大昔にワカサギ釣りに行った話。

芦ノ湖のワカサギってブランドワカサギらしいですね。どうも何某です。

なんとなく昔の話を思い出したので書いてみます。

厳冬のダム湖

パリっとした空気の夜明け前。当時20歳の私は友人3人と家から一時間ほど山奥のダム湖に向かう。
すっかり凍結した周辺の道路を走っていると、湖面に無数の灯りが見えてくる。ワカサギ釣りのテントだ。
彼らは凍った湖にテントを張り、暖をとりながら何日も泊まり込みでワカサギを釣り続ける。
もちろん私達も同じように泊まり込みで釣るために来たのだ。
遊漁券の販売所に着き、車を降りると一気に鼻毛が凍る。厚さ20cmほどの氷が張る寒さ。
スノボのウェアを慌てて着て販売所に入る。
滞在日数分の遊漁券を購入し、立ち入り禁止場所の説明を受ける。氷が薄い場所は立ち入り禁止。年々禁止箇所が増えてきた。

「ありゃー。あそごいがったのに、今年はだめですかー。」

M氏が残念そうにする。昨年そのポイントで1日で200匹以上あがったのだ。

「こないだダメだっつったのに行ぐ人さいで、テントごとドボンさ。そのまま逝ったがらよー。」
「んでばーしょうがないっすねー。」

割れて落ちても這い上がれればまだいいが、この寒さでは恐ろしいことに湖面がすぐ凍ってしまう。氷が解けてから初めて見つかることも多い。

釣る前に疲れる

ソリに荷物を載せた後、勢いよく飛び乗り湖面まで滑り降りる。その後はズルズルと引きずりながらポイントを探す。
氷上のワカサギ釣りは氷に穴を開けるところから始まるわけだが、基本的には誰かが一度開けた穴を使うことになる。新しくポイントを探すよりも、そのほうが効率的だからだ。
夏の間はフローターを使用したバス釣りで訪れているので、カケアガリなどはある程度把握している。
ちょうどいい間隔で開いている穴を探し、手動のドリルで穴を4つほど交代で開ける。新規の穴ではないので比較的楽とはいえ、20cmの穴を開けるのはなかなかの重労働。
さらには開けた直後から凍っていくため、S氏は穴の空いたオタマを片手にせっせと氷を掻き出している。
私達はその横でテントを組み立て、S氏ごと穴の上に被せた。ワカサギ釣り用のテントは釣りが出来るように床が無いのだ。
かなり大きいテントで普通のテントなら6〜8人用とかになるのではないだろうか。
四辺にそれぞれシートと布団を敷き、いつでも寝れるように準備をする。
人がいる日中のテントは半袖でもいけるくらい温かい。すでに汗だくである。
雪の上に放置してあるビールを手に取り乾杯。

自作の釣り竿

今は電動リールだなんだとあるが、当時はワカサギ釣りといえば、手釣りか、自作の竿でやるかしかなく、完成品として専用竿が売ってることなどはなかった。
自作の場合、当時流行っていたのはアルミ板を幅1cm、長さ30cmも無いほどの台形状に切ってガイドを付け、手に収まる手頃な角材に刺すという、本当にこれで魚を釣るのかと疑われるほどのものである。
これにS氏以外は、おもちゃのような安い小さなリールをビニールテープで取り付け使う。S氏は使わないともったいないという理由から愛用のスピニングリールがついていた。
なぜ持ち手が角材かというと、下に置いたこれまた角材に持ち手を叩きつけ、穂先を震わせて誘うという手法を用いるからだ。手を上下に動かすよりも、コンコンと叩きつけるほうが何日も釣るには疲れないのである。
穂先を塗って動きがわかるようにしたり、個々のこだわりが出るのも面白いところである。

釣り開始と洗礼

環境さえ整ってしまえば後は釣るだけ。テント内ならば温かいので、穴の凍る速度も遅い。
餌は紅サシ。一般的にはウジ虫というのだろうか。これをハリにちょん掛けし、ハサミで切ってエキスが出るようにする。
仕掛けを落としてからはひたすら誘うだけだが、ワカサギは回遊魚なので、釣れない時は釣れない。
しかしこの時はM氏、H氏、そして私と3人が順調に釣り上げる。S氏の穴の釣果はよろしくない。穴一つズレても釣果が変わるのも、この釣りの面白いところではあるが、釣れない本人としてはたまったものではない。
旅をしてくると、S氏はドリルを持って外に出ていった。
しばらくするとS氏の叫び声がダム湖にこだまする。

「うわーっ!!!」
『なにしたっ!落ちだが!?』

あわててテントから出ると、ドリルの先をこちらに向けて立つS氏がいる。
このドリル、先端に掘った氷を溜める構造になっているのだが、そこを見ろとS氏。
よくみると釘を打てるほどに凍った誰かのものがある。
あの頃は用を足したくなったら、寒い中移動が面倒なので穴を掘ってそこにするというのが当たり前であったのだ。

「コマセが効いてるかもよ。」

と悪ふざけをしながらS氏が仕掛けを落としてみると、なかなか釣れる。たしかに効いてるようだ。
釣ったそばから氷上に投げるとあっという間に山になった。

酒盛り

「んじゃ、そろそろやるがぁ?」

M氏がソリからガスコンロを取り出し、鍋に油を注ぐ。
本格的な装備ではないので、日のあるうちにガスを使わないと火がつかなくなってしまう。
あまり高温にはならないが、適度な温度になったところで、氷上に放置していたワカサギを天ぷら粉に漬け揚げる。
お湯の入った保温ポットに瓶ごと入れておいた日本酒を取り出す。
宴の始まりだ。
燗をつけた日本酒が胃袋を発火するような勢いで温める。

「うめな。」
「うめ。」

腹を満たした後、ソリ一杯に載せた雪を鍋に突っ込みお湯を沸かしては保温ポットや魔法瓶に移すという作業をする。これをしないとコーヒーも飲めず、いざお腹が空いたという時に、カップラーメンも食えないのだ。
ひとしきり作業を終えると眠気が襲ってきた。布団に入り仮眠を取る。夜は長いのだ。

寝ずの番

氷の上でやる釣りなので、夜は文字通り死ぬほど寒い。暖房は必須である。
2人のときは石油ストーブを使うが、4人もテントにいるので釣座が確保できる練炭を使う。どちらも換気をしないと一酸化炭素中毒で死んでしまう。そのため、限界が来たら2人づつ交代で寝る。起きてる者は1時間に1回換気をするのだ。
私とS氏の番だと起こされる。暖かくて眠そうになるが、寝たら死ぬ。キンキンに冷えたワインを回し飲みしながら目を覚ます。ここまで冷えていると酔う感じがしない。
釣れないなと言いながらも仕掛けを落とす。そして全員分の穴の氷を掻き出すのを繰り返す。
カップラーメンでも食べるかと準備をしていると、突如としてS氏が叫ぶ。
飛び起きる2人。
何事かと見てみると、S氏のアルミの竿がグニャリと折れ曲がっている。何か大物がかかったようだ。
時折、釣れたワカサギを別の魚が食べることがある。通常はすぐラインを切られたりするのだが、S氏の場合はリールがステラである。
そう、何を思ったかこの男。ワカサギ釣りでステラをつけているのだ。抜群のドラグ性能を駆使して寄せてくる。

「バスでねーが?」
「わがんねーぞ。ヒメマス釣れだって言ってた人いだがらな。」

何にせよ深夜にこの感じでは笑いが止まらない。反して必死なS氏の顔。竿が使えないのだからしょうがない。

『きたぞっ!』
「あっ!サグラだっ!!」

なんと穴から顔を覗かせたのはサクラマス。

「バター焼きだなこれは。バターあるがらいげっぞ。」
「じゃ、こいづデガくて穴通らねーじゃ。」

頭は穴にすっぽりハマるものの、胸から太すぎて通らないのである。

「どうする?」
『ちょっとこっちの穴がら手入れでみるわ。尾捕まえだぞ。』
「いげるが?」
『こいづはダメだな。なんともでぎね。』

S氏は悔しがりながらもリリースした。しょうがない。
テントの外では、深夜だというのに灯りを持って数人歩き回っている。ときおり怒鳴り声も聞こえてくる。
深夜だというのに、ちょっと騒ぎすぎてしまったか。
しかし興奮は冷めず、そのまま朝まで一睡もしないで釣りをすることになった。

強制撤収

夜明けとともに大勢の人が歩き回っている。また新しい釣り人が来たのだろうか。
さすがに疲れがあるのか、私達は無言で釣りを続けている。もはやなんのために釣りをしているのかもわからない。

「すいませーん。ちょっといいですかー?」

外から声がする。テントから顔を出したS氏が振り向き驚きの一言を言う。

「なんか撤収してくれだってよ。」

もう謎の義務感で続けている釣りだったが、撤収時間を決めるのは私達のはずだ。外部に言われる理由はない。
M氏が理由を聞きに行く。

「向ごうのテントの人死んだってさ。」

地元の消防団の方がM氏に続いて説明する。

「そういう訳だがら。移動してもらってもいんだけんども、あそご立ち入り禁止だがら、一旦登ってもらってさ、ぐるーっと回ってもらってだね。申しわげないけんとも。」

一酸化炭素中毒。ワカサギ釣りで毎年この死因で亡くなる方は多いが、まさかその日にあたるとは。
深夜騒がしかったのはこれのせいだったのか。
道具をまとめて車に戻る。

「午後には入れるみでぇだけれどどうする?」
『いやぁ。。。なぁ。。。』
「んだなぁ。。。」

なんとなくそんな気にはなれず、すっかり日が登り画用紙みたいになってしまったダム湖をぼんやりと見下ろし続けていた。

カーボンパドルを購入した話。

週末の予報が強風。ずっと強風。どうも何某です。

あと有給何日あったかしら。

ムスタング。

おまけパドルが邪魔で危険

ヴァイキングカヤックは購入時にパドルをサービスでつけてくれます。
ですが、これがちょっと私にはあわないです。
なので予備パドルとして持っていくのですが、分割出来ないのでプロフィッシュ45のパドルホルダーで固定します。

このバンジーのパドルホルダーが曲者で、速度が乗ってくると予備パドルが波に刺さることが多いです。
すると急ブレーキしてしまうどころか、パドルが暴れたりします。
ロッドに当たって破損、紛失くらいならいいですが、頭とかに当たったら大変危険です。
波に刺さらなくても抵抗があるらしく、パドルを固定してる方向に微妙に曲がって行きます。何気にストレスです。
分割した予備パドルをフロントコンソールに置いてる方が多いのは、こういった理由があるのかなと思ったりします。
ソロで沖に出ることが多いので、予備パドルを持っていかないという選択肢は無いです。
破損や紛失したら漂流確定なので怖い。

パドルを購入する

というわけで、パドルを購入しておまけパドルを使わないことにしました。
選択肢としては、

  1. 安いパドルを予備パドルとして購入
  2. メインで使うパドルを購入して、現行は予備にする

となるわけです。
今使用しているのもだいぶ安いパドルなので、安いの2本になってもなぁと。
どうせならカーボンのいいやつを買ってメインにしようと調べてみると、シャフト形状やら素材やら、ブレードの形やら。
まぁ検討事項が多いわけです。
ちょっとわかんないなと。これはロードバイクのサドル問題と一緒だと。値段ではなくあうあわないだなと。
パドル沼にハマる可能性が高い。
しかも、結構値段するんですね。2、3万円くらいで結構選択肢あるのかと思ったのですが、7万円とか平気でするわけです。
電動リール買えちゃうなとか思いつつ、ここ1ヶ月くらい検討しました。
もうわけがわからないですね。カヤックの時もそうでしたが、実際使用しないと踏ん切りなんてつかないですよ。
何が良いのか悪いのか。数万出して失敗したら。とか。
そんな時に、アクアマリンのムスタングというのが標準的な仕様だというレビューを見つけまして。これだと。
ベントで3万円くらいなのでなんとか無理すれば買える。まずこれを使い倒して自分のスタイルを確認しようと。
何件か問い合わせたのですが、在庫が無いとの返答。カヤック関連は在庫が無いことが多いですね。
しょうがないから別のパドルを検討するかと一旦保留していると、偶然別件の調べ物をしている時に中古のムスタングを発見。
1回しか使用してない美品なのに半額で購入できる。なんということでしょう。即注文です。

スペック

並べてみた。

既存のパドルとムスタングの仕様を。

ARFEQ(アルフェック) ユーコンパドル グラス

ブレード面積が広いのでスピードに乗るまで結構力が必要です。
でも安いわりには悪くはないんじゃないかと思います。
SUPでも使ってました。

  • 全長: 230㎝
  • 重量
    • カタログ値: 1,020g
    • 実測重量: 1,065g(+45g)
  • シャフト素材: ファイバーグラス
  • ブレード素材: ナイロン樹脂
  • アジャスト角度幅: -45°、0°、45°
  • 分割: 2ピース

ユーコングラス。

Aquamarine(アクアマリン) ムスタング カーボン ベント

65gもカタログ値より軽い!!
ロードバイク界隈ならとんでもない価値になりそう。カヤックでg単位を必死に落とそうという人はいないでしょうが。

  • 全長: 220~227㎝
  • 重量
    • カタログ値: 約890g
    • 実測重量: 825g(-65g)
  • ブレードサイズ:約47㎝×16.5㎝
  • シャフト素材: カーボン
  • ブレード素材: カーボン
  • アジャスト角度幅: free
  • 分割: 2ピース
  • スタイル: ツーリング

ムスタング。

週末が楽しみ

ムスタングはブレードがこれまでと比べて2周りくらい小さいので、楽に漕げそうな感じは受けます。
持ってみた感じもベントがしっくり手に馴染みますね。そして何より軽いです。
強風で出艇できるか微妙ですが、タイミングあえば使ってみたいと思います。

以上です。

どうにも我慢出来ず釣りに行った話。

風裏のポイント探さないと。どうも何某です。

釣りが出来ないのは辛い。

平日の相模湾。

巨星墜つ

自律神経の乱れか更年期か。
輪島大士VSタイガー・ジェット・シン(以下「TJS」と称する)の動画を見て涙が止まらない。
もはや、やっぱ!アホーガンよのわっじまを見ても泣けてくる。

「またプロレスばっかり見て。いいからキッチン掃除してよ。」

嫁はキツイ言葉攻めをしてくる。
『輪島が死んだんだよ。』という言葉がまずかったのか「関係ねーし。」という即レス。
また一つ時代が終わったのだ。少しぐらい過去を見つめ直すのは構わないではないか。

「その輪島っていう人は、何処が凄かったの?」

『元横綱からプロレスに行った人で、相撲タックルが痛そうな人。』

「で?」

『。。。あと。。。受け身が下手。。。』

「お前が見つめ直すのは、目の前のキッチンだよ。」という言葉に、うまく返せず掃除をする。
しまった、ゴールデンアームボンバーの角度うんぬんの話があった。なぜこの大事な時に忘れるのだ。掃除したくない。

ストレスにて有給を取る

次の週末も雨で強風の予報。月曜は凪予報。
心の乱れは自律神経の乱れ。ストレス解消のため有給を取った私は、カヤックを堂々と相模湾に浮かべる。
年明けの厳しいシーズン用にと買ったオシアジガー 2000NRHGも使ってみたい。
中深海というのを体験したいのだ。なんならアカムツが間違って釣れてくれないだろうか。

中深海に心が折れそうになる

中深海の定義というのはいろいろのようだが、とりあえず150〜400mほどの水深までを言うことが多いようだ。
ジグを落とすのに数分かかるため、カヤックが流されてしまい底が取りづらいらしい。
そのため、ロッドキーパーに竿を置き、ラインが真っ直ぐになるようパドルで位置を調整しながら落とすとのこと。
なるほど。
ロッドキーパーの艤装はしていない。とりあえず受け太郎でも付けれないかと部屋を見回す。
いつ買ったのかわからない竿受けが出てきた。水を汲んだバケツに挿して竿受けとして使うというものだ。
プロフィッシュ45のフットブレイスに挿してみる。

オシアジガーと簡易竿置き。

なんだかイケそうな艤装というやつだ。
がしかし、ジグを落としてすぐ失敗だと気付かされる。
リールが重すぎて、竿がクルン、竿がクルンとなってしまうのである。手放しでジグが落とせるものの、竿受けにPEが擦れてしまう。これはいけない。
PEは摩擦に弱いのだ。
結局、太ももにロッドを無理やり挟みながら固定しパドリングをし、なんとか底をとった。
水深250m。初めての中深海。まずはゆっくりシャクってみる。
重い。250gのジグがこんなにも重く感じるものなのか。それよりも、ジグはちゃんと動いているのだろうか。重いだけで動いている手応えがない。
釣れる気配が全く無い。1時間ほど粘ってみるも中深海では何も掴むことが出来なかった。
最後の巻き上げで時間を測ってみると、250mを2分40秒ほどかかっていた。
水深100mまでは強烈に重い。400gのジグ使ったらもっと重いのだろう。
スロージギングなら疲れ知らずという話を鵜呑みにした私が愚かだったのだ。
「よくわからないけど電動のほうがいんじゃないの?」という嫁のアドバイスを聞いておけばよかった。
今は『馬鹿野郎。漢は手巻きだろうが。』などと大見得を切って吠えた自分を蹴って欲しい気分だ。
さらには、「釣り上げた河豚みたくなってるじゃねーか。」と罵られながらツバを吐きかけられても構わない。

何者かにハリを折られる

嫁に謝罪と願望をしたためたメッセージを送り中深海を後にした私は、水深80mほどでいつもどおりジグを落とした。
うんともすんとも言わない。それよりも今日は魚探に魚影の反応が出ない。アジ、サバも回ってきてないのだろうか。
時折マダイの反応があったので、丁寧にジグを落としてみるも、追ってはくるが食ってはくれなかった。持ってこなかったタイラバならいけただろうか。などと考えてしまう。
周りのSUPの方たちは釣れてるのだろうか。
ゆっくりジグをシャクっていると、底から10mほどでグンッと竿先が入った。アタリかなと思い、聞きアワセをしてみた刹那ラインが一気に出ていく。
理解するかしないかのタイミングで手元がふっと軽くなった。
何かが釣れたがバレてしまったようだ。水深70m付近。ブリだろうか。
歯型か何かついてるかもと思いあげてみるがジグには特に何も無いようだ。
では、ハリが伸ばされてるかもと思い見てみると、キレイに折れている。しかも前後1本づつ。

ハリが折れる。

一体何が食ってきたのだ。せめて姿だけでも見たかった。

諦めてカワハギを狙う

一応カワハギを狙おうと仕掛けと冷凍アサリを持ってきていたので、流れを変えるべく魚探を眺めながら移動。
海底に変化があるところに密集した小魚の反応があったので、そこに仕掛けを落としてみる。
砂をオモリで叩いたあと手を止めると、即座にググっとアタリがある。反射的にあわせると乗ったようだ。
外道としてカワハギを釣ったことは何度もあるが、金属的な引き味というのがいまいちわからない。果たしてこれはカワハギだろうか。
手元まで寄せてくると、手のひらより大きなカワハギが身をひるがえし泳いでいった。バラシ。
しかし、カワハギいるんだ。というか、狙ったら簡単に釣れるじゃん。というのでテンションが一気にあがる。
急いでポイントに戻り仕掛けを落とす。すると、すぐさまアタリ。喜びも一瞬で、よくみるとキタマクラ。
この後、ベラ、キタマクラ、ベラ、ベラと続く。そして次の一投で見たことも無い魚が釣れる。

サクラダイ。

なんだろうこれは。食べられるのだろうか。持ち帰るかどうするか。
結局はリリースしたのだが、帰宅後調べるとサクラダイというらしい。身は小さいが味は非常に美味いとのこと。次回はキープしようと思う。

忍者の洗礼

サクラダイ以降全く乗らなくなる。どうしたことだろう。
アタリが出ないのに、完全にアサリを食った後がある。カワハギが難しいと言われる所以というところか。
1個しかないオモリを根掛かりで失ってしまったので、ジグを変わりにつけてみる。
餌も少なくなってきた。ノーフィッシュは避けたい。
気がつくと釣り船が寄ってきていた。私を見つけてだいぶゆっくり近づいて来たらしいが、完全に同じポイントを狙っているのか10mほどの位置に横付けされる。
流石に退けとは言われないが、船に入られたらカヤックは分が悪い。餌も残り少ないのでのんびりと釣り船が移動するのを待つ。
よく見るとどうやら、この釣り船もカワハギ狙いらしい。真っ直ぐここに来たということは、私が見つけたポイントは間違ってなかったわけだ。魚探に位置を覚えさせる。
結局10分ほど居座るも誰も釣れることなく、船は去っていった。
ポイントに戻ると魚影が広がっている。何本も仕掛けが落ちてきたせいだろう。
とりあえず落としてみるもアタリは無いが餌だけがなくなる。このロッドではアタリが出ないのか。
逆に考えると、アタリが無い時がカワハギのアタリなのではないだろうか。
叩きの後、1、2で試しにあわせてみる。何かがかかった。コンコンコンと引き。先程バラした引きと一緒だ。期待が高まる。

カワハギ。

あがってきたのは間違いなくカワハギ。待望の一匹。辛かった数時間が報われた気がする。
嫁にカワハギが釣れましたと連絡すると、肝醤油楽しみと返事が。
機嫌が良くなって良かったような、なんだか寂しいような。

ドーリー積載の罠

餌がが無くなったので帰宅しようと着岸準備に入る。
魚探とリールをドライバッグに入れ密封し、各リーシュコードを外す。砂浜では着岸時に沈する可能性が高い。今日は波が多少ある。
波に真っ直ぐなるように調整しながら浜に入る。足が着くタイミングで降りようとした瞬間、カヤックが真横を向いた。慌てて波側に体重をかけ、パドルで波を抑えた。
波は被ったものの、横滑りしながらなんとか無事に着岸。
どうやら、ドーリーを後ろに固定して積んでいると、波が来た際に抵抗になって横を向きやすいらしい。
これまでは、前方に積んでいたのだが、今回クーラーボックスにくくり付けてみたのだ。これが危険を招いた。
運良く練習どおり出来たからいいが、これがもっと大きな波ならどうなっていたことやら。
夕食時に、『この刺身にしたカワハギはそんな目にあいながらも持ち帰ったものなんだよ。』と伝えると、「楽しそうでよかったよ。」というわけのわからない返答。
カヤックより先に嫁に危険な目にあわされそうだと思った。

© 2018 磁力式駆動 All Rights Reserved.
Theme by hiero