【注意】SUP、カヤックフィッシングする方へ

定置網内へ入る、係留する、仕掛けを引っ掛けるなどが多くなっており、漁師さんとのトラブルが増加してるようです。

SUP、カヤックを排除しようとする動きもあるため、定置網へは近づかないようお願いします。

SUPからシイラを狙ってみた話。

今の時期はSUPしてから出社しようとすると、ちょうど波が高い時間に戻ってこないといけないのですね。どうも何某です。

というわけで今朝は華麗にに沈してしまいました。

あ、そうそう。私のホームサーフの浜から7、800mくらいですかね。
サメが数匹ウロウロしてましたので、皆さんご注意ください。
細長い2mくらいのですが、名前わからないですね。人に危害与えるやつじゃなければいいですが。

朝。

キャスティング練習に行く

今日は昼過ぎから、友人達とサウナの聖地にでも行こうと話していた。
ならばその前にと、新しく購入したシイラ用のタックル一式持って、夜明け前のホームサーフに行く。
キャリアにSUPを乗せて引っ張っていくお気軽スタイルなので、駐車場の心配はしなくてよい。
だが、そのせいで手動ポンプで空気をいれなくてはいけなくなり、準備に30分以上かかってしまった。
夜明けとともに出る予定がだいぶ遅れてしまった。
細かい波が続く面倒な日らしく、軽く波を被るがドライバッグにリールを入れているので問題ない。
無事沖へ出た。

立てない飲めない

まともにSUPで出るのはいつぶりだろうか。
さて潮目はどこかなとSUPに立ったところ、産まれたての子鹿のように、カタカタと下半身が震える。
荷物全てにリーシュをつけてはいるが、沈は面倒だ。
一旦諦めて、水分補給する事にする。
がしかし、ここで重大な事に気づく。ドリンクは冷凍庫の中だ。忘れたのだ。
完全なやらかし。今日も暑くなるぞ。

キャスト練習をする

座りと膝立ちでキャストしてみる。何度か投げるうちにとりあえずは投げれるようになった。
それほど飛ばなくてもなんとかなるだろう。要は狙ったとこに飛べばいいのだ。
ちょうどよく鳥の羽が浮いていたので、サイドキャストで狙ってみる。大きくそれる。
がしかし、目標に竿先を向けるような感じで投げれば、なんとなくいける気がする。
今度こそはと、慎重かつ大胆に振り抜く。

『入れーッ‼︎』

織部金次郎よろしく叫ぶと、ラピードが1m圏内に着水。グリーン上ならバックスピンするので問題ない。

潮目のポテンシャル

前にシイラを釣った時は、レンタルボートの係留用ブイ横を通したら釣れたみたいな感じだったはずだ。
しかし、ここには目立って障害物はない。
なのでここは潮目を探す。膝立ちで見ると、数百メートル先にはっきりとした潮目が見える。
少し遠いが確実そうだ。
優雅にパドリングしていくと、潮目で何かが追われているのが見えた。
潮目に届くかどうかで待ちきれず、ロッドを持ち全力でキャストする。

『行けーッ!飛べーッ!』

オリキンよろしく。
着水と同時にアクションを入れると、ギュンっと音がし、ロッドがしなった。
1投目から食った。ちょっと小さそうだが十分楽しめる引き。

ぺんぺん。

バーブレスなので即リリースする。
その後も小さい、いわゆるペンペンが投げるたび釣れる。

ぺんぺん。

同じような40cmほどばかりだが、それでも中には一瞬のされるような引きをするものもあり、腕がパンパンになる。

大きいのを狙ってみる

少しゆっくり引いてみる。どう反応するのだろうか。
すると、ペンペンの大群がルアーを追ってきた。
バイトしてくるようには見えない。
どうやらダイビングペンシルが潜った時にペンペンは食ってくるようだ。
体調と相談してみる。
水が無い状態では、帰る時間を引くと残り10分もないだろう。結構沖まで来てしまった。
あと数投だな。と、集中し、潜らないようにドッグウォークさせる。
ブランクを入れてもいいのであれば、バス歴30年、トップウォータープラッガー歴20年。
Dr.オリキンのテクニックが炸裂する。
ルアーから2mほど離れたところから、1mあるかないかのシイラがひったくるように飛んできた。
パリピのような声が思わず出る。
水柱があがった直後、沈んだルアーが浮かんでこない。
アワせてみると、ギュンとガイドが鳴りロッドが曲がる。
ドラグが軽く出る。今日一番の引きだ。
アドレナリンを出しながら巻いてくる。

ぺんぺん。

先程見えたシイラは何処へ行ったのか。結局サイズアップならず。

とはいえ、初日としては上出来だ。
やっと私の夏が始まった。

タイドグラフ

タイドグラフ。

【注意】SUP、カヤックフィッシングする方へ

定置網内へ入る、係留する、仕掛けを引っ掛けるなどが多くなっており、漁師さんとのトラブルが増加してるようです。

SUP、カヤックを排除しようとする動きもあるため、定置網へは近づかないようお願いします。

相模湾の怪魚と1時間以上格闘した話。

暑い日が続いて嫌ですね。どうも何某です。

今日のは結果から言うと、釣ったとしていいと思ってます。

遅く起きた朝。

運がいい

ダラダラと準備を始める。
仮眠のつもりが、しっかり睡眠を取ってしまった。
7時では駐車場の空きはないかなと思ったが、ちょうど一台だけ空きがあった。
運がいい。
これは今日は釣れちゃうかもな。などと思いながらカヤックを引っ張っていると、すれ違う釣り人が「暑くてやってらんねーよ。」と笑いながら話しかけてきた。
聞くと、カマスが食いきれないくらい釣れたので、満足して帰るらしい。
なるほど。だから駐車場に空きがあったのか。

何か大物がかかる

水深300m付近をクランキー290gを落とす。丁寧に誘うも反応は無い。
早くも相当な暑さだ。タオルを顔に巻いて照り返しを防ぐと、だいぶやわらいだ。
カヤックの周りでさざ波が立つ。何かがゆっくり小魚の後をつけているのだろうか。
届いたばかりのキャスティングタックル一式を、時間がないからと持ってこなかったが失敗だったかもしれない。
スパイファイブ220gに付け替えて、200m付近を流す。
ヒトシャクリめをゆっくり細かく刻む。底3m付近から大きくゆっくりワンピッチからのロングフォール。
3回目のロングフォールで、なんだか余計にテンションがかかってる気はした。
下げきったところから、一気に竿が曲がる。
『おっ、デカイかな?』などと思いながら巻き上げると、意外と素直に上がってきた。
最初だけかと思っていると、底から20m付近で何かがおかしいと気づく。
よく見ると竿先から海面にまでピンと張ったラインが、ゆっくりと小さな円を描いていた。
200m先の魚の動きがこんなに大きく出るのだろうか。
PEジガーの感度の良さのためか、頭を振ったのもラインの動きと手元の感覚でわかる。
底から40m。違和感がありつつも順調に巻いてきた。
やっぱり頭振ってるなぁ。そう思った刹那。
キィーン!
ガイドが鳴る。ギッギッギッっとドラグが苦しそうに悲鳴をあげた。
心臓を鷲掴みにされたような苦しさが襲う。握り潰しにきた掌をゆっくりと押し返すような動きを感じた。
「ドクン。。。」と心臓の音が聞こえたタイミングで、息を無理矢理吐き出す。
急いで息を吸い、再度吐き出す勢いでオシアジガーのスタードラグを思い切り回す。
ジャー!っと物凄い勢いでラインで放出される。
竿尻をカヤックに突き立て、伸ばした左手でしっかりロッドを持ち支える。
スローピッチジャーク用のロッドは、あまり立てると折れると聞く。全神経を左腕に集中し、テンションを抜き入れしながら、右手はクーラーボックスからスポーツドリンクを取り出す。
口でキャップを取りカヤック上に吐き捨て、塩気の強いドリンクを流し込んだ。
40mほどラインが出て行きやっと止まった。また一からやり直しだ。

過去体験したことがないやり取り

相当デカイのは間違いない。のんびりやってきてこんな大物がかかるなんて。やはり今日は運がいい。
メートル近い根魚だろうか。200m底の大物。全く思いつかない。いや、なんとなく可能性があるとすればサメだろうか。
ポンピングで20m巻いては10m引き出されるを繰り返す。いや、しかし確実にあがってはきているのだ。残り110mまできた。
時間を見ると9時を過ぎている。
もう30分も格闘しているのか。
ペットボトルが一本空になった。幸いなぜか今日は2本持ってきているので、クーラボックスに空を投げ入れ、飲み物を取り出した。
一口含み、残り90mまで巻き上げる。
またしてもラインが引き出される。200m底からの恒例行事ではあるが、今回は違った。ラインが走るのをやめない。それどころか20m引き出されたあたりから、さらに勢いを増している。
一気に底に向かって潜っているようだ。
『おぃおぃおぃ。』
呆れて声がでる。諦めてくれればいいものを。
慎重にドラグを締める。が、潜るのをやめてくれない。30分以上やり取りしてるのに、まだそんな体力残ってるのか。
ロッドのテンションを慎重に強くかけることで、やっと潜るのをやめてくれた。
結局160mまで潜られてしまう。
炎天下の中、外にいるだけで体力が削られる。ロッドを支えている左手はもうパンパンだ。
どうする。持ちかえて左腕を回復させるか。ただ、絶妙なやり取りの感覚は左腕の経験値でしか叩き出せない。
ドリンクがどんどん無くなっていく。
ドラグ調整してあれば、ゴリ巻きでいけるのだろうか。なんにせよ、こんなやり取りしたことがない。明らかに準備不足だった。

200m底から怪魚を浮かす

『もう切れてくれないかな。。。』

そう思いながら巻く。20m巻いては10m引き出されるを繰り返す。
もうドリンクが半分も無い。やるしかない。
ドラグを締め、巻き上げる覚悟を決める。
口を湿らすほどのドリンクを含み深呼吸。一気に巻き上げた。
残り50mから一気に残り20mまで。いけると思った刹那。一気に5mほどラインが出ていく。
うるせぇとハンドルに力を入れる。頭を振ったタイミングを見逃さず、一気に残り10mまで浮かせた。
タモを手元に置き、再び持ったハンドルを力まかせに巻く。
徐々に浮かび上がってくる魚影を見て、耳から抜ける心臓の音が聴こえるような感覚になる。
とんでもなくデカイ。
これは巻き上げていいヤツなのか。
カヤックに危険がおよぶヤツなのではないのか。
とりあえず何が釣れたのか確認しよう。水面まで浮かす。
グルン。と大きく円を描いて海上に横たわった顔を見て、歓喜の雄叫びをあげる。
特徴のある目。鋭い歯並び。間違い無い。バラムツだ。
一度は釣ってみたいと思っていた怪魚。人間が消化出来ない脂のため、流通が禁止されており、かつ、3切れ以上食してはいけないと言われるバラムツ。
まさか釣れるとは。
脳内麻薬で意識が飛びまくる中、冷静な自分が身体の異変を教えてくれる。
聞き耳を立てると、呼吸がうまく出来ていない。そこではじめて苦しいのに気づく。
無理やり右手で口と鼻を塞ぎ、水平線を見た。限界まで苦しくなったところで、胸を抑えて一気に吸い込まないよう、ゆっくり息をする。
何度か深呼吸して落ち着き、状況を確認すると、20mほどラインが引き出されていた。

取り込み出来ない

ゆっくりと浮かせ、取り込みの準備に入る。
そこで初めて気づく。このバラムツが入るタモが無い。
深さ40cmほどのタモだが、頭から入れればメートルくらいまでならなんとかなるだろうと思っていた。
しかし、この怪魚をよく観察すると、カヤックの半分近くほどある。
プロフィシュ45が確か14ftくらいだった気がする。それと比べると、2mは越えない気がするが、180cmは間違いなくあるだろう。
旋回してきたバラムツを頭からタモに入れてみる。
ちょっと頭を振っただけで、あっけなく出ていってしまった。
よくよく考えると、自分に、このタモ網をかぶせた状態と変わらないのか。取り込める気がしない。
バス持ちで無理やり。いや、いや、あの歯を見ただろう。手が無くなってしまう。
釣りキチ三平の谷地坊主よろしく、タオルで取り込むか。カヤックでは無理だな。
エラに手を突っ込むか。名案に思ったが、下手にエラを傷つけると死んでしまう。
持ち帰るなら手段を選ばないが、このサイズのバラムツを持ち帰っても、流通させれない以上、我が家では手に余る。
しょうがない。尻尾を持って引き上げよう。
再度旋回してきたバラムツがカヤックと平行になったタイミングで、尾をガッチリ掴んだ。と思ったのだが、手が回らない。がっしりとした男の手首を握ったような、筋肉の動きを感じる。
無理やり引き上げようとしたが、物凄い力で振りほどかれた後、カヤックに2、3度体当たりしてきた。
沈するほど揺れはしないが、このカヤックの向きが軽く変わるほどの力。恐ろしい。

物語の終演

海面まで1時間。それからさらに10分以上格闘している。なかなかバラムツという魚は体力があるようだ。
やっと冷静にバラムツを観察出来るようになってきたが、あらためて見ると、この2m近い魚体をカヤックにあげれる気がしない。
SUPなら滑り上がらせれるような気もするが、カヤックでは無理だ。ギャフがあれば、とりあえずの引き上げは可能そうだが、まさかこんな大物が釣れるとは考えておらず、持っていない。
周りを見ると、300mほど先にミニボートが1艇。試しに助けを求めて、声を出してみるが全く反応は無い。
しょうがない。せめて写真だけでも撮って、最後の取り込みを勝負しようとスマホを取り出そうとするが、右手一本ではうまいこと取り出せない。
ロックを解除してカメラを起動しようとしていたところ、海面で暴れる音がし、フッとロッドが軽くなった。
私は、ゆっくりと海底に戻っていく怪魚を、ただただ呆然と眺めるしかなかった。

タイドグラフ

タイドグラフ。

参考

【注意】SUP、カヤックフィッシングする方へ

定置網内へ入る、係留する、仕掛けを引っ掛けるなどが多くなっており、漁師さんとのトラブルが増加してるようです。

SUP、カヤックを排除しようとする動きもあるため、定置網へは近づかないようお願いします。

東京湾でタチウオジギングをした話。

タチウオが食べたくなったので行ってみました。どうも何某です。

なんだか余裕がなかったのか、写真撮るの忘れてました。

東京湾。

夏休み突入

「チームで調整して夏休みをズラして取ってほしい。」

いつもならワガママ言うなと、上司にフェイスロックを極めてるところだが、今回は喜んで受け入れた。
希望した平日に休めるからである。
乗合船ほ土日は混む。これはチャンスとすぐさま予約を入れた。
人生初のタチウオジギングにチャレンジ。
「お金払って釣れなかったらどうすんの?」と酔った勢いで詰め寄る嫁に

『闘う前から負ける事考える馬鹿がどこにいるんだよ‼︎』

と張り手を食らわした。

船宿で準備

時は来た。それだけだ。
思ったよりも早く船宿に着いてしまった。駐車場に車を停め受付をする。

「札取りました?」

この船宿は早い者勝ちで座席を決めるらしい。右舷ミヨシの札が1枚取られてるだけで、あとは残っている。
せっかくなので、左舷のミヨシをいただいた。
ミヨシは自動的に常連が座るものと思っていたが、この船宿はそのようなローカルルールは無いらしい。
荷物を置き準備を始める。
事前に問い合わせた話だと、この時期は100〜150gのジグを用意していればいいそうだ。数本取り出して置いておく。
まだ6時だというのに日が照り始めてきた。
吹き出る汗の量に比例して、夏タチへの期待は徐々に高まっていく。
出船間近になると次々続々と人が乗り込んできた。平日だから余裕だろうと思っていたが、隙間なく埋まっている。こんな状態で釣りになるのだろうか。

夏タチ、幸先良し

タチウオ船団。

猿島沖に船団が出来ている。
どうやら東京湾では8時にならないと、タチウオを釣り始めれない協定があるらしい。ポイント上でドキドキしながら待つ。

「それじゃ始めてくださーい。57mの50〜53mに反応出てるんで、底から15mくらいは誘ってみてくださいねー。」

流石の人気船宿。アナウンスも優しく聞き取りやすい。
とりあえず130gのアンチョビメタルZEROを投入する。アカキンのゼブラカラー。
速めのワンピッチは反応無い。
遅めのワンピッチ。反応無し。
3回目の底付近で何かが触った。アワセるも乗らず。そのまま底まで落としタダ巻きする。
底から2mほどでゴッと魚信がリールに伝わる。乗った。

初タチウオ。

まぁまぁのサイズのタチウオ。人生初タチウオだ。本来ならばキスの一つでもしたいところだが、そんなことをすれば、口が血だらけになってしまうだろう。
その後、立て続けに2本あげる。とりあえず幸先よくほっと一安心。
船内はそれほど釣れてないようだ。初タチウオで竿頭行けるのでは。
がしかし、その後はピタッと止まってしまった。真逆に他の人が釣れ始める。
ジグをあれこれ変える。
アンチョビメタルに反応があまりにも無いので、一回使ってみるかと、部屋き転がっていた謎のジグを使う。重さ意外はゴールドという事しかわからない。
3巻きくらいでドスンと重みが加わる。なんだこれは。重い。ポンピングをして寄せて始める。隣の方が「デカそうですね。」と話し掛けてくれた。その直後にラインが切れる。切り口を見るとナイフで切った様になっていた。恐ろしく切れる歯だ。

スローピッチでもやってみる

反応が全くなくなる。船内もポツポツのようだ。
スローエモーションフラップのタチウオスペックをシャクってみる。ピンクに変えた途端フォールでコツンとアタリが出るようになった。ただフォールで乗せるのが難しい。
トレブルフックではないと厳しいかもと思い始めだ所で、フッと糸ふけがでた。即合わせをすると乗ったようだ。

フラップで。

しかしこの後パタッと止まる。
移動中にラインシステムを組み直したので、部屋に転がっていた謎のジグを投入。
ピンクが入っていて使ってないのがこれしかない。
ゆっくり底から5巻の後小さくシャクって短くフォール。これがハマり3本立て続けに釣る。ただサイズは小さい。
がしかし、また止まってしまった。
常連の方が、今日はパターンがコロコロ変わって釣りづらいとボヤいている。

バカでかいタチウオが釣れる

12時頃。眠気がピークになっていた。
釣れれば目も覚めるのだが。
先ほどのパターンで釣れなくなったので、ジグはそのままにタダ巻きをする。
底から3mほど巻いてきたところで、ドスンと重みが来た。
やっとだなと巻き上げようとすると、全く巻けない。
ロッドにパワーが無いので、ストレートポンピングで引くと上がってくる。
先程サメがかかってトモ側が一掃されたらしい。もしやこれもサメか。その割には引かない。ただただ重いだけだ。
何だろうと上げてみると、前後のフックがガッチリ刺さったデカイタチウオ。
ロッドで持ち上げれないので、リーダーを持って引き抜いた。
後の計測で判明した110cm。とんでもなくデカイ。

「根掛かりかと思って見てましたよ!すげーデカイっすね!」

隣の方達が自分が釣ったかのように興奮している。それにつられて、私も思わず拳を突き出してしまった。

超でかいタチウオが釣れる

「サイズが出てないので、ドラゴンポイントに行きますからね。大きいの釣ってくださいねー。」

それなりに数は出ているらしい。
投入するとすぐさま小さいのが1本釣れた。周りもサイズは伸びないようだ。
急に右舷が慌ただしい。振り向くとタモを持ち出している。歓声があがる。なかなかの大物を釣ったらしい。
私は先程大きいのを釣ったので、あれを越えることは無いだろうなと。
オマツリだけ気を付けながらダラダラと巻く。下から3mほどで巻けなくなった。巻いても巻いてもズルズル滑る。これは流石に根掛かりかと思っていると反対側の右舷に持って行かれる。

「凄い竿曲がってますけど、なんか釣れてます?根掛かりですか?」
『多分、右舷とオマツリしてるんじゃ無いですかねぇ?』

船にラインが擦れているので、できるだけ腕を突き出しストレートポンピングしてくる。無理な体勢だが切れるよりいい。

『ラインが反対に引っ張られるので、右舷の釣れた人にオマツリしたんでしょうねぇ。』

そろそろ上がってくる頃か。オマツリ相手に声をかけようと後ろを振り返る。

「オマツリにしては何かおかしくないですか?」
「あっー!!でけぇ!!やべぇ!!タモだ!タモ!」

その叫びを聞き海面を見ると、見たことない大きさのタチウオが浮かんでいた。
タチウオってこんなにも太くなるのか。これを凍らせたら立派な鈍器だ。
隣の方がタモを持つも、大きすぎて全く入らない。周りがパニックになっている。

「大丈夫?できる?このサイズは普通にやっても入らないんだよ。ちょっと貸してみてー。」

船長がやってきてタモを持ち、フレームの上に乗せたタチウオをバランスを取りながら船の上にポンッと投げ上げた。
その瞬間、左舷ミヨシは全員両手をあげ歓喜の声をあげた。

117cm。

右舷の常連は私のヒットジグを確認し、「ピンクが調子いいみたいですよー!!」と他の方に声をかけていた。彼は常に他の方に気を配っている。私も彼のような釣り人にならなければと思う。

もしかすると

残り15分。そのアナウンスが終わるか終わらないかで、ハンドルが巻けなくなった。間髪入れずにアワせる。
瞬きほどの時間が流れたあと、グッーと下に引っ張られる感じがある。あぁこれはダメだ。

「それさっきよりデカいんじゃないですか?」
『全然竿があがらないです。さっきより重い。』

ストレートポンピングで引き上げるが、油断すると思っている以上にラインが引き出される。確実に先程のより大きいはずだ。
巻いては出され巻いては出されを繰り返していると、引きつけたタイミングでフッと軽くなり、そのまま後ろに倒れこんでしまった。
「あー!!!」と周りから残念そうな声があがる。
ラインを巻き取ってみると、TNノットがナイフで切ったかのようにスパッといかれていた。

「いやー、さっきのよりデカそうでしたね。」

周りの方々が自分のことのように悔しがっている。いい船に乗れて良かった。

俺がチャンピオンだ

11本。

「大きいの釣れた方は計測後に写真撮りたいので頭落としたりとかしないでくださいねー。」

この船長のアナウンスを聞き、隣の方が

「尻尾切らないようにしましょう!気をつけて!計測まで大事にいきましょう!」

と声をかけてきた。
納竿後、船長が釣果を聞いてくる。私は11本。そして計測。結果は117cm。船長は「あと3cm。惜しいねぇ。」と悔しがる。
隣の方が、「これトップですか?」と聞くと、「まだ測ってない後ろにも大きいのあがってるからね。」との返答。
釣った本人より、周りが緊張している。
そして釣果の発表。平均して15本くらいのようだ。竿頭は常連の方で50匹近く釣ってるらしい。そんなに釣果に差が出るのか。

「一番大きいのは117cmでしたね。」

この船長のアナウンスの瞬間、周りは「ヤッター!!!」と両手をあげて喜んでくれた。妙な一体感。まるで自分が釣ったかのように喜んでくれている。
素晴らしい一日を過ごした。
帰りに釣具屋に行き、今日のヒットジグを探すことにした。いつ、どこで買ったかわからないジグだが。
普段行かないタチウオコーナーに行くと、すぐそれは見つかった。
ティムコのオーシャンドーミネータの中山丸カラーのようだ。即買い占める。まぁ次もこれで釣れるかはわからないのだが。
がしかし、11本でもなかなか食べ切れない。早く行きたいが、まずこれを食べきらなければ。

© 2019 磁力式駆動 All Rights Reserved.
Theme by hiero