なんだかその日は散々だった話。

なんだか体調がすぐれない。どうも何某です。こんばんは。

禁酒すれば解決しそうな気がするのに出来ないのです。

4%で一枚。

SUPフィッシング人多し

ホームサーフは家から歩いて行ける。
以前はドーリーにSUPを乗せ、缶コーヒーを呑みながらダラダラと向かっていた。これがすこぶる快適で、前の晩ゆっくり用意してそのままでかけ、片付けもそのまま引っ張ってきて家の庭でゆっくりできる。 しかし、困ったことに最近また空気漏れが発生するようになってしまい、再度朝SUPに空気を注入しないといけなくなってしまった。
冬の間は電動ポンプで膨らますのも問題ないくらい遅かった夜明けだが、流石に住宅地で3時4時にバリバリと音を出す気になれない。かといって手動でやるのも面倒くさく、結局車で来るようになってしまった。
現地に着くとまだ3時過ぎだというのに相当な混雑で、車を停めるのに一苦労する。アチラコチラから電動ポンプの音がするので、相当沖に出る人が多そうだ。
準備をしてると少しだけ沖の方が白味が増してきた。すると次々に沖に向かってSUPが出艇していく。10人近くいるのではないだろうか。これはのんびりしてられないぞと準備を急いだ。

軽く波被り、その時魚探は

準備が終わると、すでに4時は過ぎていた。どうやら私が一番最後らしい。
今日は天気が悪く、なかなか暗い。波が崩れるポイントから深くなってるのだからとそこまで進み、波を交わして一気に乗り込んだ。慣れたものである。と思う刹那、目の前に波の壁。慌ててダブルパドルを漕ぎながら波に向かって真っ直ぐになるようにする。少しスピードが出たからか、なんとかギリギリ波は乗り越えた。魚探はどうだ。結構な水しぶきはかかっている。がしかしモニタは問題なく映っている。大丈夫だ。急いで安全な場所まで漕ぎ、水浸しになったタオルをキツく絞り拭く。
乗り込む場所はもう一歩先だったのだろう。慣れからの油断は怖い。

濃い魚影で冷静さを失う

ポイントに着きジグサビキを落とす。さほど時間もかからず魚探のアラーム音が響く。なかなか大きな魚群だ。タナをあわせてサビキを上下にすると手頃なサイズのアジがあがってきた。
ははーん。これはチャンスというやつだな。ジリリキテル。早くもキテるのだ。
かかったアジを外さずサビキをそのまま落とす。さらに大きな獲物を狙うつもりだ。前回のマハタで実績はあるのだ。
魚探を見ていると予想通り一際大きい魚影が後ろについている。さぁ食え。食えと呟くが不発。さらには仕掛けをあげる途中でアジはいなくなってしまった。
しかし、今日はこれで終わらない。次は魚群はイワシ。同じようにこれも落とす。
大きな魚影が見えたあたりで激しく暴れだした。食うのだ。不発。
イワシをあげてみると皮が剥がれボロボロになっていた。これはどういう状況なのだろうか。
その後、小サバがかかったので同じように落としてみると、強烈に暴れて仕掛けがヨレてしまい使い物にならなくなってしまった。しょうがないのでこれを交換する。
交換したサビキは100均で買った2本セットのものだ。しかしこれが良かったのか、いいサイズのアジが立て続けにかかる。3本針すべてにアジ。
SUPに引き上げるも勝手に針から外れ海へ。針が多いのでタモを使って絡まるのを嫌ったせいだ。失敗した。
なんとかアジを持って帰りたいと再度落とすと、すぐまたアジがかかった。いいサイズだ。今度はタモを使って慎重に取り込む。成功だ。
あげると同時に魚影も無くなったので、今回から導入した神経締めセットを利用してみようと実行してみた。これでおとなしくしてから写真を撮ろうと。
脳破壊をするために、眉間の間にニードルを刺すのだが、SUPに穴が空いてはいけないと試行錯誤している間に暴れて手から落ちてしまい海へ。
あろうことか、これだけ釣って一匹も手元にいないなんてことがあるのだろうか。
今日は何かがおかしい。

4%

そういえば今日はまだ写真を撮ってなかったなと思い、iPhoneを起動したところ、バッテリー残量4%。
流石にこれはまずい。充電したつもりでいたのだが。
事故が起きてからでは遅いので、他の方達に声が届く距離をキープしながら釣りをすることにする。

ワカシに遊ばれる

再び反応があったのでジグサビキを落としてみると、小さいイワシが3匹ついてきた。そのまま落とし込むが不発。しかたないので一旦あげてみると、ワカシが1匹追ってきた。試しに見える位置でそのまま泳がせてみると、ワカシがイワシにアタックを繰り返して来る。食べるつもりではないのだろうか。それとも見切られてるのか。
ボロボロになったイワシを最後に綺麗に針にかからず取っていった。ヤバ過ぎるスキルである。
泳がせでは捕食スイッチが入らないのだろうか。先にイワシやアジが食べてくるのも問題だ。
そこで、サビキを外してメタルジグを直結してみる。その後ワカシが爆釣。入れ食いとなるが、流石にワカシはいらない。しかしワカシしか釣れない。ジグがBOZLESのトウキチロウでは小さすぎるのだろうか。10匹以上釣るが最後の1匹のみ残してリリース。

ボウズのがれスタイル

最後はアジでも釣って帰ろう。と、サビキをつけてシャクる。気づけば半分以上の人たちが浜に帰っているようだ。そろそろ私も帰ろう。スマホの充電も無くなった。
サビキを落とすとひったくられるようなアタリ。これは期待できるとあげると、大ぶりなイワシ2匹。これは刺身にしたら美味そうだ。蓋付きのバケツに放おりこんで急いで浜へ向かった。

漬け丼にして食す

帰宅後、苦労して神経締めしたワカシと、まだ生きていた大ぶりなイワシを急いで漬けにする。SUPを洗ったりシャワーを浴びたりしながら30分ほど待つとほどよく漬かった。
炊きたてのご飯の上に乗せ嫁に声をかける。
大葉やネギ、そしてゴマなんぞを散らして。
これがインスタ映えというやつだよ。知ってるかい君は。
とりあえず写真を撮るんだ。食べる前が勝負なんだよ。
などと言いながらiPhoneに手をかけ思い出す。そうだ0%だった。
カメラを取りに行きバッテリーをかき集めるも全て充電出来ていない。
これ以上待てませんけど。という顔をされしょうがなく合掌。
味見した時より少し塩味が効いている気がした。

釣ったマハタを食べてみた話。

家にアリが発生して困ってます。何某です。

そんなところから入ってくるのかという1mmにも満たない隙間からなので、どうしたものか。

どーん。

マハタの内蔵を食べてみた

先日SUPフィッシングで釣ったマハタをとりあえずおろしてみます。

三枚おろし。

美味しそうな肝と胃袋が出てきました。
最近釣りたてのホウボウの浮袋やら胃袋で一杯やるのが好きなので、マハタの内蔵もいってみます。
とりあえず

  • 胃袋
  • 心臓

これらを綺麗に洗った後、湯引きしてポン酢ともみじおろしでいただいてみます。

マハタの肝と胃袋ポン酢。

前割りした芋焼酎に良くあいます。ねっとりとした濃厚な肝と歯ごたえのある胃袋は最高です。
ただ、腸は開いて丁寧に塩で揉んで洗ったのですが、苦くて食えたものじゃなかったですね。これは失敗。やはり大型になるとだめなんですかね。
ちなみに、心臓は湯引きしたら縮んでどれかわからなくなってしまいました。

一晩熟成させてみる

身の水気をよく切り、キッチンペーパーとラップで巻いて冷蔵庫へ。翌日刺身でいただきます。

マハタの刺身。

甘みがあり、薄くても歯ごたえがあって食べごたえが凄いですね。白身魚なのに醤油に落とすと脂の膜が出来るくらいですが、全くしつこくなく、舌の上でさらりと溶けて、身と溶け出した旨味が喉をスルッと通っていき後味もさっぱりです。
前日よりも水々しさは無いですが、旨味は格段にありますね。

エアコンをつけて鍋で食す

アラ汁でもと思ってたのですが、量が多くて刺身だけじゃ消費できません。週末消費できなかった残り野菜が鍋向きだったので、マハタ鍋にしてみました。
頭とカマの部分は、後日アラ炊きにしたいので取っておくとして、残りの部分で出汁を取ります。
アラを湯引き前にしっかり塩で洗って、さらに1時間ほど漬けておいてから湯引きして、沸騰させないようにして抽出します。本当はこのとき昆布もと思ってたのですが、消費しきってしまっていたようなので、昆布茶を適量ササッと入れます。
後は、切ったマハタと野菜を消費したいだけブチ込んで火が通ったら終了。

マハタの鍋。

ポン酢必要かと思ったのですが、塩味が効いていて非常に美味かった。身が煮てもしっかりしてるんですね。
汁もグイグイ飲めます。なんなら酒の肴に出来るくらいの濃厚なスープに仕上がりました。

消費できなかったのでさらに熟成されてます

さすがにこの大きさは一日二人で消費出来ませんでした。なので、さらに熟成させたマハタを今日はいただく予定です。どんな味になっているか楽しみです。

以上です。

SUPフィッシングで超高級魚が釣れた話。

体調が悪いと食べて治そうとしてリバウンドしてしまいます。何某です。

富士ヒルはフィットネスとしてがんばります。この体重でブロンズとか無理。

高級魚の肝と胃袋ポン酢。

そろそろ青物が入ってくる時期

あれほど軽くですよと念には念だったが、案の定呑みすぎてしまい起きたら昼過ぎ。また貴重な休みの一日を無駄にしてしまった。
「機嫌が治ったら教えて。」
起きたばかりの嫁は再度昼寝に入ってしまった。釣りに行けない休日は自業自得といえど機嫌が悪いのだ。
予報を見ると、明日は待望のSUPフィッシング日和。晴天微風の窓の外を見ないようにしながら、地元の定置網の状況を調べる。
去年の今日はイナダ、ワラサなどが入ってきてたようだ。今年はまだのようだが。
この暑さなら明日の相模湾は青物狙いでいいのではないだろうかと、水を一杯呑んでから準備をはじめる。

朝マズメは魚探が忙しい

夜明け前からSUPフィッシングは大盛況で、カヤックも2艘ほどいる。
薄暗い中皆一斉に沖を目指すが、PE1.5号を100mほどしか巻いていない私は手前がポイントだ。グイグイを前に進めてくれるダブルパドルが気持ちいい。
魚探の電源を入れしばらくすると、ものすごいアラーム音が鳴る。

魚群リーチ。

これはすごいと興奮しながらジグサビキを20m付近まで落とすと、何か小魚がかかった。そのまま泳がせてみる。いわゆる落とし込みというやつで、サビキにかかった魚をエサにもっと大きい魚を釣ろうという釣り方らしい。
がしかし不発に。魚探に反応がなくなったので一度あげてみると、イワシが皮一枚でかかっていたので、あらためて針を目に刺して再度落とし込む。すると、着底のタイミングで何かが釣れる。特にひくわけでもない。あげてみると小さいマハタ。BOZLES TGトウキチロウ 80g ブルーピンクに反応したらしい。さすがボーズレス。いいメタルジグだ。

マハタ。

幻の高級魚が釣れる

エサのイワシがまだ生きているので、そのまま再度落とし込んでみる。魚探ではかけあがりになっていて、過去にはマダイやヒラメもあがっているポイントだ。底を取りながら置き竿にするつもりで、他の竿の準備をしていると、一気に竿が持ってかれた。危なく落水する寸前を捕まえ手元に手繰り寄せる。45m付近でイワシを食ったそれはジージーとラインを引き出しながら逃げようと必死だ。
これは一旦どうにもならないとロッドを股に挟んでSUP上を片付け始める。長時間の戦いになるかもしれないのだ。
鳴り止まないドラグに不安を感じる。ラインは100mしか巻いてないのだ。残り20mしかない。ドラグを慎重に締めていくもどんどんラインは出ていく。PE1.5号なので切れることは無いだろうが、という思いもあるが、間違い無く大物。確実に取りたい。
巻いては出されるのを繰り返し、残り5mまで来てしまった。スプールが完全にむき出しになっている。焦る。
さらにドラグを締めてグイグイと巻くことにした。力でねじ伏せるというわけだ。結構締めた気はするが、それでも多少ラインは出される。しかし5分ほど格闘したからか、相手も多少弱ったらしく巻き上げることができるようになってきた。
さらに格闘すること5分。残り5m付近まであがってきた。慎重にやりとりする。まだまだラインを引き出す力はあるらしい。
リーダーを巻き取れるくらいまでくると、やっと姿が見えた。なんだこれは。クエか。とにかくでかい。引くはずである。

マハタ 50cm 1.4kg

慎重にタモに入れたあと、慌ててストリンガーにつなぐ。
一旦落ち着いてよく見ると、50cm、1.4kgのマハタ。さっきのとは同じ種類でもサイズが違えば全く扱いが違う超高級魚様である。実際は、このサイズでも超やら幻が付くのかどうかは不明だが高級魚と言っていいサイズだろう。嫁には超高級魚。そういうことにしておこう。
こんなのがSUP上で暴れたら大変なので、バケツに逆さまに入れ血抜きをし、とりあえず一休みすることにした。

もう帰ろうかなからの青物入れ食い

しばらく流されながらスロージギングを楽しんでいると、たまに小鯖がかかってきた。持って帰ってもしょうがないので、リリースをする。
魚探のサイドビューを見ると、左舷から魚群が迫ってくるようだ。また小鯖だろうか。
魚群を眺めていると、やたら大きい魚体が後ろにくっついて泳いでいるのがわかった。魚群が通り過ぎたと思った刹那。ナブラが発生する。
急いでルアーを投げるも不発。
その後も定期的にナブラが起きるが、どれもルアーを食ってくることはなかった。ブリなのかシイラなのか。
ちょうど岸に戻される潮になっていたので、ひっきりなしに来る魚群を狙うことにしてみる。
小鯖だと思って軽くシャクると、軽く青物のひきだ。手のひらサイズからのワカシがそれの正体。

ワカシ。

これはチャンスだと、すぐリリースし再度投入。フォールでサビキにワカシが食いつく。入れ食いだ。
ただサイズアップは見込めず、結局持ち帰りは超高級魚様のみとなった。
とりあえず熟成させて刺身と鍋だろうか。アラ煮も美味そうだ。これだから釣りはやめられない。

© 2018 磁力式駆動 All Rights Reserved.
Theme by hiero