バルーンカートで砂浜の移動が楽になった話。

三連休は風強かったですが、結構SUPやらカヤックで釣りしてる人多かったんですね。何某です。

いつでも釣りできるように、風裏になる場所探す旅に出ます。

保管時の注意!! (2018/10/16 追記)

ノーパンクカートと同じように、バルーンタイヤにカヤックを乗せたまま1週間ほど放置していたところ、タイヤが変形してしまいました。
砂浜で使用する分には問題ないですが、舗装路で使用するとリズミカルにカヤックが跳ねました。
バルーンタイヤ保管時は空気を抜いて、涼しい場所に圧をかけないで保管したほうがいいです。
気をつけましょう。

砂浜でカヤックが重い問題

カヤックカート、ドーリーのどっちが正しい言い方なのかわかりませんが、数十kgあるシットオンカヤックを運ぶ台車があります。これがないと持ち上げて運ばないといけないので大変です。
これまでは、SUPで使っていたカヤックカートで車から波打ち際までカヤックを運んでいました。
そのカートがこちら。

安価ですが軽くて、しっかり荷物を全て詰んで運ぶという仕事をしてくれました。
で、カヤックを購入したわけですが、このタイヤだと砂浜が非常に重い。
というのも、砂にめり込んでしまって進みづらいという理屈らしいんですね。
汗だくになりながら振り返ると、しっかり深い溝が砂浜に残ってます。
はっきり言って運ぶのが嫌になります。

バルーンタイヤなら軽いらしい

調べてみるとタイヤが沈みづらいバルーンタイヤという仕様のカートがあるらしい。他にもいろいろ幅広で砂浜が楽になるタイヤがあるっぽいですが、砂浜ではバルーンタイヤに勝るものはないとのこと。
ただ、高いんですね。ざっと見たところ3〜4万円以上してる。自作する方もいるようなのですが、それでも結構お金かかっちゃう。
嫁に、「そんなに大変なら、絶対買ったほうがいいよ。」とは言われるものの、値段を言うと黙ってしまうという。
砂浜以外ならこれまでのでも問題ないので、予算が貯まるまでは駐車場代払って漁港のスロープから出艇させてもらおうか。うーむ。

安いバルーンタイヤカート見つけた

砂浜から出艇するたびに、重くてぐったりして、帰ってバルーンタイヤのカートを探すというのを繰り返してたんですが、先日安いカートを発見しました。

前から売ってたんでしょうか。
購入時の価格が¥1,3000円。他社の三分の一くらい。よくレビューされているのと見た目は同じです。OEMなのか横流しなのか。
こんな単純構造なもので、それほど良し悪しも変わらないでしょうという考えのもと購入。翌日には届きました。早かったです。

超絶砂浜が快適に

週末実際に使ってみました。釣り自体は強風のため、30分もせず終了です。

バルーンカートに乗せてみた。

まず、ノーパンクタイヤではないので空気を入れる必要があります。

  • 米式バルブ
  • 2〜3psi

とのことなので、家にある空気入れで問題なかったです。
空気圧見ないといけないので、このような空気圧ゲージがついてる空気入れが便利ですね。

使用感ですが、幅が91cmとカヤックよりだいぶ広いので、障害物とかある場合気をつけないといけないですね。
砂浜に関しては文句無し。とにかく軽く引っ張れました。ほとんど砂に沈みません。
名のあるメーカーのは使ったことないのですが、多分使用感は同じだと思います。するすると進みますね。
ただ、駐車場やらの舗装された路面の場合は、ノーパンクタイヤのほうが軽かったです。とはいえ、砂浜との差ほど大きいものではなく、微々たるものなので砂浜がある場合はバルーンタイヤ一択ですね。逆に言えば、漁港などが利用できる場合は、ノーパンクタイヤを使用したほうが楽ということになります。

バルーンタイヤのデメリット

まず空気入れが面倒です。空気圧はそれほどでもないですが、大きいので結構空気入れないといけないです。
どのくらいで抜けるのかわかりませんが、毎回チェックしたほうがいいでしょう。
夏場にカヤックに積載しないで車内などで保管する場合は、バースト防止のために空気を多少抜いて車内に置くほうがいいかもしれません。で、着岸したらまた膨らませると。
逆にカヤックに積載して沖に出る場合ですが、ノーパンクタイヤと違って大きいので、ものすごく邪魔です。
ちなみに、プロフィッシュ45のフロント部分に乗せて見ましたが、なかなか邪魔でした。積めないわけではないですが、出来ることなら目につかないリア部分に置きたいですね。
ただ、リアだと着岸時に波受けた時に影響して横向きやすくなるとかなんとか。これはやってみないとわからないので要確認です。
ズレたり落ちたりしないように、何かしら艤装の工夫が必要かもしれません。
このあたりを次回までに検討して、快適なカヤックフィッシングをしたいと思います。

プロフィッシュ45に入魂完了の話。

BOOMERとまんもすまんもす。キングオブコントの優勝者の名前を見て思い出しました。どうも何某です。

まんもす2のなつあつしの相方は松原桃太郎でした。よろしくおねがいします。

魚探設置。

機嫌が良い

のんびり朝起きるとほぼ無風。また予報が外れてる。
いつもなら不機嫌になるところだが、今日の私は機嫌がいい。それは天気とは関係ない。新しいカヤックに乗れるから。
今日はホームサーフでの離着岸練習を1時間ほどすると決めている。だから釣り具は無くてもいい。持っていけば練習そっちのけで釣りをしてしまう。
とはいうものの、穏やかだったら1時間釣り出来るなぁなどと、持っていかなかったら後悔しちゃうかもなぁなどと。
結局ジグを2本だけ持っていくことに。

練習不要の波打ち際

先日の葉山での練習時より波打ち際は穏やか。これならば安全にいけるだろうと最初から釣りの準備をする。
いつもならSUPで賑わうところだが、今日は私一人しかいない。確かに予報は良くなかった。
しかし風も無く、凪ではないが小さい波が細かく立っているだけで悪くは無い。
時間も無いのでさっさと沖のポイントに向かう。速くて快適だ。

魚探に反応は無いが釣れる

根魚をスロージギングで狙う。

なんとなく買ったジグ。グローゼブラオレンジで釣れるのだろうか。オレンジという色をジグで使うという発想は無かった。1,000円のクーポンがあったので買ったのだ。
1秒で一巻きしながらロッドをシャクる。カヤックは水面までの距離が無いのでロッドを立てる感じになってしまうが、ラインに出るアタリが取れなくなってしまうのでしょうがない。
2秒をかけてゆっくりラインを張りながら落とす。
水深60m底から4mほどをフォールしていると、ラインが大きくたるんだ。何かが食ってきたらしい。一投目からいい感じだ。
即座に糸ふけを取りながらあわせる。なかなか良い引きだ。魚探に反応は無いが、イナダだろうかなどと思いながら寄せてくるが、途中でバレてしまった。
もう一度投入する。
全く魚探には反応が無い。
底から10mほどでまたフォールで食ってくる。今度は2度ほど追いアワセする。同じような引きの魚を寄せてくると、なんと丸々太ったアジ。こんなにも大きなアジを釣ったのは初めてだ。群れが確認できなかったので居付きのアジだろうか。

大アジ。

早速血抜きをしてクーラーに仕舞いジグとカヤックに入魂完了。

意外と潮が速い

先程と同じ筋で再度流す。手元にパドルがあるのでサクサク移動出来るのがカヤックの良さだ。波被りがSUPより少ないのでデッキの上に雑にロッドを置いても問題ない。
底から10mほどのフォールで糸ふけのアタリ。スロージギングだとこういうアタリが多いのだろうか。
軽くあわせたあと巻いてみるが手応えがない。バレたかなと巻く手を止めてみると、勢いよく糸ふけがでる。ジグが重いからだろうか。どうにも変な手応えだ。
巻き上げると食べやすいサイズのゴマサバ。

ゴマサバ。

がしかし、ここで大きな問題が。SUPで利用していた持ち手が20cmほどのタモでは、カヤック上から走り回るサバに届かないのである。
これは参ったと抜き上げてみる。コンソールの上で暴れるゴマサバ。フックがエラに刺さりカヤックが血だらけになってしまった。
掃除をし、ふと顔をあげるとそこそこ流されている。大潮直前だからなのか、流れに乗ってしまうと意外と速いようだ。

信頼のトウキチロウ

戻る時間を考えてもあと一流し。トウキチロウのグリーンゴールドをセットする。
世の中ではTGベイトのグリーンゴールドが人気らしいが、私はDaiwa嫌いである。
30年以上前の話。子供の頃、町に一軒しかない釣具屋で、お年玉を握りしめて買える範囲の釣り竿がダイワ精工しかなかった。当時の安竿の質は良くなかったと思われる。
ちょっとしたことですぐ折れてしまったのだ。片道6kmの釣具屋まで何度も自転車で往復し、何度も泣きながら修理してもらったのを覚えている。
これがトラウマになってしまい、ダイワ製品を買うという選択肢は一切なくなってしまったのだ。
シマノだろうがテンリュウだろうが折れる時は折れるのを知った今となっても。
嫁に言わせれば「そういう無意味なこだわりは損をしている。」なのだそうだが、私に言わせればTheフィッシングはアストロンとスペクトロンのゴルゴを見るためだけの番組である。そのくらいのこだわりを持ってDaiwaを使わないのだ。

つまりはそういうことである。趣味なのだ。自由にさせてほしい。
トウキチロウをタダ巻きしてくるとガツンとひったくるアタリ。手応えが完全にサバだ。抜き上げる。

再びゴマサバ。

無事着岸

食べる分には十分釣れ、時間となったので魚探をドライバッグに入れ着岸の準備をする。
SUPフィッシングの時もだが、離着岸が沈する可能性が一番高く危険。高価なものはドライバッグに仕舞う。
慎重に波に対して艇を真っ直ぐにし、後ろ荷重のまま寄せる波に任せると、カヤックはスーッと浜に座礁した。
キールと砂が擦れる音が聞こえた瞬間飛び降り、ハンドルを持って一気に引き上げる。完璧だ。
華麗な着岸を見た方が声をかけてくる。
クーラーボックスから取り出したアジを掲げながらヒーローインタビュー気分で会話した。

カヤックを購入したので進水式した話。

待ちに待った日がやってきました。こんばんは何某です。

週末が待ち遠しいです。

俺の葉山。

カヤックを注文

カヤックをいくつか扱ってるところはいくつかありますが、フィッシングカヤックが得意な kayak55.com さんにプロフィッシュ45の現物を見に行きました。
残念ながら当日は講習会でプロフィッシュ45は利用しているだとかで、現物を確認することは出来なかったのですが、丁寧に特徴、他の艇との違いなどを説明していただきました。
もし艇を見たい場合は電話で確認してから訪問して欲しいとのことでした。
ちなみに他のショップにも行きましたが、ほとんどカヤックの在庫って置いてないですね。場所も取るし在庫抱えたくないってのがありそうですが。
試乗会はだいたいどのショップもやってるみたいなのと、メジャーなカヤックは試乗できるみたいなので、実際乗ってから購入検討するのがいいと思います。
基本的に在庫が無いので注文後は数ヶ月待つみたいですね。
カヤックは基本輸入なのではっきりとした納品時期をどのショップも教えてくれなかったのですが、VIKINGKYAK JAPANは国内生産なので、注文後5、6週間で納品出来ますとのこと。
2ヶ月待つことは無いとのことだったので、9月のシーズンインには間に合うなというのが、最終的な決め手になりました。
帰宅後、嫁と色の相談をし、ネットショップから注文しました。
送料が一万円以上かかりますが、西濃運輸留めとのことなので、受け取りがにはキャリアが必須になります。キャリアを持ってない私は店舗受け取りにして、送料をキャリア購入にあてることにしました。

店舗で受け取り

引き渡しの日時を調整して店舗に受け取りに向かいます。
偽装したい場合は対象物を持っていくのをオススメします。今回は魚探の取り付け位置などを実際に座って確認しながら行ったので、魚探一式を持っていきました。
その他の偽装は持ち手ハンドルを2つ取り付け。どうやらカヤックの個体差があるらしく、ハンドルの取り付け位置をかなり慎重に探っての取り付け。
振動子取り付け位置の方法など、いろいろ教えていただきカヤック初心者には非常に助かります。
しかしkayak55さんは商売っ気無いと言うか、売りつけようと思えばいくらでも偽装パーツ売りつけれるのに押し売りしてこないですね。
まぁ、 「購入前にネットで調べて偽装イメージだけ膨らませて、実際乗ってみたら全く必要ない偽装だったってのだけは注意してください」という話を以前していたので、まず乗ってみて自分のスタイル見つけてという方向性なのでしょう。
カヤックの持ち上げ方、キャリアへの固定の仕方なんかも教えてもらえていただき、無事車載して帰宅です。

サーファーだらけの湘南

いきなりホームサーフでカヤックをするのは波が高くて危険なのでやめてほしいという嫁の要望から、穏やかな葉山で浮かべてみることに。
駐車場が8時開場と遅いので、冬以外はあまり釣りに行くことは無いのですが、カヤック練習するなら最適です。
高速を降りて134号。
完全に台風22号の影響でしょうか。猛烈に海が荒れています。サーフィンで言うところのセット頭オーバーというんですかね。サーファーがびっしりです。

俺のプロフィッシュ45。

葉山に着いて海岸を見てみると、他と変わらず大荒れ、そして珍しくサーファーだらけです。長者ヶ崎のほうは比較的穏やかなのでセットを外せば問題無さそうなので、釣りは諦めて進水式と再乗艇の練習だけをするつもりでカヤックを持っていきます。

進水式

ドーリーからカヤックを降ろして、バウとスターンに盛り塩をします。
クーラーボックスからキンキンに冷えた「ふなぐち菊水」を取り出し進水式を開始。
バウとスターンにそれぞれふなぐちをかけます。
そして二礼二拍手一礼後、大きな声で『よろしくおねがいします。』とやってみました。
その後嫁と二人で残ったふなぐちを一口づつ呑んでお祝いです。
これが正式な作法なのかはわからないですが。なんとなく気持ちは入った気がするので良しとします。

俺の進水式。

私達は駐車場の時間いっぱいまで葉山にいるつもりだったので一口呑みましたが、 現地で合流した友人に勧めたところレンタカーの返す時間が早いということで断られました。
多分吉澤ひとみの件で車関係なく酒がトラウマになったんだと思います。

進水式後は、出艇して再乗艇と、離着岸の練習をしました。

プロフィッシュ45の感想

初めてカヤックに乗った私が、プロフィッシュ45に一日乗ってみた感想です。
シットオンカヤックは他に乗ったことが無いので、比較は出来ないです。

一次安定性(静止時の安定性)が凄い

静止時の安定性が凄く、沈するのが難しいです。再乗艇の練習するために転覆させたのですが、思い切り傾ける必要がありました。
さらには立ってみましたが、SUPやってる方なら海でも立つだけならできる感じです。足元が凸凹してるので自由はきかないですが、立てるくらい安定してます。
2mほどのうねりを縦横などいろいろな向きで乗り越えてみましたが、これもSUPくらい安定してます。
というか、よくよく考えるとSUPをやっていたので、無意識にバランスを取る癖がついてたのかもしれないですが。

二次安定性(進んでる時の安定性)が凄い

2mほどのうねりを乗り越えて漕いでみましたが、特に怖い感じもしませんでした。バウが切り裂いて行く感じですかね。乗り越えた後、多少跳ねる感じはありますが、インフレータブルSUPのように何度もバウンドする感じではないので、バランスは取りやすかったです。
カヤックサーフィンもやってみましたが、波に乗るだけなら簡単に乗れました。簡単に横を向いてしまうとかは無かったです。

巡航速度がSUPの倍

軽く漕いでみたところGPS計測で7〜9km/hでした。SUPフィッシング時がインフレータブル+ダブルパドルで3〜4.5km/hだったので、単純に巡航速度が倍です。
ホームサーフでは1〜2km沖まで出るので、帰りが相当しんどかったのですが、これからは相当楽できそうです。

荷物が大量に乗せれる

カヤック全般ですがSUPより荷物が積めます。プロフィッシュ45はかなり大きいセンターコンソールがあるので、SUPの時は邪魔になっていた魚探のケーブルやらバッテリーが綺麗に仕舞えます。
これだけでも最高です。

再乗艇は特に問題無し

結構凹凸があるので再乗艇難しいのかなと思いましたが、意外にすんなり出来ました。

フットブレイスがすぐ外れそうになる

気がつくと外れそうになってます。取り付け方は間違ってないはずなのですが。
足の置き方に癖があるのかもしれません。

離着岸の感想

練習のため、ホームサーフを想定してわざと高波の時に離着岸してみました。
離岸はSUPのほうが楽ですね。飛び乗ることが出来るので余裕でパドリング開始出来ます。波がブレイクする辺りまで出て、ブレイク直後の波にSUPを乗せて飛び乗れば次の波まで相当余裕が出来るって感じです。
カヤックの場合はこれが難しい。もしかすると短い艇なら問題ないのかもしれないですが、プロフィッシュ45の場合、全長があるのでコクピット辺りで持つと、バウが重くて上がらないんです。そうなると波にバウが飲まれて岸に押し戻されます。一回横を向いたカヤックが脚を襲ってきて、スネが今現在フグトルネード食らったみたいに強烈な打撲になってます。折れなくてよかったですが、もう少し波の勢いが強かったら両足折れていたかもしれません。
それを避けるためバウを持ってみましたが、今度はコクピットが遠すぎて座って漕ぎ始めるまで時間がかかり、押し戻されてしまいました。
飛び乗ってみたところ、上手くシートに座れずもたついてしまいます。ポジションの自由度が無いので相当練習が必要かと。
高波でのカヤックの離岸はなかなか難しいです。
着岸時ですが、基本的にSUPと同じように波の運んでもらう方法が使えました。波を追いかける速度があるので波の背を追いかけてみましたが、さっさと降りてスターン側のハンドル持って波を一回やり過ごすと安全に着岸出来ました。
SUPと違って後ろから突き上げられてひっくり返る感じはなかったです。
波で横になる感じがなかったので、わざと横向きにしてブローチングの練習をしてみました。気持ちいいですねこれ。ハングオンみたいな。
ただ一回失敗して沈してしまい、岸側に落ちたので急いで潜ったのですが、勢いよくカヤックが頭上をかすめて行ってビビりましたね。
離着岸でのカヤックは凶器です。気をつけよう。

カヤックはロードバイクみたな感じ

フィッシングカヤックはSUPに比べて、自転車で言うとロードバイクみたいな位置かなと。
違うだろと言われれば私も違う気がします。

ちなみに、葉山で釣りも少しだけしてみたのですが、トウキチロウをロストしただけで終了したので、次回はホームサーフで本格的にカヤックフィッシングデビューです。

以上です。

© 2018 磁力式駆動 All Rights Reserved.
Theme by hiero