釣ったサバを焼いて贅沢した話。

ついに踏ん切りがつきました。どうも何某です。

半年悩んでやっと買います。答えは二ヶ月後。

穏やかに見えるけど。

風とうねりがあるらしい

天気予報によると、風3.4m/s波高0.9mとのことで、これは厳しいか。とりあえず準備をし、早朝3時過ぎにホームサーフへ。
台風が発生してるとの話もあり人はほとんどいない。とはいえSUPを準備してる方も数人いる。準備をしつつもその方たちが沖に出る様子を確認。
うねりは多少あるようだが、風はほとんど無く早あがりなら大丈夫そうな感じに見える。
いつものように魚探などの濡れて困るものをドライバッグ入れ、さらにクーラーボックスに入れて出艇。ちょっとうねりがあるが問題無い。

ジグサビキでサバ入れ食い

今日はタチウオ狙いながらアジ、サバを確実に持ち帰るスタイルで行きたい。
魚探に反応が出たので、ジグサビキにアンチョビメタル タイプ3 100gをセットして投下。
反応が出たあたりで上下に煽ると、ひったくるようなアタリ。走る走る。サバだなとあげてくると、なかなか美味しそうなサバ。タモ網でしっかり受け止める。
ブルブルと震えるサバのエラに指を突っ込み大人しくさせる。反応はまだまだ出てるので、急いでクーラーボックスに入れようとすると、まだ潮氷とは言えない状態。もう少し冷えないと締めれなそうと判断したので、バケツに海水を入れサバ折りでここは回す。

さば。

もう一度投入するとまたサバが即座にかかる。塩サバにして冷凍しておけばしばらく酒の肴に困らないな。ヘシコもいいななど思っていると、取り込み時にバラしてしまった。
やってしまったと思ったが、まだまだ反応は出ている。がしかし、ここから入れ食い、そして取り込み時のバラシが4匹ほど続く。
反応がなくなったため、なんで取り込み出来ないんだろうと反省をしてみることにした。

微妙なタモと魚の距離

少し考えれば簡単な話で、ジグサビキのサビキ部分の長さを適当にしていたため、ロッドより長くなってしまっていたのだ。なのでタモを延ばしてギリギリ入る形になってしまい、取り込みに苦労していたというわけである。
魚探を導入してから手返しにこだわるあまり、取り込みが適当になっていて気づかなかったと反省。30cmほどカットし結び直した。

船酔いそしてアンチョビメタル殉職

なんだかおかしいなと思っていた。気づいてしまったらもっと酷くなるのではと。
サビキを結び直してる時に、軽く船酔いしたのではと。
とりあえず富士山を見て気を紛らわせる。相模湾から眺める富士山は最高だ。
深呼吸をして烏龍茶を飲み整えていると、魚探に大きな反応が出た。
さっきと似たような感じだからサバかなと思いながら落とす。
タナに来て一度シャクリを入れると、ひったくるようにサバが食った。よしよしと思うと一際大きなヒキが入る。なんだこれは、もしかしてサバを何かが食ったのだろうか。
あのサイズを食うくらいだから凄いぞ。と興奮しながら2、3度追いアワセする。グググっと下に引き込む。リールが巻けない。凄い重い。
しかし、すぐさま異変に気づいて辺りを見回す。そうか、これは定置網のロープだ。やってしまった。船酔いの対応しているうちに潮の流れが変わってしまっていたのだ。
反応見るとサバはもうバレていたのだろう。暴れまくってガッチリとロープに食い込んでしまったらしく仕掛けが外れない。
申し訳ないと思いながら極力根本から切るようにした。

船酔いそしてTOKICHIRO殉職

しまった、リーダーを忘れた。しょうがないのでタイラバのシステムに使っているリーダーを外し結ぶ。ノットも何もないがとりあえず結ぶ。
トウキチロウ 80gを投入。タングステンで小さめのシルエットが釣れそうだ。ただ高い。高い。
100mほどのところを下からシャクり続けていると、90mくらいでひったくるようなアタリ。サバではなさそうだ。もっと強烈に走る。ワラサが入ってきてるという話もあったので青物だろうか。なかなかいいヒキである。
あと20mとなったところでフッと軽くなった。あぁバレた。姿見たかったなと巻いてくるとPEラインがたるんでいる。もしやと巻き取る速度を速める。

『とうきちろぅううううううううううううう!!!』

思わず声に出る。リーダーの上あたりから切れている。当然その先のトウキチロウはいない。
¥2,600程度したはずだ。タングステンは高級品なのだ。なんてことだ。このPEはトラブルが多い気がする。すぐ切れるわ、色もすぐ抜けるわ。二度と使うものか。返してくれトウキチロウ。俺のトウキチロウ。
欲しい色があっても高いので我慢してしまう。そんなトウキチロウ。
しょうがないので、いつ買ったのかわからない謎のジグをPE直結で結ぶ。
たぶんティムコ オーシャンドミネーターだとは思うのだが。
あ、無理。と突然思った。止める暇なく嘔吐した。
酸味をおびた麦茶が漂う。

追加の一匹で退散

体感では風が強くなってる気はしない。潮もほぼ止まってる。そんな状態でもうねりは来る。一方向だけではなくなったので、余計うねりが読めず気分が悪くなった。
最悪すぐ戻れるように岸際に移動しようと思いパドルを漕ぐ。濃い魚影が出る。ジグ落とすとサバが釣れた。よしもういいだろう。戻ろう。
暴れるサバを潮氷が入ったクーラーボックスに入れると、あっという間に大人しくなった。こんなに手軽に締めれるのか。サバ折りして血だらけになるより相当いい。
うねりがあるので、岸際はいつもより波に力がありそうだ。ギリギリな感じで調整し無事着岸。岸にあがっても揺れてる感じがする。

サバを焼いて朝食

帰宅し一式を洗い、寝ている嫁にサバを食べるか聞いてみる。するとまだ9時なので寝るという返答。休日の午前中に起きるという選択肢は無いらしい。
しょうがないので、クーラー袋に釣ったばかりのサバの半身とビールを冷蔵庫にあるだけをつめて海に戻った。こういう時、海が目の前だと楽である。
海を目の前に炉ばた大将をセットし、釣ったばかりの鯖を肴にあさから酒を呑む。最高の贅沢。

大将と焼けた鯖。

鼻歌交じりで家に帰ると、冷蔵庫のビールが無いと怒られたが、こちらにはとっておきがあるのだ。
ドヤ顔で、さっき釣った鯖を刺身とシメ鯖にしてあるから、ぜひ食べてごらんよ。新鮮だから。と伝える。
すると、それなら余計にビールでしょうが。とさらなる怒りを買ってしまった。
女心は難しい。

くさやの夢を見たと言われた話。

猛暑ですよ猛暑。どうも何某です。

使いたいワードを無理やりねじ込むスタイルで書いてます。

いつもの渓。

毎年恒例の帰省を兼ねた釣り

今年もこの時期がやってきた。梅雨があけるかあけないかで実家へ帰省する。
嫁は

「今年もこの時期がやってきたね。お土産持っていかないとね。」

実家は神奈川の海沿いからでは相当遠く、高速を使っても7、8時間はかかる。長時間も運転するのかなどとゲンナリしている私の気など知らず、嫁はお土産のことばかり言っている。
面倒だ面倒だと言いながらも私が毎年帰るのは、通い慣れた渓があるから。遡ればフライフィシングを始めた時期からなので20年以上通っていることになる。とはいえ、毎日のように通っていたのは上京するまでで、上京後は年に1、2回振る程度。素人同然の腕前。しかしそれでも釣れるのが田舎のいいところで、今年も帰ろうかという気になってしまう。

フライがない

さぁ行こうかと準備を終え、何気なくフライボックスを開けてみた。たしか、としまえんでフライフィッシングをしてみた話。の時に巻いたのが残っていたはずだな。でも何残ってたかな。トラウトガムは渓流じゃ使えないだろうな。
見て驚愕した。フライが全くないのである。や、厳密に言えばシルバーマーチブラウンとビーズアントが1つづつ。果たしてこれはいつ巻いたやつだろう。ウェットは20年近く巻いてないはずだが。
急いで嫁に、舘ひろしよろしく、フライがない!と伝えたのだが、自分でなんとかしなさいと言われる。
そんなこと言わずハンコ押してくれよ。
しょうがないので、実家で巻こうと素材とタイイングツールをバッグに詰め実家に向かった。

カディス#12のみで勝負

ほろ酔いの親父を嫁に任せフライをせっせと巻く。5本も巻けば騙し騙しいけるだろう。どうせいつも通りエルクヘアカディスで釣れるのだ。水面に落とせさえ出来れば釣れるのが田舎のいいところ。
マムシやヤマカカシ、スズメバチやらイノシシやら熊などに殺られなければボウズなど無い。先に釣るか殺られるか。
本当のサバイバルが今幕を開けるのだ。

フェルトもない

夜が明けたので遊漁券を買い渓に入った。20年前はもっと下流のヒカリと尺ヤマメがよく入れ食いになる所から釣り上がっていたのだが、入渓ポイントがマムシの巣になっており、流石に今そこを通る体力も気力もない。
ウェーダーを履き歩いていると、何やら足裏に違和感がある。見てみるとフェルトがない。

フェルトがない。

そういえば冬に張り替えようと剥がしたままだった。ハンコ押してくれよの次元ではない。こんな山奥ではフェルトなんて売ってないのだ。なんてことだ。優しいなんてウソだぜ。
しょうがないので、ユージよろしく、そのまま岩木を飛び越えながら進んで行く。時のゆくまま。

滑るなか待望の一匹

苔がある石に足を乗せるとツルッと滑ってしまう。フェルトの偉大さを知る。
どうにもこうにも釣りにならない。移動が怖いのだ。
しょうが無いので攻めない釣りをするが、キャスティングのスキルが無いので狙ったところまで届かない。いつもなら釣れてるはずなのにと思いながら釣り上がっていく。
流れがある所など滑ると命取りなので戻っては迂回戻っては迂回。大幅に時間が削られていく。
幅1メートルほどの流れ箇所に差し掛かる。ウェーディングしなくても河原があるので余裕で狙える。ここだと丁寧にフライを落としていく。
パシャっと水面が割れた。思わず『よしっ』と声が出る。綺麗なパーマーク。可愛いサイズのヤマメだ。
とりあえずの一匹にホッとする。

やまめ。

見えない敵との戦い

何かの骨が落ちている。

骨。

それを見つけた瞬間、自分が自然の中にいることを思い出した。ここはクマが出てもおかしくない山の中なのだ。強奪した大型バイクに跨がりショットガンでも撃てれば勝ち目もあるのだろうが、残念なことに狩猟どころか大型バイクの免許を私は持っていない。
そう、免許がないのである。
熊鈴は忘れた。ラジオも持っていないのでRadikoを再生してみるも電波がよろしくなくすぐ止まる。
急に怖くなりユージとタカのものまねを声を張りながら繰り返す。クマは基本臆病なので人には近づかない。
滑るうえ、クマにも気を使うとなると釣りにならない。ましてや、どんどん暑くなっていく。現在位置で気温を調べると、山奥だといいうのに30℃あるらしい。まだ10時にもなっていない。
20年前に買ったウェーダーの中はビシャビシャに濡れている。流石に買い替えないとなと思いながら獣道を抜け車まで歩いていると、首筋が痛い。手首も痛い。
なんだろうと見るとアブである。車を見ると、あろうことかびっしりとアブが覆っている。
そいつを横山弁護士よろしく、手で払いのけ押しのけするも、全く効果がない。
しょうがないので、ウェーダーのまま車に一気に竿を持って乗り込みドアを閉め走り出した。もちろん盛大にアブが入ってくるので、移動してから窓を全開にし追い出す。
いつもこんなにアブがいただろうか。やはり早めの夏が影響してるのだろうか。

なんだか疲れたので移動はやめて納竿とし、帰宅した。
嫁の姿が見えないなと探すと、もう昼だというのにまだ寝ていた。
よく人の実家で昼まで寝れるな。実はこいつが一番の敵なんじゃないか。などと思いながら、ウェーダー内で発酵した汗びっしょりのTシャツを枕元にそっと置いて寝室を後にした。

初心者が波が高い砂浜でSUPフィッシングする時の注意的な話。

今年の目標はSUPからフライで青物釣ることです。どうも何某です。

ホームサーフでSUPの離着岸時の事故を結構みかけるので、なんか書いてみます。
湘南、西湘でSUPフィッシングする方はタメになったり、ならなかったりするかもです。

結構危険なSUP

最近安いSUPが結構出回ってるみたいなので、気軽に始める方が多いようです。私のホームサーフでも結構初心者の方々が来ます。
だいたい二度とやるかって顔で帰って行きますが。
大磯の漁港より西はハッキリ言って初心者には厳しいです。SUPのスクールがあるような穏やかな場所で離着岸と再乗艇をしっかり練習しないと簡単に死ねます。
SUP、カヤック、ボートでも離着岸の事故が一番多いと聞きます。実際私も最初は死ぬんじゃないかと思うような目に結構あってます。

マジでショアブレイクのダンパー

大磯漁港より西は、海水浴場ではないです。理由は浜から急に10mとかのドン深になるからです。で、どうやらそういう環境だと波が岸際で崩れるらしいですね。サーフィンとかやらないので知りませんでしたが、ショアブレイクとか言うみたいです。

ここまですごくは無いですが、人を叩きつけて引きずり込むくらいは余裕の波が立ちます。
行き場をなくなったうねりが、最後の最後に全パワーを海底に向かって叩きつけるとのこと。ギリギリに立ってみるとわかるのですが、腰高のショアブレイクを正面から食らうと後ろに吹っ飛ばされそうになります。
おそらく全盛期のジャンボ鶴田のジャンピングニーくらいの威力です。「オー!!」の声を聞きながら倒れ込むと、今度は硬い砂浜に向かってバックドロップです。そして海底に引きずられて10カウントとなります。
参考までにどのくらいの強さかというとこのくらいです。

川田 「マジで殺されるかと思ったよ。鶴田さん怒らせちゃいけないね。」(CV: ジャストミート福澤)

どーですか。恐ろしさは伝わりましたでしょうか。

離着岸、再乗艇の練習の必要性

SUPフィッシングするだけならスクール通う必要もないとは思いますが、年間のほとんどショアブレイクのような場所でやるなら練習してからではないと、タックルまるごと失います。
沖に出る前に竿折るとか当たり前。下手すれば折れた竿が身体に刺さるとかもあるかもしれませんね。なので練習です。
再乗艇は場所問わず最初にやっておきましょう。座ってれば落ちるほうが難しいですが、落ちることももちろんあります。
ここで問題なるのがSUPだけじゃなくクーラーボックスやらカゴやらつけてる状態で果たして再乗艇出来ますかね?ってことですね。
海水浴場などの足が着く場所で、竿などを持っていかないで、カゴやクーラーボックスを固定した状態でひっくり返して乗る練習はしたほうがいいです。乗れなかったら終わりですので。

素人なりのショアブレイクで離岸のコツ

SUPの作法として正しいのかはわかりませんが、個人的な出艇のコツとしては

  1. 焦らずセットを確認し、大きい波の時は出ない
  2. ショアブレイクの手前までSUPを持っていき波にのまれないよう先端を持ち上げ気味で待機する
    • 距離感間違うとドン深に足を取られて、沈した状態と変わらなくなってしまうので注意です。
  3. 波が崩れた直後にSUPを勢いよく押し出しながら乗り込んですぐ膝立ちパドリングする
    • ただ乗り込んでしまうと漕ぎ出しの速度が出ないため、次の波で押し戻されてしまうことが多いので注意です。
  4. 次のうねりにSUPの先端を向けながら安全な沖まで必死に漕ぎ続ける
    • 安全な沖まで出ないうちに仕掛けを準備などしていると、いつの間にかうねりで岸まで戻されてしまい沈することがあるので注意です。

前提としてはルアーや仕掛けなどは必ず外しておくということです。沈した時に自分に刺さる可能性があるので。
あと、カゴやクーラーボックスを前につけていると、波かぶった時に抵抗で横向いてしまって、次の波で沈することがあるので注意しましょう。

素人なりのショアブレイクで着岸のコツ

上手い人はスッと着岸するんですが、どうやってるのかよくわからないので自分なりのコツですが、2つやり方があります。
とりあえず一般的な感じはこんな感じでしょうか。
前提は変わらずルアーや仕掛けなどは必ず外しておきます。

  1. 焦らずセットを確認し、大きい波の時はやめる
  2. 小さいうねりの合間にパドリングして着岸する
  3. 引き波と波に挟まれる前に降りてSUPの後ろを持ち上げて波が上から来るのを回避する

これが出来なかった時のやり方はこれでした

  1. 波に向かって真っ直ぐなるようにSUPを調整する
  2. パドリングとうねりで少しづつ岸に寄ってくる
  3. 波が来たら後ろ荷重でバランスを取りつつ、パドルで波に真っ直ぐなるように調整する
  4. 足が着くくらいまで来たらすぐ降りてSUPの後ろを持ち上げて波が上から来るのを回避する

どちらも波が下から突き上げてくることがあります。この時に前から落ちて刺さる感じになったら沈確定です。たぶんサーフィンで言うパーリングってやつだと思います。 運良く逃れても横向きになったら次の波でやられます。
後ろ荷重で波に真っ直ぐしていれば、釣りが出来るようなショアブレイクならそうそう沈することはないです。前方にクーラーボックスとかで重くしてるとパーリングなりやすいので注意しましょう。
かといって後方にクーラーボックスとかつけてると、波かぶった時に抵抗で横向いて沈なのでこれも注意です。真っ直ぐに保つ技術がいります。
一番難しいのがショアブレイク越えた後、ゆっくりしてられないってことですね。
のんびりしていると引き波で戻されて、後ろからきたショアブレイクに突き上げられたり、叩きつけられたりで終了です。
さらには、無人のSUPとパドル、タックルが人ではなんとも出来ないパワーであなたを襲います。
降りるタイミングを見計らって、降りたらすぐSUPを引き上げるか持ち上げて一旦回避しつつ波の力利用して岸に引っ張ってくかなどしないといけないですね。
結構、無事着岸したのに「緊張したー」とか「危なかったー」とか言いながらのんびりしてて、結局SUPひっくり返される人見かけます。

よほどの理由が無ければ安全な場所でやったほうがいい

近所でSUPスクールやレンタルしたいなんて頑張っていた人もいたようですが、これだけ危ないので諦めたんでしょうね。
相模湾は朝は穏やかでも、昼近くから風強くなったりすることも多いし。
そんな場所なので、湘南、西湘の特に大磯漁港から西でやる方は十分練習してからSUPフィッシング楽しんでください。

以上です。

© 2018 磁力式駆動 All Rights Reserved.
Theme by hiero