあったんでしょうか。
嫁もその影響受けてる気がします。

穏やかな朝。

ドタキャンは戦略の失敗

「オバサンだねーオバサンだねー。」

ごきげんな鼻歌が聞こえてくる。

「オバサンだねーオバサンだねー。」

『なんの歌?』

「え?タトゥーだけど?」

『え?何が?』

おもむろにiPadで検索しはじめる嫁。

『あぁ、t.A.T.uね。』

「ずっと頭の中でループしてるのよ。困っちゃう。」

何かストレスでも抱えてるのだろうか。

今日は青物狙い

先週の釣りで腰をやってしまったっぽい。
1週間経っても痛みが引かないので、寝起きでロキソニンをキメてきた。
そのうち痛みも和らぐだろう。
緊急事態宣言解除以降、この浜には遠方の県外ナンバーが押し寄せており、運悪く初見殺しの波が続いたため、多くのカヤックがひっくり返されていた。
彼らは2度と来ないだろうなと思いながら、珍しく波の無い浜を余裕で離岸する。
30分ほどメジャークラフト ファーストジグ ブルーピンク 120gをシャクるが反応はない。
おそらく周囲の方々も釣れてないように見える。
それならばよし、と30分程の大移動を決めた。

リベンジ達成

この夏通い続けたが私だけ釣れなかったポイントを流す。
水深30m。今日こそ必ず。
テンポ良く早めのワンピッチでメジャークラフト ファーストジグ ブルーピンク 120gをシャクる。
スッスッスッドンッっと中層で竿先が戻って来なくなった。
一旦様子をみて二巻きほどすると、さらに海中深くまで竿先を曲げジーっと心地よいドラグ音を鳴らして走り始めた。
体感で2kgに設定したドラグをものともせず走る。これはワラサ確定だなと、鼻息を荒くしながら2度ほど追い合せを入れる。
寄せては強烈に走られるのを繰り返しながら、なんとか浮かした場所はカヤックから5mほど沖。
ラインを回収してタモを手に取った刹那。右舷にいたワラサは左舷へ向けて一気に潜り始めた。
ロッドがカヤックを支点にくの字に曲がりかける。
あわや折れるか、私がバランスを崩してカヤックから落水か、というところ。
慌てて右足を海中に入れ、フットリガーでバランスを取る。ロッドは諦めた。落水するよりマシだ。
がしかし、くの字に曲がったロッドを折るよりも先にワラサの体力のほうが尽き、回りながら再度浮かんできた。

ワラサ 66cm 2.6kg

パンパンに太ったワラサだ。
やっと釣ることご出来たと、乳酸の溜まった腕でガッツポーズをした。

まさかの連チャン

血抜きをしてクーラーにワラサを押し込む。
もう満足だ。帰ろうかな。
などと思いながら魚探を見ると、30mラインを上手いこと流れているようだったので、とりあえずジグを落としてみた。
先程の強烈なやりとりと、魚体の重さのせいか、シャクリが異様に軽く感じる。
底から10mほどまでハイピッチでシャクっていると、水面が慌ただしくなった。
何かベイトが追われているらしい。イワシだろうか。
飛ばしてフォールを入れるか一瞬迷ったが、どうせすぐ落とし直すだろうと、そのままワンピッチを続けると、クンッと小さなアタリ。
サバかな、などと思いながら寄せると、残り5mで一気に走り始めた。
安いリールといえども、スピニングのドラグはやっぱり安定してるなと思いながら寄せてくる。
手応えはワラサだが、先程のよりは小さいか。

ワラサ 64cm 2.3kg

連続でワラサ二匹とは。
クーラーにもう魚を入れる場所がない。今日は大満足だ。

イナダ爆釣

もう帰ろうと思って漕ぎ始めたが、水深30mに差し掛かった時に、『まだだいぶ時間あるしな。。。』という思いがよぎる。
ジグをシャクリながら流されていると、釣り船が近くまでやってきた。
おそらくコマセのイナダ五目だろう。ミヨシにはジギングが2人ほど。
影響無さそうな距離だったため続けていると、ハイピッチにイナダが食いついてきた。
画像だけ撮ってすぐリリース。

いなだ。

魚探に反応が出ているので、すぐさまジグを落としてハイピッチで誘うとまたしてもイナダが食いついた。
イナダクラスではやり取りすることもないので、ゴリ巻きで回収しカヤックにあげることもなく、海中で即リリース。
計4匹をリリースしたところで、船から「逃がすならこっちにくれよー。」との声。
大人として愛想笑いをキメた直後、釣り船のコマセの方々が釣れ始めた。
そうなると、ジギングは分が悪いようだ。アタリが全く無くなってしまった。
追加のイナダで大満足したので、納竿とする事にした。
浜に戻りながら、餌の船でやってるジギングの彼らは、果たして釣れるのだろうかと疑問に思った。

本当は日本が大好きだとか

「オバサンだねーオバサンだねー。」

ワラサを処理してる横で、出かける予定にごきげんな嫁改め、1人t.A.T.uが身支度を整えている。

『それさ、オバサンだねって歌ってんの?』

「え、違うけど。」

『え?』

「おかしなこと言う人だねぇ。」と言いながら化粧をし始めた。
では何と歌っているのだと問うと、嫁は鼻を膨らませながら小さな声でさえずった。

「オバサンだね。オバサンだね。」

正気かこいつ。木の実ナナ主演の舞台「イカれた主婦」よろしくにイカれてんな。
何が違うのかと怪訝な顔で見ていると、「こういうのは雰囲気なのさ!」と怒りながら何処かへ行ってしまった。
何なんだ一体。と思いながらも気がつくと私も、『オバサンだねー。オバサンだねー。』と口ずさんでいるのであった。

タックル

タイドグラフ

タイドグラフ。

© 2021 磁力式駆動 All Rights Reserved.
Theme by hiero