【注意】SUP、カヤックフィッシングする方へ

定置網内へ入る、係留する、仕掛けを引っ掛けるなどが多くなっており、漁師さんとのトラブルが増加してるようです。

SUP、カヤックを排除しようとする動きもあるため、定置網へは近づかないようお願いします。

中深海を極めるためラインを買い替えた話。

昨夜は深夜まで嫁が会社で配るチョコのラッピングをしてました。どうも何某です。ご機嫌麗しゅう。

お前らが今日貰ったチョコは俺が手汗かきながら、気持ちを込めて一生懸命包んだチョコだ。心して食え。

今年はジギングの年にしたい

毎年目標を決めて釣りをしてます。
一昨年はタイラバで鯛を釣る。去年はジグで鯛を釣る。というのが大きな目標でして。
他にもフライで青物とかいろいろあることはあるのですが、必ずこれだけは達成しようというのをひとつ決めてます。
さて、2019年はスロージギングを中心にやっていきたい。という気持ちでおります。
じゃ大目標を何にするかというところ。
アカムツをコンスタントに釣れるようになるというのもいいですが、やっぱりジギングといえば青物。
ワラサ以上を釣りたい。
ジギングでワラサ以上を釣る。これを目標とします。
秋以降が勝負になりますので、それまでに道具を揃えてジギングの腕を磨こうかと思います。

手始めにラインを変えた

中深海ではずっとゴーセン ドンペペ ACS 1.2号を使っていました。安いし強度も問題なかったので。

水深100mくらいまでならジグがこう動いてるなっていうのがなんとなくわかるんです。浅ければ浅いほどわかりやすい。
これが100mを超えると急にモヤっとした感じになります。
いや、もしかしたらリーダーのせいなのかもしれない。とは思うのですが、リーダーは長くても2ヒロくらいしかとらないので、PEのほうの伸びの影響のほうが多そう。
水深300mなんてなると、よく伸びるゴムを引っ張ってる感覚です。
一般的な5〜9%の伸度らしいので、300mだと最大30m弱伸びるってことなんでしょうね。破断するまでの伸び率ってことだとは思うので、実際どのくらい伸びてるのかわかりませんが、まぁ相当伸びてるとは思います。
となると細かいアクションをつけても意味が無いと思うので、大きくリフトか巻き上げて、ロングフォールくらいしかアクションのしようがない。
ジグを変えるしか選択肢がなくなるので、探るパターンも限られてしまうなと考えます。
というわけで、最近釣れないのはラインの伸びのせいでジグが動いてないからだ、というのを仮説とした場合の解決としては、当然ラインを伸度が低いものに変えるという結論になります。

で、PEジガーを買ってしまいました。
伸度が3%らしいです。ファイヤーラインのほうがよく利用されているらしいですが、こちらのほうが伸度が低いらしいので、一旦これで比較してみます。
オシアジガー2000は1.2号だと900mちょっとしか巻けないので、ドンペペ1.2号をそのまま下巻きにして、600m巻きました。残りは予備スプール買って巻くというのもありかなと。
週末状態良ければ新魚探とともに試してみたいと思います。

以上です。

【注意】SUP、カヤックフィッシングする方へ

定置網内へ入る、係留する、仕掛けを引っ掛けるなどが多くなっており、漁師さんとのトラブルが増加してるようです。

SUP、カヤックを排除しようとする動きもあるため、定置網へは近づかないようお願いします。

折れたジギングロッドを修理した話。

週末は毎日ホームサーフには行ったのですが、氷点下の寒波に心が折れカヤックを降ろすことが出来ませんでした。どうも、何某です。

試したいことがいっぱいあるので、今週末は気合をいれたいところ。

折れたロッド。

今回はジギングロッドのグリップ部分の修理になりますので、特に感度とか気にしないです。
むしろ剛性をあげていく感じでやっていきます。

折れた断面を綺麗にする

折れた部分をよく切れるノコギリで切断します。
切断する目安はカーボンがひび割れているところまでです。
カーボンは割れやすいので、ヒビが入っているとそこからさらに割れてしまいますので、きっちり切断して無くしあげましょう。
急いで切ると繊維が切れなかったりして剥がれたり、ヒビが大きくなってしまったりするので慎重に。
その後、荒い耐水ペーパーとかで断面を綺麗にします。今回は100番と、400番を使用しました。

カーボンパイプを通して接続する

切断したバット部分を接続するために、バットの内径にあったカーボンパイプを用意します。

カーボンパイプ

気をつけるのはロッドというのはテーパがかかっているので、両断面の内径が異なっているところです。
つまり、必ず隙間が出来ますので、その箇所に太めの糸を巻いて隙間を埋めます。
糸は適当に東急ハンズで選んだ太めの安いものです。

修理 1

隙間がきっちり埋まるくらい巻いたカーボンパイプを接着剤で固定します。

ボンド ウルトラ多用途SU

これをたっぷり塗って差し込みます。

修理 2

差し込み後はねじったり動かして全体に接着剤が行き渡って、ガッチリ接着されるようにしましょう。
はみ出したのは拭き取ったり、固まったあとカッターで切除したりできるのでケチらないで塗ったほうがいいです。
また、ここで長さが決まってしまうので気をつけてください。
ちなみに、私は折れる前はカヤック上で脇に挟むのに違和感があったので、少しだけ元の長さより長めに調整しました。

修理 3

今回は1週間ほど放置しました。
この状態で何度か釣りに行きましたが、特に問題はなかったです。
前より剛性は確実に増しているので逆に扱いやすい気もしなくはないです。

カーボンロービングを巻く

強度は問題なさそうですが、むき出しの切断面が割れたりしそうなのでコーティングする下地をつくります。

カーボンロービング

カーボンパイプとの段差を糸で埋めたあと、このカーボンロービングを使用して、X状になるように往復して巻いて行きます。
X状に交差するように巻いたのはなんとなく強度があがりそうだからです。正式な巻き方があるかもしれません。

修理 4

勿体無い気がして段差を糸で埋めてしまいましたが、カーボンロービングで埋めたほうが凹凸が少なくて良いと思います。
凹凸が出た場合はボールペンなどで軽く擦って平にしましょう。
ちなみに、カーボンロービングはすぐバラバラになってしまうので、私は瞬間接着剤で端を点付けして巻きました。
それでも多少ほぐれた箇所が出てしまうのですが、この後のコーティング後の研磨で取れるので気にしなくていいです。

エポキシコーティングをする

エポキシを用意します。

エポキシコート

エポキシコート専用薄め液

エポキシはケチると良いことなんて無いです。最悪ベタベタするだけで固まらないなんてことがあります。
私はこのエポキシコートですと、付属の注射器の目盛1でやって失敗したことがあるので、最低目盛1.5から使います。
これに同量の薄め液を入れ、1:1:1を数分混ぜます。気泡がでますが、さらに数分置いて気泡が落ち着くまで待ちます。

修理 5

多少粘度が出てきたところで、フィニッシングモーターで回しながら塗ります。
気泡が出たらヒートガンやドライヤーなど軽く当てると消えます。
フィニッシングモーターを使わなくなくてもいいですが、回さないと下になった面にエポキシが垂れてきてコーティングに偏りが出てしまうので必ず回したほうがいいです。
固まるまでの数時間手で回せるならそれでもいいので頑張って回しましょう。
フィニッシングモーターは買うとちょっと高いですが、ロッドビルディング以外にも、エポキシフライにも使えるので買っておいて損はないと思います。
フライフィッシング以外でロッドビルディングする人ってまずいない気もするので、そういう方は自作するのがいいかと。
私のフィニッシングモーターは自作で1,000円もかからなかったです。

修理 6

数時間でエポキシが固まったのを確認したらモーターを止め3日ほど放置して完全に固めます。
その後、400番、800番、1200番の耐水ペーパーをかけて、再度コーティングします。
これを3〜4回ほど繰り返せば終了です。

修理完了と注意点

修理終わり。

後半面倒になったのと、嫁から家がシンナー臭いから勘弁してくれとクレームが来たので適当に終わらせましたが、使用に問題はなさそうです。
余裕とやる気があれば、きちんと平らにしてスレッドで飾りでも入れてあげましょう。嫁は喜びませんがロッドは喜ぶと思います。
バット以外の修理ですとアクションや感度に影響してくるので、固定する前に念には念でテストしたほうがいいですね。
また、ロッドビルディングしたことがある方はわかると思うのですが、ロッドブランクやカーボンパイプにはスパインと呼ばれる張り合わせなどの硬い部分があります。
スパインを基準にロッドの調子やらガイドやらつけるので、この位置にも気をつけましょう。スパインの位置がズレるとロッドがブレて曲がるため、調子どころかキャストがおかしくなります。
とはいえ、折れたロッドが転がってる方は細かいこと気にしなければ簡単に治せるので、ぜひやってみてください。

以上です。

富士工業 フィニッシングモーター

【注意】SUP、カヤックフィッシングする方へ

定置網内へ入る、係留する、仕掛けを引っ掛けるなどが多くなっており、漁師さんとのトラブルが増加してるようです。

SUP、カヤックを排除しようとする動きもあるため、定置網へは近づかないようお願いします。

中深海用の振動子を探した話。

ここ最近の胃痛からも開放され、やる気元気何某です。こんにちは。

なんだか春っぽい感じに海もなっているとかなってないとか。

なぜ振動子を探したのか

現在は、Garmin GT52HW-TM を利用してます。
サイドビュー最高。クリアビューは最初は使ってました。
70mまでなら常時問題ないです。100mは日によって微妙な時があります。
200m以上、300mになると水深がわかるだけという感じです。
100mまでなら最高なのですが、中深海ではほとんど使い物にならないです。
つまり、最近ハマっている中深海ジギングでは水深がわかるくらいで、ほどんど役に立っていないということになります。
どうにもそれでは勿体無いので、中深海でも利用できる振動子を購入したいと思います。
買い替えというよりは、GT52は探索範囲が広いので、水深70m未満のシャローやシーバス、湖での利用にするので、追加で70〜400mくらいで利用する振動子を購入します。
そこで、要件をまとめるために調べた内容をメモしておきます。

周波数について

周波数とはWikipediaによると

電気振動(電磁波や振動電流)などの現象が、単位時間(ヘルツの場合は1秒)当たりに繰り返される回数のことである。

とのこと。
通常魚探などでよく見かける50kHzは低周波、200kHzは高周波という扱いになるようです。

低周波

  • より遠く、広い範囲で探知出来る
  • 探索範囲が広がる分、位置を把握しにくい
  • 底質を判別しやすい

高周波

  • 低周波では映らない魚も探知できる
  • 詳細な地形がわかる
  • 幅が狭いため、ピンポイントで探索できる
  • 遠くまで届かないため、深場が探索できない
  • 低周波に比べて気泡などのノイズに強い

振動子の方式ついて

探索の方式がいろいろあるみたいなのでメモしておきます。
共通の仕様としては音波を発信して戻ったものを解析します。

デジタル方式

混信を避けるために、音波が戻るまで次の音波を発信しません。
情報量が少ないので画像が荒くなります。

ブロードバンド方式

周波数を変えて同時に発信しても混信しないようにします。
情報量が増えるので、デジタル方式よりも詳細な探索が出来ます。

CHIRP方式

ブロードバンド方式より周波数の可変幅が大きく、同時発信数も多いです。
そのため、より情報量が増えさらに詳細な探索が出来ます。

HI-WIDE CHIRP方式

CHIRP方式だと浅い水深での探索の範囲が狭いため、より広範囲で魚を見つけやすいように発信角度を広げています。

HD-ID技術

High Definition(HD) 高解像度とidentify(ID) 見分ける識別ということらしいです。
なんとなく濁されてる説明が多いですが、ブロードバンド方式の情報を元に、ノイズやら魚などを高度に解析する技術だそうです。
高出力は浅場だと使い物にならないようですが、HD-ID技術だと速度やら過去の情報を元に計算し、最適化して表示するので問題なく利用できるようです。

CV方式

国内代理店はなぜか取り扱ってないため流通はしてないですが、海外ECでGarmin振動子を探していると出てきます。
ダウンビューはLOWRANCEの親会社NAVICO社の特許らしく、Garminは揉めた後、ダウンビューを利用出来なくなったのだとか。
そのため、ダウンビューをクリアビューと名称変更したっぽい。
GT51HW-TMなどのGT系はダウンビューが付いてるらしいですが、CV51M-TMなどのCV系はダウンビューが使えなくなったため、下方向への発信はせず、サイドビューによる左右へ発信した情報を合成してダウンビュー(クリアビュー)として表示しているようです。これをCV方式というのだそう。
下方向に探索してないのでGT系と写り方が違うようで、比較するとGT系のほうが正確とのこと。
国内版の本体に北米のCV系振動子をつけると出力低下が酷いので、国内代理店から買ってねというようなお知らせがありましたが。
噂では、日本語版ではGT系、CV系は問題無く使用できるが、CV系はダウンビューが無いので出力低下というような表現を代理店は使っていて、その逆の海外版ではGT系は権利問題以降、ファームで動かないようになっているとかなんとか。

振動子比較

echoMAPや一部のstrikerは500Wなのですが、600Wの振動子接続した場合、500Wでの使用になるようです。
サイドビューの使用頻度が高いので、無い振動子は外してあります。

通常魚探

CV51が2,300ftという情報を見たのですが公式で仕様見つからなかったので不明です。
GT52の使用感では、カタログ値の70-80%くらいまでが実用範囲かなと思ってます。

振動子 方式 出力(W) 周波数(kHz) 最大深度(m)
GT52HW-TM CHIRP 250 240-150 240
GT51HW-TM CHIRP 600 160-80 400
GT41HW-TM HD-ID 600 200/50 600
CV51M-TM CHIRP 600 160-80 700?

クリアビュー

3画面なのであまり出番は無いです。
GT52の使用感では、カタログ値の50-70%くらいまでが実用範囲かなと思ってます。

振動子 方式 出力(W) 周波数(kHz) 最大深度(m)
GT52HW-TM CHIRP 350 455/800 150
GT51HW-TM CHIRP 500 455/260 300
GT41HW-TM CHIRP 500 455/260 300
CV51M-TM CHIRP 500 455/260 300

サイドビュー

カヤックの移動中はよく見ます。あとは、タイラバやエサ釣り中に魚群が写ったらジグに持ち替えて備えるとか。
また、経験の少ない海域だと根を見つけるのが楽になるのでいいですね。
実用範囲はどうでしょうね。あんまり意識して見たことないですが、GT52で150m先が見えてるかというと、だいぶ怪しいと思います。

振動子 方式 出力(W) 周波数(kHz) 最大幅(m)
GT52HW-TM CHIRP 350 455/800 300
GT51HW-TM CHIRP 500 455/260 450
GT41HW-TM CHIRP 500 455/260 450
CV51M-TM CHIRP 500 455/260 300

価格

海外はGT系は在庫があるもののみ販売ですね。CV単体では売ってませんでした。
逆に国内はGT系のみ販売です。代理店の力が強いのか値引きとかしてませんね。というか、見比べるとかなり乗っけてますね。
まぁサポートとか保証とかしっかりしてるのでその分なのでしょうが。

振動子 国内(円、税込) Amazon.com(円)
GT52HW-TM 43,200 -
GT51HW-TM 108,000 -
GT41HW-TM 64,800 26,032
CV51M-TM - -

最善手は米AmazonでGT41

予算はタンスの裏の小銭をかき集めに集めて、Maxで8万円となりましたので、GT51は外れます。
CVは真下の探知で問題があるので、GT41一択となります。
個人輸入すれば3万程度ですみますので、相当安く購入できますね。
最初は国内だけで探してたのですが、高すぎで諦めかけていたのでAmazon.com様様です。

そして購入

echoMAP Plus 74sv。

CV51買ってるじゃん。
つーか、echoMAP Plus 74svって何さ。
ってことだと思うんですが、結局悩みに悩んでechoMAP Plus 74sv + CV51M-TM という組み合わせになりました。

なぜCV51なのか

GTとCVの見え方の比較動画が結構あがってますね。
GTを正とするならばCVの性能は、根魚狙いの方には厳しいのかもしれません。
という話を読んだのですが、正直その差の影響がよくわかりませんでした。
200m先のくぼみをピンポイントで狙ってジグを落とす腕があればこだわるのでしょうが、GT52からならどれ使ってもあまり変わらないのではないかと。もともと200mがまともに写ってないので。
実際使ってみて駄目ならGT41買い直そうと。

なぜechoMAP Plus 74svなのか

中身。

そもそも、現在のStrikerに接続する振動子を探していたので、単体で売ってないCV51って選択肢としてなかったんですよね。
魚探とのバンドルでしか取り扱ってないと。
現在仕様中のStriker Plus 7svで困ってないので、魚探の買い替えにも興味ないなと。
一応価格だけチェックしてみるか。
echoMAP Plus 74sv + CV51 で\$899.99ってことは9〜10万円くらいか。日本の半分だな。すげー安いな。
とは思ったのですが予算8万円を越えてます。とりあえず、ブックマーク的にechoMAPとGT41をカートにいれましたが、やっぱりGT41のみでの購入が最有力だなとなってました。
それから間2日ほど他の振動子と悩みに悩んで購入の日。
カートにいれたGT41を見ます。そこに表示されたのは、カートの中のechoMAPの価格が変わったよというお知らせ。
いくらだったんだっけ?と開いてみると、なんと\$629.90になってる。送料入れても8万円以内で買える。
この値段でechoMAP Plusが手に入るとなるとちょっと話は変わる。録画機能使ってみたかったし。
Striker+GT52を売れば実質相当安いぞこれ。半分回収出来れば嫁も文句言わないだろう。まぁ私の貯金なので文句言われても困るのだが。
まぁ使い物にならなかったらすぐ売ってGT41にすればいいや。勉強代だと思えば、国内版で失敗するよりもかなり軽傷にですむしな。
という判断を瞬時に下し購入したわけです。結局衝動買いということになるのでしょうか。
ちなみに英語はAppleとかMacBookくらいしかわかりませんが、Striker使ってたのでなんとかなるんじゃないでしょうか。
スマホで翻訳しながら使うか、最悪魚探を使わなければ済む話なので。本末転倒。

echoMAP の末尾の数字の謎

echoMAPの74svって、国内流通が75svなので、一つ前のモデルなんだと思ってました。
在庫処分だから米Amazonは安いんだなと。
性能差を調べたのに全然出てこない。なんでだろうと不思議でした。
それもそのはずで、Garmin魚探の数字にはこういう意味があるようでした。

  • x2: 簡易世界地図
  • x3: 北米の湖の地図に対応
  • x4: 北米の海岸線入に対応
  • x5: 各国の湖、海岸線に対応

ということらしいです。
74の場合は画面が7インチで北米の海岸線に対応しているよということみたいですね。型落ちということではなかった。
日本版の75の場合ですが、日本語が選択できるのは日本版のみなので、他国で販売しているx5を購入しても日本語は利用出来ないようです。
日本版は一部メニューの位置が違うとかいう話しもあるので、文字数などで表示上問題あるところはUI調整してたりするのかもしれませんね。
その対応が大変なので値段が倍以上になってると思いたいです。多分そうでしょう。

鰐口クリップをつけて電源が入るのを確認

電源ケーブル。

他の魚探も同じなのかわからないのですが、echoMapやStrikerは購入からすぐ電源に接続できるわけではなく、バッテリーにあわせた加工が必要です。
私の場合はバッテリーはこれを利用しています。

クリップで挟むタイプなので、用意した鰐口クリップをはんだ付けします。
安全で、はずれなければなんでもいいとは思います。
接続後電源が入るのを確認します。

電源入った。

問題ないようです。

軽く触ってみた感想

屋内で起動しただけなので振動子の確認はまだなのですが、とりあえずStrikerを一年使っていたので、いきなり触ってみることは出来ました。
ファーストタッチの感想ですが

  • タッチパネルが軽快でいい。
    • カヤック上で画面や手が濡れた時動くのか心配。
  • Wi-fi経由でソフトウェアアップデートが出来て安心。
    • 持っているStrikerにはなかったので。といっても特に不具合はなかったですが。
  • 地図が表示されて海岸線が表示されているのがいい。
    • Strikerは地図表示無し。
    • 別途購入した地図をいれてみたところ、漁礁や定置網なども表示されたので、現在位置がさらに把握しやすくなりました。
  • 画面キャプチャが出来る。
    • blogに書く時のネタになりそうで助かる。
  • ウィンドウ分割後に各ウィンドウのサイズを自由に変えれる。
    • Strikerで唯一不満だったのがリサイズ出来ないところ。
    • 現在位置がなんとなくわかればいいくらいのサイズで地図を表示して、あとは魚探をよく見えるサイズで表示なんてのを望んでました。
  • 英語は特に問題ならなそう
    • 専門用語が一部わからなかったですが、とりあえずは理解しなくても問題なく使えそうです。
    • とはいえ、日本語版を使ったことがないと戸惑うかもしれません。
  • ウィンドウタップでフルスクリーンになるのが最高。
    • 触るだけで気軽に切り替えれるのは、すごい便利だと思います。

ざっとこんな感じですかね。
あとは週末実際にホームサーフで確認してみて、そのまま使うかどうするか考えようと思います。

以上です。

© 2019 磁力式駆動 All Rights Reserved.
Theme by hiero