【注意】SUP、カヤックフィッシングする方へ

定置網内へ入る、係留する、仕掛けを引っ掛けるなどが多くなっており、漁師さんとのトラブルが増加してるようです。

SUP、カヤックを排除しようとする動きもあるため、定置網へは近づかないようお願いします。

ハードコアジギングで超高級魚再びの話。

気づかなかったのですが連休があるのですね。どうも何某です。こんにちは。

カヤック、SUPフィッシングの方々を誘うと、高確率で手軽じゃないからと乗り気にならない釣りの話です。

壁のようなウネリ。

嫁に見送られ出発

「五体満足無事に帰ってくるのが大事だぞ。ゆめゆめ忘れるな。」

毎度釣りに行く際に嫁が掛ける言葉である。
前回のキンメジギングは時化のため中止になってしまった。そのため、今回は余計に気合が入る。
港まで意外と早く着いた。流石に深夜だとあっという間だ。
防寒着に着替え車の中で仮眠を取る。
集合時間頃にぞろぞろと皆起き始めて準備をする。今回は乗合のためか、釣座は早いもの順らしい。
今日は軽いジグを使ってみたかったので、トモに構えることにした。
乗船する方々と挨拶を交わしながら出船した。

前回より荒れている

新島沖へ向かう途中、船室で1時間半ほどだろうか。仮眠を取る。
途中ベッドから身体が浮くようなこともあるくらい、波が高いようだ。
エンジン音が小さくなり、船長の掛け声のタイミングで、一斉に皆外へ出て準備をする。
ウネリが3m以上あるのではないだろうか。釣座の前は壁である。
こんなので釣りになるのかと思っている中、常連の方々はテキパキと準備をしている。
私も急いで準備するが、前回から改善し、すぐ準備は終わった。気持ちを落ち着けジグ投入を待つ。

幸先良い幕開け

XESTA スローエモーション フレア800g を選択し投入する。
Avet JXのレバードラグやらMCを調整しながら380m前後へ落としていく。
当初はキャスティングしないのでMC、いわゆるメカニカルブレーキはいらないかと思っていたが、この重さのジグの調整はレバードラグだけでは難しく、長時間のサミングは面倒なので、MCに任せたほうが格段に楽だった。
着底して糸フケを取り、再度底取する。
15mほどシャクった後、フリーフォールさせると、着底寸前で明確なアタリが出た。どうやら、潮が緩いらしい。
ローギアにボタンひとつで切り替え巻き上げる。ウネリに合わせずとも、クルクルと力いらなく巻いてこれる。これは疲れない。
試しにハイギアに変えてみると、かなり重い。シマノ オシアジガー F カスタム 3000NRHGの1.5倍以上の重さに感じる。魚をかけるところまではハイギアで、かけたらローギアだなと使い分けることに決めた。
ほぼ2倍以上の巻取り回数が必要なため時間はかかるが、結果休むことなく巻けるのでローギアでも極端に遅いわけではない。クルクルと巻き取る。

キンメ 653g

1本目のキンメがあがってきた。小ぶりだが、幸先は良い。急いで氷やら準備し次に備える。

2本目でだいぶ満足

ひと流し目はほとんどの方が釣れたらしい。今日はとんでもない釣果になるぞと、船長は早くも上機嫌だ。
2投目。最初の糸フケを取ったあと、ジグが落ちない。いきなりアタッている。
周りからの「食った?」の声にご機嫌な返事をし巻き取る。
慎重に慎重に巻取ると、隣の方も早々に連れていたらしく、ハイギアであっという間に釣り上げてしまった。
かなり大きい。おそらく2キロ近くはあるだろう。
続いて私のキンメがあがる。

キンメ 1.4kg

同じくらいの大きさだ。これは凄いぞと心躍る。
実際帰宅後計量したところ、1.4kgといまひとつだったが、嫁と2人で食べる分にはとても満足する量だ。
いい釣りだったとすでに、私はご満悦気味である。

謎の魚

3投目。300m手前でジグが落ちなくなる。
水深は380m。途中で何かが食ってきてしまったらしい。

「めっちゃ早くないですか?」

それを気が付いた隣の方と、底までついてないのをお互い確認する。キンメではないだろう。
ラインが切られたのかと勘違いするほど軽い手応えだが、どうやら食い上げているらしく、超高速で巻くと手元に重みが伝わってきた。
ところが、100mくらい巻くと、急に走り始める。

『すいません!なんか走ってます!』

周りに声をかける。
リールが悲鳴をあげる。キンメ狙いなのでドラグをきっちり締めていた。
慌ててレバードラグを戻すと、ラインが一気に出はじめた。
60mくらい走られた後、ストレートポインピングで格闘していると、「キンメ釣りでリールでやり取りしてるの?」「マグロじゃないの?」との笑い声が聴こえる。
ところが、慣れないレバードラグでのやり取りに、こちらは笑い返す余裕もない。
これは周り巻き添えにしてしまうなと、経験豊富な方々にアドバイスをもらおうとしたところ、再度一気に走りはじめた。

『ヤバい!後ろに走り始めた!』

回すにも、誰もそんなのが釣れると想定していないので、船上での身動きがとれない。船底に擦れて一瞬で切れてしまった。
なんだったんだろうと周りと話ながらノットを組んでいると、ほとんどの方がヒットしているらしくゆっくりと巻き上げていた。
どうやら私のラインが切れたことで、巻き込んでのトラブルにはならなかったようだ。

「あー!イルカだ!!!」

悲鳴にも似た絶叫が聴こえる。目線の先を見ると、遠くからイルカがジャンプしながら近づいてきた。
思えば釣りでイルカを見るのは初めてだ。釣り人の天敵とは言うものの、実際に見ると、その光景に若干の感動を覚える。

「やめて!!やめて!!」

回収中の方々が絶叫する。

「だぁー!!暴れてる!!来ないで!!頼む!!」

回収中のキンメが危険を察知して暴れてるらしい。
海面まで残り50mくらいまできた刹那、ミヨシからトモまで竿先が、パンパンパンパンパンッとリズムよく順番に勢いよく跳ね上がった。
イルカに一掃されたらしい。
餌だけ取っていくと聞いていたのだが、船長が言うには遊ばれてるとのことだった。
隣の方は「5000円のジグですよ。。。やっと見つけて買ったのに。。。」と、たいそう落ち込んでいる。
その後は、イルカの影響なのかアタリがピタッと止まってしまった。

船酔い

どうにもイルカにやられるのだという。船長がイルカがいないポイントに移動しはじめた。
ところが、そこは潮が全く動いていないらしい。
さらには、XESTA スローエモーション フレア800g を投入するも、根がひどく2個連続で根がかりでロストしてしまう。
先程はハリだけ抜けたのだが、やはりバックラッシュなどでラインに傷が入っていると、先にそこから切れてしまうらしい。
ノットを組む。自分の倍近くあるウネリの中、ノットを組む。何度も組む。
多少ヤバいなとは思っていたが、ギリギリ大丈夫だった。水平線を見て心を落ち着ければ大丈夫だった。
鼻先を嫌な臭いがくすぐる。どうやらミヨシ側でタバコを吸う方がいるようだ。
なんとなく先日のタチウオ船でも思っていたのだが、どうやら私はタバコの臭いで酔ってしまうらしい。一気に船酔いしてしまう。
これは困ったぞと、急いで酔い止めを飲む。がしかし、徐々に目の前がグラグラとしてきた。
周りから何か言われるが空返事しか出来ない。
釣れれば気が紛れそうだが、何時間もアタリが無い時間が続いた。それも苦しさを加速させる。

最後にわけもわからず釣る

残り3、4回しか投入出来無さそうだという声が聞こえる。
酔い止めが多少効いてきたのか、楽にはなってきた。
もうすでに疲れてジグを落とさない人も出てきたようだ。
今日は終始400m未満の水深だったので、結構な回数落としている。
気合を入れてジグを落とす。
潮が相当緩いので xesta スローエモーション フレア700gにした。100g違うだけでもシャクるのがだいぶ楽だ。
ひと流しが長い。6回目の底取りで諦めかけた頃。ひとシャクリ目で勢いよく竿先が跳ね上がった。
これは釣れたなと回収する。残り100m辺りから明確に叩いてきた。とても大きい綺麗なキンメだ。
タモ入れしていただいて、一息つく。耳鳴りの中、「凄い大きいね。」などとフィルターがかった声が次々声がかかる。
写真を撮る気力が出ない。這うようにバケツに血抜きしに行く。
帰宅後、計量すると、2.0kgあった。今回の目標が2キロ以上を釣るだったので、目標達成というところだったが、どうにも船酔いが勝ってしまう。
最後のひと流しの声が聞こえる。
ふたシャクリ目で食った。早く食ってくれるのは助かる。
水平線を見ながら巻いてくる。
1kgほどのキンメがあがってきた後、急いで片付けをし、ベッドで気絶するように寝た。

無事帰宅

ぐっすり寝て帰港後、片付けをし、挨拶もそこそこにすぐ帰る。翌日仕事なので、渋滞に巻き込まれるのが嫌だったのだ。
途中に寄ったトイレで、身体が左右に揺れてるのがわかった。まだ船の揺れが残っているらしい。
やはり寝て帰ってこれるのが強いのか、本格的な渋滞になる前にノンストップで帰宅。選択した道も良かった。
嫁にキンメを見せる。

大漁。

「また、あのキンメが食べられるのだね。。。」

前回よりも大きなキンメを、欲望を隠さず見つめている。
ロストしたジグの話に眉間にシワを寄せるも、目方を測りキンメの総額をざっくりと計算すると、「ペイだね!ペイッ!」と叫んでいた。
アダモちゃんかこいつは。と心の中で思いつつも、うっとりとキンメを眺める嫁の横で、徐々に私も艶かしく横たわるキンメに包丁をいれる興奮を隠せなくなっていくのだった。

タイドグラフ

タイドグラフ。

使用タックル

【注意】SUP、カヤックフィッシングする方へ

定置網内へ入る、係留する、仕掛けを引っ掛けるなどが多くなっており、漁師さんとのトラブルが増加してるようです。

SUP、カヤックを排除しようとする動きもあるため、定置網へは近づかないようお願いします。

たまには嫁を高まらせる話。

なんか変な天気ですね。どうも何某です。こんにちは。
20℃なったり、ならなかったりだとか。釣り物を何にするのが正解なんでしょうか。

朝。

キャスティング練習

「さぁさぁ。やろうじゃないか。」

釣りから帰ってきた私を出迎える嫁。
近々連れて行く釣りのために、キャスティングを教える約束だったのだ。
「シュ。」の小さい呟きとともに、降ろした両手がピクリと動く。

「シュ。」

『何をブツブツと言ってるんだい。』

「イメトレしてるんだよ。身体使うと変な癖がついたら困るからね。手は使わないんだ。」

『あぁ、そうなの。』と、相変わらず紙一重だなと思いながらカヤックを洗い終え、適当なナス型のオモリを取ってくる。ジグのかわりにこれを投げるのだ。
海に行き、人がいなく高さがある浜辺に座り、缶ビール片手に準備をする。
いわゆる、マイクロジギングという釣り方になる。
昔からある釣り方だろうに、名前つけて、今度はこれを流行らそうとしてるのだな。とは思うものの、20年前とは道具が違うのは、手にとってすぐわかった。その進化を改めて周知させて流行らせる戦略なのだろう。
簡単な投げ方を教える。
「やってみる。」と投げる嫁。真剣な顔で振りかぶり、正面に振り下ろす。ヘナヘナと先についたオモリは、嫁の右側、真横に飛んでいた。
巻いてくると、自分の真横、海にすら飛んでないことに驚愕し、口をパクパクしている。
なぜそうなるのか、全く理解していない嫁に、イメージ通りにロッドが動いてないことや、ラインを離す位置など教えていく。
黙々と振る嫁。意外とこういうのは楽しいらしい。
30分も振ると上下で投げることはできるようになったので、この状態で本番を迎える事にした。

ボートを借りて沖へ

レンタルボートで茅ヶ崎沖に向かうと、イナダ五目だろうか。船団が出来ていた。
準備を終えると嫁が、「それではいいですかー?スタートフィッシングー!」とリスペクトしているコジレイの真似をする。
お、やる気だな。と見ていると、首を捻りながらリールを見つめている。実際にジグをつけた状態でのボート上で、何をすればいいのか戸惑っている様子。
黙って見ていると、スピニングリールのベールを外してみるようだ。シュルシュルと勢いよく飛び出すラインに、身体を小さくピクリとし驚く。
数秒で状況を理解し、唇を噛んでラインを見つめる。真剣な眼差しだ。
底着いたなと見ていると、まだベールを戻さない。数秒後に、首を傾けながら巻き上げてみる。どうやら底が取れていないようだ。
まずそこからだなと、砂地で底取りの練習をする事になった。

嫁、目標達成する

底が取れるようになった嫁を放置して、ディープライナー スロースキップ VB ブルーピンクイワシ130g をスローピッチでシャクる。
全く魚探に反応はないが、やるしかない。
何回か落としていると、竿先が戻らなくなった。頭で気付くより先に、手が勝手にアワセる。
なんだろねと会話しながらあげると、ひさぶりの顔。

ほうぼう。

ホウボウが釣れたのを見てやる気になる嫁。
がしかし、アタリは無い。

「その色が良いんだね。私もブルピンに変えてー。」

どこでそんな言葉覚えたのか。
先日嫁が選んだジグに変更する。我が家唯一のダイワ製品である ソルティガFK SLJ MGブルピン30g。
なるほど、カラー名がブルピンだったのだな。
タダ巻き、シャクってからのフォールどちらでもいけると伝えると、「とりあえず、シャクってみるよ。」とヒュッヒュッっと竿を動かす。
時折首を捻っているので、何か考えながらやってるらしい。
流し直しの後、根から砂地に変わった刹那、嫁の竿が満月になる。

「ぬおー!タダ巻きー!忘れちゃうから言っておくー!覚えてー!タダ巻きー!」

釣るまではいろいろ考えるらしいのだが、魚が掛かるとどうやって釣ったか、毎回興奮して忘れてしまうらしい。そのため、今回から釣れた直後に叫び、私に教えるという改善をしたとのこと。
タモを持ちながら海面まであがってくるのを待つ。「これはフグでは無い!」と興奮気味に巻き続ける嫁。

嫁のホウボウ。

無事タモに入ったホウボウを興奮しながら嫁は眺める。
「ホーボー。」と鳴き声を聞き、「私のホウボウが鳴いた!これが目標だったの!」と、より興奮のご様子。
『飼うかい?』と聞くと、「や、それはいいっす。」と言いながらも、ホウボウをうっとりと眺めていた。

ツライ時間を打破する

マイクロジギングというだけあって、40gぐらいまでしかジグを扱えない。
こうなると、水深が深くなると厳しくなる。40mで底が取れないようだ。
スーパーライトジギングなら、倍以上重いのが使えるようなので、湘南エリアでやるならば、もう一本用意が必要か。

『スロージギングってのやってみないかい?』

2時間程、全く反応が無いので、嫁に提案してみる。
流石に飽きて来たのか、提案に乗ってきた。
水深60m程度の瀬に移動して流す。少し沖には釣船が沢山いる。が、あまり釣れてるようでは無さそうだ。
スパンカーが無いので、他のボートとは流れ方がだいぶ違う。注意深く見張りをしながら、嫁にやり方を教える。
とはいえ、魚探にも全く反応が無いので、何をどうしたらいいのかという状態だ。
しばらく昼食を取ったりしながら、2人でシャクっていると、下から20mほどで、ゴンっと竿先が引きこまれた。
かなり走っている。イナダだろうかとやり取りする。
嫁のラインをすでに巻き込んでいる様子。
タモに入った魚を見て嫁が叫ぶ。

「おー!凄い!凄いけど。。。何これ。。。」

めじ。

メジマグロだよと伝える。
こんな時期にメジ。そういうものなのだろうか。高めの水温と関係あるのだろうか。

浅場で遊ぶ

マリーナに戻る時間まで1時間ほどになったので、マリーナ付近に移動し、マイクロジギングを再度やらせる。
日が出て無風だと、半袖になっても汗をかいてしまうくらいだ。
水深15〜20mくらいを流す。
私は釣りをせず、コーヒーを飲みながら嫁を眺める時間。ブリリアントな午後。
アタリにすかさずアワセをいれる嫁。素晴らしい。

「ふーむ。これはフグちゃん。」

無表情で巻いてくる。小さいサバフグが釣れた。
『フグわかるんだね。』と言うと、「フグはわかる。」と手返しよくジグを落とす。

「フグちゃん。」

すぐさまサバフグを釣り上げ、私に差し出す。魚種がわかるようになったなら、そろそろ自分でハリを外してほしい。
嫁を放置し、荷物を片付けてる私の背中を、「これはフグではないのー。」との声が撫でる。
見るとホウボウが上がってきた。本当にフグと他の魚が判別できるようになったらしい。

メジとホウボウ。

やっぱり今年は違うらしい

マリーナに戻り釣果を言うと、「いつもと違って、今年はまだマグロ釣れてるらしいんだよね。」とのこと。
やはり水温が影響しているのだろうか。

「ホウボウも釣りましたよ。」

と鼻を膨らませて一歩前に出て言う嫁。褒めてもらってご満悦のようだ。
ひさぶりに好物のホウボウの浮袋が食べられる。帰ってすぐ焼酎のお湯割りだななどと、私も釣果の割には機嫌が良い。
やはり、高まっている嫁を見るのはいいものである。

「今日の決めてはブルピンですよ。今度ブルピン買いに行こうよ。」

高まっている嫁を見るのは、いいものである。

タイドグラフ

タイドグラフ。

【注意】SUP、カヤックフィッシングする方へ

定置網内へ入る、係留する、仕掛けを引っ掛けるなどが多くなっており、漁師さんとのトラブルが増加してるようです。

SUP、カヤックを排除しようとする動きもあるため、定置網へは近づかないようお願いします。

カワハギ大漁で嫁が高まった話。

働き方改革がやってくるかもしれません。どうも何某です。こんにちは。

歳を取ると変化に対応するのが遅れてしまいます。釣りだったらすぐ対応できる気がするのですが。

大漁。

カワハギが食べたい

「カワハギ食べたいねぇ。」

自堕落な正月を過ごした呑んだくれの嫁は、ソファに不思議な体勢で横になっている。

『じゃ、明日のカワハギ遠征行ってくるよ。』

元旦にホームサーフで常連の方に、カワハギ釣りに行かないかと誘ってもらった話をしていたのだ。
遠征とはいうものの、そんなに遠いわけではないが、初めて出艇する場所だ。

「全然レベルあげしてないや。せっかくの休みなのになあ。」

その体勢でどうやって呑むのだろうかと見守る中、2本目の缶ビールを開ける嫁。

「はぁー。働かなくていい世の中にならないかなー。」

働かなくて何するのと問うと、「一生寝てる。」との返答。
私はこいつを一生介護しなくてはならないのかと、絶望の中、カワハギの仕掛けを作っていた。

初めての場所で出艇

ほどよい時間かなと家を出る。夜明けまで30分ほどの時間に到着。
すでに誘っていただいた方々は、2時間近く前に来て準備していたらしい。やる気を感じる。
準備を終え出艇する。私が1番最後のようだ。
波も低く特に困ることもなく出艇出来た。
どうやらポイントは近場らしい。これは助かる。

釣りたメソッド

周りがベラとキタマクラに文句を言っている中、魚探をかけポイントを探し回る。
特に目立った根は見つからない。
とりあえず反応があった複数のポイントの潮上にアンカーを落とす。どうやら周りの方々は流しながら釣っているらしい。
以前釣り番組で見た、カゴをつけて釣る仕掛けを投入。カゴにはアミエビが入っている。
最近は常温保存出来るアミエビがあり、とても便利だ。
マルキュー アミ姫キララというのを選択してみたが、匂いも臭くはない。
底からいくらか仕掛けをあげるのがコツらしく、とりあえずその通りやってみる。
空アワセを入れるとカンカンカンと金属的な引き。

カワハギ 1

いきなりの釣果に周りが沸き立つ。
その後も、同じように繰り返す。

カワハギ 2

続けて

カワハギ 3

これは最強の釣り方なのでは。

状況を把握する

コマセをうってるのを聞いた方々が、周りに寄って来た。便乗させて欲しいのだそうだ。
見ていると、カワハギよりもベラ、キタマクラが多いようだ。
試しに底まで落としてみる。
初めての明確なアタリ。アワセてみるとベラが釣れた。
今度は、少し仕掛けを上げて待つ。
明確なアタリ。キタマクラだった。
なるほど。食う暇を与えると外道が食ってしまうのだな。
以前見た海中の動画では、カワハギは落ちてきた餌を、居食いで即座に口に含んで吐き出すのを繰り返していた。
という事は、餌が落ちてくるのをカワハギが把握しており、食わせの間は一瞬で良いということになる。
今日はカワハギのアタリは出ないようなので、空アワセを細かくいれる事にした。

カワハギ 4

完璧だ。
ここのカワハギを釣り尽くしてしまう心配が出てきた。

謎の群れ

お腹がいっぱいになったのか、反応が無くなってきた。
ポイントを変える。今度は根だらけのポイントだ。
どうせ寄せるのでと、適当な場所にアンカーを落とす。
予定通り、2投目。

カワハギ 5

さらに追加。

カワハギ 6

いい調子だと思っていると、何かの群れがカヤックの下を通った反応がある。
どうやらコマセに寄った魚は散ってしまったようだ。
なんだろうと再度寄せる。
しばらくかかり、やっと集まって来たなと思った刹那。フッと仕掛けが軽くなった。
仕掛けが途中からキレイに切れているうえ、ハリスはヨレまくっていた。
魚探には何かの群れが通った反応が残っていた。
何かを把握出来ないまま、仕掛けを新しくする。

追加するも

仕掛けを交換している間に、周りの方々は大きなカワハギを何枚も釣っていた。
私は数は出てるが、そこまで大きくはない。
再度コマセで寄せ何枚か追加する。
その後、反応が無くなったので移動することにした。
がしかし、アンカーが外れない。しっかりと根掛かりしているようだ。
しょうがないと強く引くと、根掛かり対策の結束バンドが切れ無事回収。
良かったと胸を撫で下ろすも、これでは続投出来ない。釣果も満足していたため、納竿とした。

嫁高まる

「うぉおおおお!すげー!」

眼前に突き出した大量のカワハギを見た嫁は、鼻息荒く、いつもより猫背になって凝視していた。

「肝醤油できる?カワハギ美味いよねえ。」

パタパタと手を動かし、不思議な踊りを舞う嫁。

『肝醤油だけではないのだよ。肝と味噌を焦がして鍋にしちゃうのだよ。』

アラで出汁をとる横で、肝と味噌をあえてバーナーで焦げ目をつける。
それを見てた嫁が「やるじゃないか。」と満足げに呟く。
カワハギと冷蔵庫の余り野菜を適当に入れ鍋が出来た。
肝醤油と鍋の濃厚な味に「日本酒が呑めないのが残念よー。」と身悶える嫁。
『あるから呑んで良いよ。』と言うと、「あー、日本酒呑むと、1日が台無しになるんでー。」と、カワハギを骨まで丁寧に吸っている。
ひさぶりに釣ったかいがあったなと、その姿を見て私の胸もポクポクしてきたのであった。

タイドグラフ

タイドグラフ。

© 2020 磁力式駆動 All Rights Reserved.
Theme by hiero