【注意】SUP、カヤックフィッシングする方へ

定置網内へ入る、係留する、仕掛けを引っ掛けるなどが多くなっており、漁師さんとのトラブルが増加してるようです。

SUP、カヤックを排除しようとする動きもあるため、定置網へは近づかないようお願いします。

Avetデビューでそこそこ釣った話。

乗合でキンメジギングに行く予定だったのですが、ピンポイントで予約日のみ時化で出船中止になってしまいました。どうも何某です。こんにちは。

有給使っていたので、早目に切り替えてタチウオジギングでも行けばよかったと後悔しております。
新しいリールを見ながら酒飲んで寝る一日でした。

Avet JX 6/3 MC

早く寝たいのに

翌日の準備を終えて寝室に入ると、私の場所に酔っ払った嫁が寝ている。
注意をしようと声を出すのをためらった。
趣味の睡眠を邪魔された嫁が、私に暴行するのではとの考えがよぎったからだ。
インタビューを受ける大和田伸也氏の姿がフラッシュバックする。
これは、令和のオヤジ狩りだ。
恐る恐る指先で横腹を突く。クルンと自分の場所に向かって一回転した。
もう一度突く。
クルン。
もう一度。
クルン。
定位置に収まった嫁を確認し、急いで布団に潜り込み就寝した。

Avet本格投入

6時前くらいにホームサーフへ着くと、顔見知りの方々が準備していた。
寒くなったからか、人は多くはない。
私も準備を終え沖へ出る。
今日はのんびり青物でも狙いながら、沖へ出る潮に乗って中深場に向かう予定だ。
今回から、先日届いた Avet JX 6/3 MC を本格投入。キンメジギング用に購入したがカヤックでの使い勝手はどうだろうか。
アメリカからはるばる届いた、2スピード、レバードラグなうえ、キャスティングまでできるという、スペックはまさにリール界の黒船。そのうえ安い。
「ポイしないでください。」
そんなキャッチフレーズのリールだが、いやいや、一生使えるリールの予感がする。

リールの使い心地が良い

Xesta スローエモーションフレア 150g をスローピッチでシャクる。
レバードラグの調子が良い。2スピードの影響なのか、ハンドルの遊びが若干気になるが、ローギアの巻きやすさは最高だ。驚くほど軽い。ハイギアも数回落とすと楽になった。
水深70m付近。ふと、魚探を見ると20m以深が真っ赤に染まる。よほどの魚群がいるようだ。
スローピッチで底から10mほど誘うがアタリは無い。
落とし直し、速めのワンピッチからタダ巻きを入れた直後に、ドスンと竿先が海面に刺さった。
かなり引く。イナダだろうか。期待値が高まる。
ローギアにして楽々巻き上げようと思ったが、巻き上げ量が少ないためか、ラインテンションが抜けやすい。
ワンタッチでハイギアに切り替えられるのは素晴らしい。慌てずハイギアに切り替え、テンションを感じながらテンポよく巻き上げる。

マアジ。

大きなアジが上がってきた。
これは刺身となめろう作ってもさらに余るな。そんな事を考えながら、急いでジグを再投入する。
がしかし、着底前に群れはいなくなっていた。

ひさぶりのサバ

水深150mくらいをスローピッチで誘う。
フォールで糸フケが出る。魚探に反応が無いが何かが食ってきたようだ。
暴れ具合を確認すると、どうやらサバっぽい。

マサバ。

いいサイズだ。背びれを確認すると、どうやらマサバのようだ。
脂が乗ってそうな張りのある魚体に、思わず唾液が緊急放流される。
急いで丁寧に血抜きをし、クーラーにしまった。

まさかの水深で

水深170mほどで、下から20mをスローピッチで誘う。
ジグはXesta スローエモーションフレア 200g に替えた。
一旦落とし直そうと、高速巻きからの、気まぐれでワンピッチを入れたとたんに、竿先がゴンゴンゴンと勢いよく叩かれた。
ハイピッチでのバイトは気持ちがいい。この水深であの速さで食ってきたのであれば、もしかするとワラサではないだろうか。
ところが、思ったほど引かない。定期的に叩くのみである。
まさかな。あの速さで食うとかあるのだろうか。
残り80m。疑惑が、確信に変わる。全く叩かなくなったのだ。

クロムツ。

やはりクロムツ。実際はムツっぽいが、鱗を数えるのが面倒なので、クロムツとした。ムツの通称もクロムツなので間違いではない。
しかし、あんな釣れ方があるのだな。青物狙いでクロムツが釣れるとは。
これだからジギングはやめられない。

時合終了

魚探のサイドビューを見ると、右側に魚影っぽいのが確認出来る。
なんだろうかと見ると、潮目が出来ていた。ゴミだろうか。試しにマイクロジグを投げてみる。
高速でタダ巻きすると、ギーっといきなりドラグが鳴った。
サワラだろうかと注意深く巻くと、トンッと真上にジャンプする魚体が。ペンペンだ。

ぺんぺん 1。

取り込み撮影だけしてリリースする。
12月。こんな時期にシイラが釣れるのか。水温計は20.5℃。まだまだ暖かいようだ。
とはいえ、ペンペンを釣ってもしょうがないので、再度ジグを落とす。
すると、着底直後すぐ微妙なアタリがある。
回収するとシロムツがついていた。

シロムツ。

刺身盛り合わせでも作ろうとキープする。
血抜きをしていると、30cmほどだろうか。小さなペンペンが3匹、勢いよくジャンプしながら逃げている。何かに追われているらしい。
何に追われているのか。シイラは共食いするとも聞く。もしかすると、相当な大きさのシイラが追っているのでは。
カヤックの回りを2週しようかとしたタイミングで、マイクロジグを投げ、通すと、ロッドが満月にしなった。

『ほしっ。』

「よしっ」と言いたかった。
全く声を出していなかったので、思わず出た声が変な感じになる。
誰にも聞かれてないのを願いながら巻いてくると、勢いよくジャンプした魚体が見えた。
ペンペンだった。
先程よりも小さいかもしれない。

ぺんぺん 2。

これを機に、中深場、ペンペンすらも一切反応がなくなった。

カワハギを狙ってみる

全くうんともすんとも言わないので、浅場に戻りカワハギを狙うことに。
シーアンカーで緩めに流しながらやるが、アタリが一切ない。
試しにマイクロジグを投げてみると、軽いアタリがある。
なんだこれは、トラギスではないようだ。

エソ。

よくよく見ると、小さなエソだった。
食べるところがないのでリリースする。
再びカワハギを狙いながら流すと、金属的なアタリが。
水面に見えたのは、ワッペンサイズの小さなカワハギ。
肝も無さそうだし、釣ってもリリースかな。などと考えながら処理していると、バラしてしまう。
その後は、餌が無くなるまで続けるもアタリもなく、納竿とした。

半年で3回

道具を洗い寝室へ向かう。
私のベッドで謎の形で寝ている嫁。おそらく一度起きて水を飲んだとかした後、ベッドに戻り倒れ込んだまま寝たのだろう。
注意をしようと声を出すのをためらった。
かの大和田氏は、半年で3回もオヤジ狩りにあったのだという。
インタビューを受ける大和田伸也氏の姿がフラッシュバックする。
恐る恐る指先で横腹を突く。一拍置いて「むっ。」の声とともに、モゾモゾと寝る体制を整えに入る。

「起きる。起きます。。。」

しっかり布団に入り直して、何言ってんだこいつは。

『今日は結構釣れたよ。アジも大きいよ。』

と、声をかけたところ

「アジっ!おーっ!やったね!起きたら大葉を買いに行こうよ。なめろうを食べすぅ。。。」

大好物のアジに一気にあがったテンションは、話終えるまで持たないようで、また寝てしまった。
睡眠障害なんじゃないのか。
そんな不安を抱えながら、私は魚の下処理をはじめた。

タイドグラフ

タイドグラフ。

【注意】SUP、カヤックフィッシングする方へ

定置網内へ入る、係留する、仕掛けを引っ掛けるなどが多くなっており、漁師さんとのトラブルが増加してるようです。

SUP、カヤックを排除しようとする動きもあるため、定置網へは近づかないようお願いします。

ホームでカワハギが釣れることを証明した話。

我慢できずに船宿に電話いれてしまいました。どうも何某です。こんにちは。

あ、そうそう。
1200gのジグをお守りとして欲しいなと思い探し回っているのですが、全然見かけないですね。
需要無いんでしょうか。

朝。

汗だくで起きる

やってしまった。昨夜飲みすぎたのだ。
身動きせず記憶の迷路をさまよう。
嫁と焼鳥屋に行き、質の悪いサワーを何杯か飲んだ後、別の居酒屋で瓶ビールを飲んだ。
20時には寝た記憶がある。リビングで缶ビールを開ける嫁に、先に寝室行って暖めておくよと言ってから記憶がない。
一体、今は何時だろう。
嫁に知られるわけにはいかない。完全に下着、シーツが濡れている。
プレイ外での失禁はダメ人間のすることだ。
思いきって手を動かすと、グッショリと濡れているのがわかる。
布団を静かにめくり、ゆっくりと身体を起こしベッドを見ると嫁がいない。
今のうち。急いで布団をめくると、シーツに人型のシミが出来ていた。
まさか、膀胱から逆流して全身から放尿を。とも考えたが、どうやら違うらしい。
深呼吸して状況を確認する。異様に寝室が暑い。
寝汗か。
エアコンは。
30℃に設定してあった。
時計を見ると5時。9時間エアコンつけっぱなしだったのだ。これは危険だ。
リビングに行く。
ソファに寝汗をかいた嫁が寝ていた。
エアコンは。
30℃に設定してあった。
アンディ・フグよろしく、フグトルネードで尻を蹴り、『ハイヨー!シルバー!』の掛け声とともに嫁をベッドに向かわせる。
ドライスーツを着て外に出る。日は昇っているが寒いはず。その想定だったのだが、汗が止まらない。
昨日の今日なのに、気温が高いのだ。
調べると10℃あるらしい。これはまずい。着込んでいたものを脱ぎ捨てホームサーフへ向かう。

まな板みたいな

今日は穏やか。離岸して準備をする。今日はカワハギのみを狙うつもりだ。
冷凍アサリを解凍したりしていると、顔見知りの方が声をかけてきた。
情報交換後に根を探して移動する。
浅いところで魚探をかけたことが無いが、Garminの魚探のサイドビューとクリアビューを使うと、簡単に根が見つかった。ただ、大きくはない。
マーキングした根の上に来るようにアンカーをうつ。
家にあるメジナ用の集魚剤を持ってきた。そして、丁度いい硬さまで練る。これを胴突きの重りを包むように団子にして落とすのだ。
おそらく着底のタイミングで団子が外れているのだろう。その後は普通にカワハギを誘う。
集魚剤に魚が集まってくるのがわかる。
2回ほど餌を確認してみるが、口に入れた形跡も無い。
再び落とし、ゆっくりと聞き合わせた刹那、カンカンカンとロッドを通して反応が伝わってきた。スッとあわせて巻き上げる。
がしかし、巻けない。おかしいなとドラグを締め10mほど巻いたところ、一気にラインが出ていった。
おぉ、なんだこれは。カワハギじゃないな。青物でも食ってしまったか。などと考えながら慎重にやり取りして寄せる。
水面まで上がってきた魚は、茶色くパンパンに太った何かだった。小さいエイだろうかと注意し見ると、30cmは余裕にあるカワハギだった。
なんという大きさだと興奮しながら抜き上げようとしたところ、ハリスが切れバラしてしまった。
まさかこんなところに、こんな立派なカワハギがいるとは。
気を取り直して再度仕掛けを落としてみる。落とした直後に再び金属的なアタリが伝わってきた。向こう合わせで巻いてくると、先程と同じくらいのカワハギが2枚ついている。
あまり引かなかったが、キャンプで使うような、洒落た木製のまな板みたいなのが一荷とは。興奮しながらタモを持つと、アンカーロープに引っかかってしまっている。
慌ててなんとかしようとしたが、カワハギは2匹ともハリから外れて泳いでいってしまっていた。
後悔しながらも、タモを使える状態にして再度落とす。叩きで誘った直後、アタリがありあわせる。
ラインは出ないが強烈な引きだ。叩きをいなしながら巻き上げタモにいれる。

肝小さい。

大きくサイズダウンしてしまった。しかも痩せ細っている。先程までのキモパンは何処に行ってしまったのか。

腰を据える根を見つける

風が出てきて上手く根にとどまることができなくなった。根が小さすぎるのだ。
アンカーをあげ根を探す。
起伏はあまりないが広範囲の根が見つかったので、アンカーを風上にうつ。
集魚剤を落としていくと、魚影が濃くなっていった。
餌が取られる。
乗ったと思うとキタマクラ。キタマクラが入れ食い、スレがかりしまくりである。
この界隈はキタマクラしかいないのでは。
そんなことを思いながらアワセをいれると、待望のカワハギの引き。よしよしと巻き上げると、30cm近い巨大なベラがあがってきた。
キタマクラのせいで、残りのアサリも替え針も少なくなった。丁寧に誘いをいれる。
叩きの直後、竿先がクンっと入る。すかさずアワセると金属的な引き。間違いない。カワハギだ。
サイズはそれほどでもないが、肝はほどほどに入っていた。
本日は2匹だけだが、夕飯にはなんとかなる。ここで納竿とした。

イマイチ。

やるならやらねば

帰宅後、嫁を起こそうと寝室に向かう。がしかし、嫁がいない。
よくよく見てみると、ベッドとベッドの間にすっぽりハマりながら寝ているようだ。
ズレたマットレスの隙間に、寝返りうって落ちてしまったのか。自らハマっているのか。
ナンチャンを探せだと、レベル50くらいだろうか。

『ナンチャーン。』

嫁あらため、南原を呼んでみる。
一拍置いて、嫁はベッドの隙間からモゾモゾと時間をかけて這い上がり、布団を整え、潜り込んだ。

「釣れたかい?」

身体を一度くねらし、寝床をしっくり馴染ませたあと、目を閉じながら口を開いた。

『カワハギが釣れたよ。』

「そうかい。カワハギは美味しい魚さあ。』

その後、寝言のように「やったじゃないか。」「刺身かい。肝醤油かい。」と、ボソボソと繰り返す嫁を見る。
こうやって寝ていられることが、平和ということなのであろう。
寝息をたてるのを確認した後、キッチンに向い、高級レトルトキーマカレーを手にとり、せめて食べ終わるまで平和が続きますようにと願った。

タイドグラフ

タイドグラフ

【注意】SUP、カヤックフィッシングする方へ

定置網内へ入る、係留する、仕掛けを引っ掛けるなどが多くなっており、漁師さんとのトラブルが増加してるようです。

SUP、カヤックを排除しようとする動きもあるため、定置網へは近づかないようお願いします。

ロコモーション・ドリームが夢になってしまった話。

寒くなったり暑くなったり、変な天気ですね。どうも何某です。こんにちは。

あ、そうそう。
先日、ひさぶりにドッキリの番組を見かけたのですが、ドッキリの定義めちゃくちゃになってませんかね。
転がってくるメロンを拾いに向かわせて、近づくとメロンが爆発って、ドッキリなんですかね?
突然、思いっきりぶん殴って、「ドッキリでしたー!!」って言うのも、それなら有りなのかなとか思ったり。
大川栄策の時代が懐かしいです。

朝。

師走を迎えます

トイレに貰ったカレンダーを貼ろうとすると

「こらこらこら。」

嫁に後ろから声をかけられる。
お、ラモス瑠偉だな。と思い

『日本人ならお茶漬けやろ。』

と、アンサーすると

「なにそれ。それはよくわかんないけど、トイレにカレンダー貼っちゃダメでしょ。」

『酒屋から貰った、謎の女性のカレンダーってトイレに貼るものだろ?』

ふに落ちない顔をしている嫁。
ははーん。
「にんげんだもの。みつを。」とか、「お前が舵を取れ。」だったり、「生きて生きて生きまくれ。」みたいな。
欲しているのはそういうやつだな、と思い

『じゃ、俺が空いてるスペースに書いてやるよ。』

また何かやり始めたぞ、という顔で嫁はこちらを見ている。

『下ネタで いじられている 母親は見たくない。』

「何?急に。」
『俺が考えた1月の格言だよ。ほら、めくると、ほらぁ。』

眉間にシワを寄せながら「捨てなさいよー。」と、嫁はリビングに行ってしまった。

極寒の朝

早朝5時。目覚ましより早く起き、リビングに向かう。
家の暖房をこれでもかとつけた状態で、ソファに寝ている嫁。
酒を飲みながら寝てしまったらしい。
佐竹雅昭よろしく、上段のフェイントからの中段蹴りで尻を蹴り、『カラヒー!』の掛け声とともに嫁をベッドに向かわせる。
コーヒーを飲み、冷凍庫から氷を持って外へ向かう。釣りの準備は前日終わらせてあるのだ。
やっぱりカレンダーと言えば、田村英里子だよなあ。
そんなことを思いながら、玄関のドアを開けた刹那、冷気の壁にぶち当たった。
思わず尻もちをついてしまう。
気温を調べると、あろうことか3℃なのだという。
なんてことだ、ドライスーツは車の中だ。
急いで車からドライスーツを取り出し、暖房で暖め着た。
ドライスーツを着れば余裕が出るもので、車でホームサーフへ向かう。
気温3℃の極寒だというのに、SUP、カヤックが多い。イカれてんじゃないのか。
自分を豪快に棚にあげ、準備をする。
波は穏やかに見えるが、うねりに力があるようだ。さらに斜めに入ってくるうねりも交じるので、少し面倒な離岸になりそうである。
小さい波のタイミングで乗り込もうとすると、横から来る引き波にカヤックが横を向かされてしまった。
慌てて引き返す。どうやら斜めに入ってくるうねりが、思ったより力強いようだ。
少しだけ波が高くなるが、素直に引き波が真っ直ぐ戻る位置に移動。
引き波を利用して、勢いよく波を割りながら沖に出た。

マイクロジギングというのをやってみる

嫁がやってみたいというので、最近話題のマイクロジギングのタックルを一式揃えた。
軽くキャスティングしてタダ巻きというお手軽さ。とはいえ釣れるらしい。
マイクロジギングとライトジギングの2本持つことになるので、嫁の釣りの幅も広がるだろう。
今日はそのロッドを試してみようと持ってきた。
水深20m付近で20gをキャストしてみる。特に問題はなさそうだ。
40gをキャストしてみても問題はない。これなら嫁でも扱いやすいだろう。
問題は、タダ巻きは私が飽きてしまうというところだ。
早々にジギングロッドに持ちかえてしまう。

何も反応せず

60mあたりから150m付近まで流しながらジグをシャクるが反応は無い。
一時に比べて釣船の数も少ない。この辺りのポイントも見切りをつけられたのだろうか。
スローピッチジャークに早巻きを入れたりしながらやってみるも、うんともすんとも言わないので、少し魚探を眺めてみることにした。
四方八方行ってみるも、何も映らない。魚探が壊れてるのではと疑う。
もうしょうがないと、等深線を新しく作ることにする。
本格的な冬に向けてポイントを開拓するつもりだ。
Xesta スローエモーションフレア 200gを落とす。
丁寧の底のほうを誘っていると、コンッココンとアタリが出た。
アワセるとグーッと竿先が曲がっていく。巻き始めると叩き始めた。
期待しながら20mほど巻いたところで、竿先がフワッと戻ってしまった。バレたようだ。
一応回収してみるも、ジグを落とした時と変化はない。
とはいえ、一投目からアタリが出たのでやる気が出る。
再度落とし、同じように誘っていると、フォールで糸ふけが出る。巻きアワセすると乗ったようだ。
慎重に巻き上げるが、これもすぐバレてしまった。
もしかするとイカだろうか。何にせよ姿が見れないのは残念である。

突然の高切れ

その後反応無く、REALS Spec-ZERO 240g を何も考えずにシャクっていると、水深20mあたりから50mあたりまで真っ赤になっている。
カヤックの真下に何かの魚群がいるらしい。
さらには、一向にその群れがいなくならない。この感じだと、ベイトが襲われているのだろうか。
200m以上回収するには間に合わないからと放置していると、フッと竿が軽くなった。
高切れだ。
新品のラインなのに高切れするとは。一体どこからと巻くと、25mほど先で切れていた。
真下の魚影はサワラではないだろうか。歯が当たって切れたのかもしれない。
あまりにも綺麗に切れている。非常に運が悪い。
お気に入りのジグだけでなく、新品のPEジガーを200m近く失ってしまった。非常に痛い。
リーダーを結び直して釣りをする気にもなれず、少し早いが納竿とした。

レベルあげ

帰宅し、玄関を開けると嫁が立っていた。
両腕を静かに振っている。

「今日の予定はなんだい。」

特に無いので家の掃除くらいだなと返すと

「1時間くらい歩こう。」と提案してきた。聞くに、ドラクエのレベルをあげなければいけないのだという。
徐々にテンションが上がってきたのか、鼻息荒く腕を振る嫁に、釣り道具片付けるまで待っててほしいと伝える。

「そういえば釣れたのかい。」

首を振ると、「そうかい。あぁ、そうかい。」と腕を前後に素早く振る。

「靴までもう選んであるからね。すぐ出れるよ。」

よほど、散歩を楽しみにしているのだなと、急いで片付けリビングに戻ると、嫁はソファーで完全に寝ていた。
時間があると、すぐ寝るなこいつは。
どうするのか問いかけると、嫁は目を閉じたまま手のひらを突出し、私に見せ

「ほっつ。すー、すー、すー。」

と、謎の言葉を発した後、再び寝てしまった。
どういう意味なのか。
謎の言葉が響く中、2人の午後が始まる。

タイドグラフ

タイドグラフ。

© 2019 磁力式駆動 All Rights Reserved.
Theme by hiero