恵方呑みなるものがあるらしい話

今朝は雪降ってましたが、明日はひさぶりに10℃を越しそう。何某です。

おそらく釣りにいけるはず。

我が家の焼酎。

恵方巻きならぬ恵方呑み

この数年この時期は恵方巻きの話題で持ちきりですね。
いつの間にか伝統行事とされた恵方巻き。
今年もやってるな。そんだけ熱いバトルが出来るなら日本はまだまだ元気があるね、とネットを見ていると、恵方呑みなるものが出てきた。

旧暦において年の変わり目であったこの季節に、旧年の厄を払い、新たな年に幸福がもたらされることを願って節分の行事は行われてきました。恵方は、陰陽道において福徳を司る神である歳徳神の在する方角を指し、その方角に向かって事を行えば万事吉とされると言われています。今日、節分に恵方巻きなど、恵方の方角に向かって新たな節の福を願う行事が行われています。この節分の日に、恵方の方角に向かって日本酒を呑みながら、新たな節の福を呼びこみ、願いを叶えてみよう、というのが「恵方呑み」です。

そんなことしなくても呑んだら毎晩幸福。なんなら休日は朝から多幸感。

恵方巻きの歴史すら怪しいところなのに、便乗して日本酒を売ろうって感じなのかな。
明記はしてないけど、日本にはそういう風習があるんですよ。恵方呑みしないなんて非国民ですよ。さぁ日本酒買って恵方向いてイッキ飲みして。って感じでしょうか。

もはや日本酒ですらない。

最近日本史がころころ変わってるらしいというニュースを見て思うのは、こんだけ文明が発達した時代の事件ですら謎の部分が多いのに、大昔の事なんか本当かどうかなんて誰もわからんよなぁという。
逆に言えば、この歴史なんてどうとでも書き換えれるよねと。
日本では節分の日にカステラを恵方に向かって食べてたんですよとか。先に牛乳を恵方飲みすれば、酒呑んでも胃に優しいですよとか。
なんでもできそう。
売りたいものを用意して

「知っていましたか?節分の日には恵方を向いて○○する風習があります。」

似たような話で、マナーとかあったりして。
マナーって言ったもの勝ちだなと。
なんか最近これ流行ってるのかよく見るな、とか思うものの食べ方とかのマナーとか急に語りはじめるのを見たり。
いつからそのマナーあったんだろうと。もしかしてあなたが作ったマナーを紹介してるだけなんじゃないだろうか。という風にも見える。
場所でマナー変わったりするので、なんか適当だなと思ったり。

場所で変わるといえば、その昔葬式に行きまして。そこで、ものすごい揉めてる人たちがいる。
どうやらその土地では葬式に紅白まんじゅうを出すのだとか。で、それを知らない他の地域の方も当然来る。
なんで紅白なんだ。人が死んでるんだぞ。
となるわけですね。
とはいえ、その土地ではそれを食べながら故人を偲ぶというのが習わしなので、当然揉めるわけです。

うちの祖父が無くなった時に、すぐ葬儀屋から父に連絡が来たらしい。
さぁこういう段取りでやりますから急いでくださいねと。ちょっと待って欲しい。やるのはやるが、見積もりとか出してほしいと。
で、渋々、うちはこのくらいの内容で、この金額でやらしてもらってると、花のグレードどうしますか?さげますか?
急いで、知り合いの葬儀屋に見積もりとってみたところ、ちょっと安くなったので、知り合いに頼んだと。
葬式も恵方巻きやマナーみたいに、お前やってんな感がある。

祖母の葬式には、お経読み始めた坊主が

「腰が痛いので今日はもうやめます。」

ってお経を途中でやめてた。さじ加減でいけるものなのかそこは。
戒名とかもな。

世の中って結構適当に動いてるんだなぁ。というか人を騙しきった人が勝ち組になる世の中なのかなぁ。と思いました。

今年の恵方は「南南東」になります。

以上です。

Striker Plus 7sv という魚探を購入した話

世間の方々は口を開けばレインメーカー、レインメーカー言ってますね。どうも何某です。

ひさぶりに週プロ読んでみたら全く知らない世界になっていたので、とりあえず外国人レスラーはスティーブ・ウィリアムスとジョニー・エースに脳内変換して読み進めてます。
ちなみに、新崎人生かな?と思ったら秋山でした。

ハイスペックな魚探届きました

先月に注文していた魚探が届きました。日本での発売は1月中旬とかいう話だったので、ほぼ予定通りというところでしょうか。

とりあえず失敗したのが、電源が電池とかアダプターとかではなく、バッテリーから取る方式なのでまだ動作確認が出来てません。
私が購入したバッテリーと接続しようとすると、ケーブルを加工してワニグチクリップとかで接続する必要があります。今日買って帰ります。

なぜGarminにしたのか

サイコンもパワーメーターも時計もガーミンなんですね。Garmin connectで一元管理したほうが楽だから。というのが前提にはあるのですが、魚探はちょっと質が違うので、別にメーカーを揃える必要もないわけです。
他の選択肢というとHONDEXくらいでしょうか。まぁ他にもメーカーはもちろんあるんですが、とりあえず釣具屋行くとHONDEXしかない。探見丸は子機なので、もちろんSUPフィッシングでは使えない。
SUPフィッシングで装備関係のことを書いてる人ってそんないないので、カヤックのblogを参考にすることが多いのですが、大体HONDEXですね。安いし。機能的に申し分ない。
SUPでもHONDEX利用してる人をたまに見たりします。魚探とにらめっこしてポイント探して釣果出してるようです。
となると、ますますこんな高い魚探買うなんてって話なんですが、やっぱりQuickdrawに惹かれます。

Garmin Quickdraw Contours とは

今ではほぼ全ての水域に対して、1フィート(30cm)刻みの等深線で画面上でHDマップをすぐに作成することができます。送信したら待つ必要はありません - 結果は対応するガーミンチャートプロッタの画面に即座に表示されます。さらに重要なのは、これらのマップがあなたに属していることです。望むならばマップを共有したり、ご自身のために保管してください。それはあなたの地図です

GPS付きは便利でも高い

去年一年釣海図を導入して思ったのは、GPSって超便利という事です。山立が出来ないこともないですが、ポイント移動する時にGPSがあるとものすごい楽。自分のポイント記憶しておいて、そこに案内してもらう。楽。
ただ、スマホの電池の減りが早い。結局モバイルバッテリーをSUPの上に置いてやるわけです。これが結構面倒。海水やら塩でケーブルがすぐダメになっちゃいます。塩ですぐ画面タッチ効かなくなるし、落としたら困るからあまり必要時以外出したくない。なんにせよ、スマホと魚探並べて置くとごちゃごちゃするんです。
なので一つにまとめたいなと思ってました。ちゃんとしたい魚探も欲しい。
で、GPSが搭載の魚探を探すわけですが、そんな選択肢ないですね。結局は金出せばって話になります。
Garminが安いし高性能、革命だって言われてますが、も結局振動子含めると20万とか行くんですね。個人輸入でもそんな値段変わらないし。
というわけで、直前までの候補は以下になってました。

Garmin Echomap 75sv

HONDEX PS-611CN

PS-611CNは振動子込みなので相当安い。全ての要件を満たしてます。無理して振動子別のGarmin買う必要もない。一人でSUPフィッシングやる私にとってはGarminはオーバースペック。よしHONDEXにしよう。
決まりです。

サイドビューって凄くない?

75svと611CN何が違うと言えば、めちゃくちゃ綺麗なクリアビューもでしょうが、サイドビューが75svに付いてることでしょうね。振動子次第っぽいですが。
まぁ、凄い。

611CN買った後、この機能欲しくなっちゃうんじゃないの?群れ見つけやすくなって、ナブラ撃ちとか楽に出来ちゃうんじゃないの?など色々考えて再び悩みます。
ただ、高い。全部コミコミで20万くらいは行きそう。さすがにそこまでは出せない。

Striker Plus という選択

昨年末にGarminの廉価版魚探であるストライカーの7svに最新機種が出てるとの情報を知りました。

業界トップのソナーとQuickdraw Contours地図作成ソフトウェアを備えた7インチGPS魚群探知機

Quickdrawがついてる。しかも5万円程度の価格なのでサイドビューがいける振動子含めても10万くらいでいけます。
これはいいと米Amazonでさっそく見てみると、あまり日本と価格が変わらない。届く日数も国内版の発売と同じくらいに結局なってしまうので、保証とかも考え、日本語対応している国内版を購入することにしました。

で、その後問題が。なんとなく米Amazonを見てみると、向こうで販売している仕様はWi-fiがついてるっぽい。どうやら日本版ではその機能なくなってるんですね。どういうことなんでしょうか。ソフトウェアのアップデートとかどうやってやるんだろう。
カーナビみたいに本体ごと送るとかでしょうか。国内版購入は失敗したかな。。。

ということで、思うところはありますが、無事手元には届きました。が、冒頭に書いたようにバッテリーへの接続に一加工いるので、動作確認はまた次回です。

以上です。

としまえんでフライフィッシングをしてみた話。

雪の準備をしてない地域に雪が降ると大変。どうも何某です。

雪降る予報がずっと出ていたのに、ノーマルタイヤで出かけて立ち往生していた人はどういうつもりだったんだろうか。

ちょっと大きめの虹

冬の野外プールは凍らない

上京して初めての冬。家の周辺を散歩しているとプールでフライロッドを振っている人が見えた。何事だろうかと覗いてみると、シーズンオフの野外プールは釣り堀として運営しているらしい。
『関東のプールは凍らないんだ。。。』
冬が釣り堀になるということよりも、こちらの衝撃が強かったのを覚えている。
その後、有名なとしまえんでも冬期は管釣りになることを知り、さらには練馬サーモン、イトウが釣れるという話を聞きいつかは行ってみたいと思っていた。
行こうと思えばいつでもいける状態ではあるが、なかなか行くのが難しい。何故と聞かれても、なんだか面倒くさい。くらいしか思いつかない。
そんなのが10数年続いたが、どうにもフライがしたくなり、友人と嫁と行くことになった。
正直大物釣りなどどうでもよく、最近ミッジほどだが、釣りに興味を持った嫁がフライをやってるところを見たいのほうが強い。
さすがに渓流に同伴は厳しいだろうが、管釣りなら楽しくやってくれるのではと。

としまえんへ

前夜の赤羽が牙を剥く。酷い二日酔いの二人が豊島園へ到着。
友人と合流後、受付へ。どうやら遊園地とは別の入り口らしい。
嫁が飽きるのではという懸念があったが、6時間券を友人の勧めで購入。女性は多少安くなるようだ。
6時間券だと20匹持ち帰れるらしいと友人は意気込む。晩酌の肴にしばらく困らないなと。
友人は一目散にミシガンエリアに向かう。
ミシガンエリアに練馬サーモンは数多くいるようだが、私のタックルと技術では、ポイントのプールの奥まで届かないだろう。
友人はルアーなのでそのままそこでやるとのこと。
私達は一度全体を見て歩いた後、フライエリアに向かうことにした。

思ったより狭い

アマゾンエリアという流れるプールを見てみると、あまりに幅が狭い。そしてルアーの方々がなかなかの人数いるため斜めにキャスト出来ない様子で目の前に投げている。
手で投げたほうが楽なんじゃないかという距離だ。正直あまり面白くは無さそうだ。とはいえ管釣り。禁漁期に魚の手応えが忘れられない人が来てるのだろうから、釣れたら満足なのだろう。
ところで、フライエリアは何処だろうと歩いていると、遥か奥。一番遠い位置にテンカラ、フライ専用エリアが小さくあった。
11時頃なのに私達以外誰もいない。貸し切り状態だ。

幸先良く1匹

嫁の道具を用意する。その間に飲み物を買ってくると嫁。
フライはカレイの仕掛けで装飾する丸い玉に針を通しただけのエッグっぽいやつ。インジケータをつけて試しに投げてみる。
キャストもいらない。上げて降ろすだけなので、初めてのフライにはちょうどいいだろう。
底に着いたか着かないかくらいのタイミングでインジケータが消し込んだ。さすが管釣り。適当なフライでもこの通りである。
これは釣る楽しさよりも、釣りすぎて飽きちゃうパターンだな。などと思いながら取り込む。
キープに問題ないサイズだが、これから沢山釣れるだろうからリリースしておこう。

耐える2時間

嫁にやり方を教える。スジがいいのではないだろうか。私はキャスティングが下手なので、コレを機に二人でキャスティング教室にでも通おうかなどと妄想する。
妄想せざるを得ない。なぜなら最初の1匹以降2時間ほど何もないのだ。
いろいろ試す。とはいってもトラウトガムくらいしか巻いてない。色を変えて引き方を変えてくらいだ。
オリーブに色を変えてみるとアタリが出てきた。しかし乗らない。かなりシビアな釣りだ。
ゆっくり動きをつけて引いた後、止めたタイミングで食ってくる。手元に来るアタリではなく、ラインが少し動く程度。スッとラインが伸びるのを確認しアワせる。やっと乗った。嫁が慌ててタモを用意する。悪くないサイズだ。
とりあえず釣れるところを見せれて胸を撫で下ろす。

嫁が釣る

少し寒くなり腹も減った。売店でカップ麺を2つ購入し戻る。フライエリアまでは遠い。
遠くにいる嫁の竿が大きく弧を描く。釣れている。ただ、どうしていいかわからない様子。あたふたしながら左に右にステップを踏んでいる。
せっかくなので取り込ませたいと走った。カレーヌードルが蓋の間から漏れ手にかかる。熱い。なんてことだ、こんなことがあっていいのだろうか。
急がなければいけない、だが、急ぐことが出来ない。何も強要したくないが、君の助けが必要だ。海外ドラマよろしくな状況。手がカレー臭い。
私が走れない状況を理解した嫁は、意を決して足を大きく広げ踏ん張り、魚を抜き上げた。大きく宙を舞うニジマス。地面に叩きつけられるニジマス。手がカレー臭い。
どうやら放置していたところ、いつの間にか食っていたらしい。無我夢中だったからやり取りはよく覚えてないとのこと。
嫁にフライで釣らせるという目標も達成して、再度胸を撫で下ろした。

キープサイズの虹。

としまえんの洗礼をくらう

少し疲れたと嫁は飲み物を買いに行く。いつの間にかいたテンカラの方々2人。私は休憩がてらフライを変えようと離れたところにいた。
ルアーロッドを持った人がスッと私がいた場所に入りキャストしはじめた。
おや?ここはテンカラ、フライ専用エリアでは?と思ったが、初めて来た場所なので、時間で変わるとかあるのかもしれない。スマホで調べてみる。そういうルールは無いようだ。テンカラの人も訝しげに見ているが注意はしないようだ。トラブルは避けたい。
離れた下流側に私が入る。流石にルアーとフライがエリアが別れているのは知っているだろうし、フライをこちらが投げたら気づいて帰るだろうと思っていた。
十分距離をとって、私の目の前にフライを投げると、そこにクロスしてスプーンが飛んできた。なんだこれは。この管釣りにしては結構距を取っている。ルール守ってる側が譲歩しているのだ。
今度は私の足元にフライを落とすとまたクロスして投げてきた。あきらかにワザとやってるのである。
無益な争いは避けたい。聞こえるほどの舌打ちをし軽く睨む。その状態を把握しながら再度こちらに投げてきた。マジかこいつ。完全にケンカを売ってきている。
嫁が返ってくる前にこいつをなんとかしないといけない。私が争っているなどは一番嫌うのである。

『どういうつもり?』
「はい?」
『ここテンカラフライ専用エリアなんだけど。どういうつもり?』

すると彼は口元を歪ませて

「あぁそうだったんですか、それは知りませんでした。」

ニヤニヤしながら荷持を持って戻っていく。その顔は知っててやっている。間違いない。言われなければしてやったりというところだが、あぁ言われちゃいましたね、本日は退散退散。というところか。
ケンカ売った相手に安易に背中向けるとは。いよいよ思考を疑う。
もし私がすぐ暴力を振るうような粗暴な人だったらどうするのだろう。煽りに煽ってるのだから、後ろから真冬のプールに蹴り落とされる可能性など十分あるのだ。
可能であれば、両目頭にトレブルフックを刺して肉がちぎれるかどうかのスピードで早巻きしたいところだが、それをやるとこちらが悪いとされる。バーブレスでもだ。悩ましい。お言葉ですが大統領、私に仕事をさせてください。
せめてニッパーで指先から徐々にパーミングできなくなるくらい指を切り詰めていくくらい許して欲しい。
こういう、リスクが無いからやったもの勝ちの精神で来る奴を制裁する手段は無いのだろうか。怒りのやり場がない。

時合がくる

心が落ち着きを取り戻した頃、手元にわかるアタリが連発する。嫁もアタリが理解できてるようだ。しかし乗らない。
丁寧にやってやっと乗り3匹追加。嫁はうまく合わせられず。
しかし10分と持たずまた静かになってしまった。
そうこうしているうちに暗くなりはじめ、初としまえんは納竿となった。

練馬サーモンを狙っていた友人は小さいニジ1匹をリリースのみ。我々は7匹釣って最終的に4匹キープした。
持って帰るか嫁に聞いたところ、なんかプールにいたのは食べる気がしないという理由で友人にプレゼントすることに。

としまえんを終えて

やっぱり思い切りキャストが出来ないのと、思ったほど釣れないせいか、全体的に楽しそうにやってる感じは無い。盛り上がってるのは餌釣りのみ。適度に釣れて家族連れには最高だと思われる。
人が多いため、釣りする場所が限られるので、マナーが悪い人がいると一日台無しになりそうな感じもある。
まぁ爆釣してたとしても、今後行くことは無いだろうなと思いがら、池袋の呑み屋で仕切り直しをした。

© 2018 磁力式駆動 All Rights Reserved.
Theme by hiero