ChangeLogを使ってみたらエラーがでた

普段使うこともなかったChangeLogなんですが、ちょっとしたスクリプトを書く機会があったので更新履歴に使ってみました。

更新履歴やらメモやらTODOやらを簡単に書ける機能がvimにはあるみたいです。

結構便利。

環境

  • OS: Mac OSX Lion
  • Vim: Macvim 7.3

ChangeLogファイルを用意する

vimにはchangelog.vimというのがあらかじめ組み込まれてるみたいなので、ファイルさえ作ってあげれば特に何もしないで利用できるとのこと。

ChangeLogとして認識されるファイル名はこんな感じ。

  • ChangeLog
  • Changelog
  • changeLog
  • changelog

もう少し細かいネーミングルールがあるみたいですが、個人的にはそんなにガッツリ使う機能でもないのでこれくらいあれば十分です。

ひとまずChangeLogというファイル名で作ります。

Terminal
1
$ vim ChangeLog

対応したファイルを開いたらChangeLogの項目を自動で追加してくれる¥oのキーを叩きます。

ちなみにMacもLinuxも共通です。

本来なら¥oとした時点で、ChangeLogの項目が自動で追加になるはずですが、以下のエラーが表示されてしまいました。

ChangeLog
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
function <SNR>77_new_changelog_entry の処理中にエラーが検出されました:
7:
E121: 未定義の変数です: g:changelog_username
E116: 関数の無効な引数です: s:substitute_items(g:changelog_date_entry_search, date, g:changelog_username)
E15: 無効な式です: s:substitute_items(g:changelog_date_entry_search, date, g:changelog_username)
9:
E121: 未定義の変数です: search
E116: 関数の無効な引数です: search(search) > 0
E15: 無効な式です: search(search) > 0
続けるにはENTERを押すかコマンドを入力してください

未定義の変数です: g:changelog_usernameエラーの対応

g:changelog_usernameが未定義の模様とのことなので、.vimrcに以下の設定を追記します。

.vimrc
1
2
3
4
5
"---------------------------------------------------------------------
" ChangeLogの設定
"---------------------------------------------------------------------
let g:changelog_username="nanigashi <nanigahi@xxxxxxx.xx>"
let g:changelog_dateformat="%Y-%m-%d (%a)"

これで¥oを叩くとこのように自動で項目が入ります。

細かいルールとかあまりなさそうなので、箇条書きで簡潔に書くようにしていこうかと思います。

以上です。

© 2018 磁力式駆動 All Rights Reserved.
Theme by hiero