【注意】SUP、カヤックフィッシングする方へ

定置網内へ入る、係留する、仕掛けを引っ掛けるなどが多くなっており、漁師さんとのトラブルが増加してるようです。

SUP、カヤックを排除しようとする動きもあるため、定置網へは近づかないようお願いします。

最終的に中華街の栗みたいな話。

着々と春への準備は進んでます。どうも何某です。こんにちは。

暖冬で対象魚が、シーズンにいないのではというのは心配です。

朝。

その番組は聴きたくない

鼻歌を歌っていると、「なんなのそれ。やめて欲しいんだけど。」と理不尽な怒りをぶつけてくる嫁。
毎週聴いているラジオのパーソナリティが、歌っていたくだりを説明する。
競輪場で、見えない敵と戦っているオジさんを見た時と同じ顔をする嫁。
上手く伝わってない気がするので、ラジオアプリを起動し、実際に聴かせようとすると、「嫌だよそのラジオは。聴かないよ。」と、露骨に嫌な顔をする。

「そのラジオ、毎回オシッコ飲みたいとか、パンツ食いたいとかばっかり言うから、聞いてて気持ち悪くなるんだよ。」

『男ってのは常にゴールドラッシュなんだよ。文字通り黄金を探す生き物なんだ。』

女には男のロマンというのがわからないらしい。
憤慨した私は、時計仕掛けのオレンジよろしく、大音量で何回も繰り返し聴かせる。
もうやめてくれと哀願する嫁の耳元で、今度は私が口ずさむのだった。

やらかしてパニックに

寝ている嫁の耳元でささやくように歌う。だいぶ、うなされているようだ。
起きて怒られる前にいつものサーフへ行くと、かなりの車が停まっていた。
暖かくなると車止められなくなるだろうな。いよいよ別の場所を、開拓しないといけない。
夜明けの時間が過ぎ、離岸する。今日は波が小さいのでそれほど難しくはない。
がしかし、パドリングしても思ったように進まない。
それどころか、若干右に曲がってしまう。
バウが右を向いた瞬間に小さい波をくらう。慌ててパドリングをし体勢を立て直す。
次の多少力のある波が正面から来る。飛び降りるか悩んだが、降りた場所の水深がわからない。瞬時に覚悟を決めてカヤックが横を向かないように身構えた。
バウで割った波がカヤックを包み込んだ後、浜に真っ直ぐ押し戻した。
底をガガガッと擦る音が聞こえたので、降りるかどうか悩んだが、一度体勢を立て直すつもりでパドルの位置を確認する。
右を見ると反対になっていたので、180度回す。左を見ると、また反対になっている。なんだこれは。
よく見ると、右と左の向きを逆に接続していた。そのせいで、裏面で漕いでいた右側のほうに若干曲がって進んでいたのだ。
パドルの向きを正しく接続しようとするが、焦ってしまいでなかなか出来ない。そうしている間に、波で横を向きかける。それを必死で抑えながらもがく。

「大丈夫ー?押すよー!」

その声に振り返ると、SUPの方が後ろからカヤックを持ってくれていた。
これで我に返り、一旦カヤックから降りる。
よく見ると、すでに波の影響がほとんど無い場所までカヤックは押し戻されていた。
少し会話をし、落ち着きを取り戻してから、押してもらい離岸する。
沖でお礼を言い、コーヒーを飲んで一息ついた。

反応はあるも

今日はロッドを3本持ってきているので、多少準備に時間がかかる。
先に魚探を起動し、ジグをつけていく。
水深20mほどで何かの群れが通ったのか、上から下まで強い反応が出た。
ジグを落としたりルアーを投げてみるも、全く食いついてこない。
そのまま水深120mまで流す。ほどほどにベイトの反応があるも、ジグには反応が無い。
参ったと、諦めて深場に行くことにした。

ひったくる強烈なアタリ

ボーズレス TG太閤ヒデヨシ ピンクゼブラ200gに交換し、水深200mの底から10mほどまでを丁寧に探る。
底から3mまではネチネチと1/8ピッチでアカムツ狙い。その後は、10mまでワンピッチに、時折大きいフォールを入れる。
何度か落とし直した底から5m。ハンドルを素早く回すと、跳ね上がってる途中の竿先が勢いよく戻った。
アワセを入れると、音を立てながらラインが出て行く。
ドラグを調整しながら巻き上げてくる。
最初は青物かと思ったが、どうやら違うらしい。最近では1番力強いタタキが入る。さては、そこそこ大きいアラだな。
残り80mを過ぎても、まだまだ強烈なタタキをする。おかしい、アラだとこの辺りで大人しくなるはずだが。
残り20mを過ぎてもタタキが止まらない。
余程大きいアカムツか、キンメか。

アニマル梯団。

程よく食べ応えのあるサイズのアラが上がってきた。こんなに引くのは初めてだ。
このサイズは熟成後の味が楽しみだと思いながら、丁寧に神経締めした。

サバとサバ

アラを神経締めしている間にジグを落とす。
着底前に何かが食ってきたらしい。巻き上げるもバレていたようだ。
クーラーにアラを入れたあと、底に放置していたジグをシャクる。底から5mほどで何かが食ってきた。がしかし、これもすぐバレる。
再度落とし直して巻き上げると、5mほどで再度食ってきた。
サバっぽいなと思いながら巻き上げる。

マサバ。

ゴマサバかと思ったが、背ビレを数えるとマサバのようだ。
サバラッシュになりそうなので移動。SUPの方たちと情報交換しながらシャクる。
ところが今度は全く反応が無い。
そこでSUPの方々が、もう少し深場に移動するという話をしているので、私は浅場に行こうかと回収することに。
高速で巻き上げていると、ドスンとかなりの重さが手元に響いてきた。
慌ててやり取りの体勢なる。
手応えがおかしい。これはサバが一荷でついてるな。2匹がそれぞれ引っ張ってる時と同じ感触。間違いない。
速めの回収をおこなっていると、フッと軽くなり、引きが素直になった。1匹バレたらしい。

ゴマサバ。

身の細いゴマサバがついていた。
やーこれは美味しくないだろうな。と思いリリースしようとすると、リアフックがエラを傷つけており、自動で血抜きが開始されていた。
しょうがない。フライにすれば脂がなくても美味しい。丁寧に神経締めしてクーラーに入れた。

今日は漁師が優しい

今日は友人が遊びに来るので、浅場でやるのを諦め納竿とする。
着岸すると、漁師がこちらにやってきた。何も悪いことやってないぞと緊張しながら挨拶する。

「今日は何が釣れたんだ。」

と、ニコニコしている。
最近、積極的に地元で呑むようにしているので、少しは私の顔が売れたのかなと思っていると、さらに顔をニコニコさせ、あそこでなんとかが穫れるなどの細かい情報を教えてくれた。
いつも不機嫌なのに珍しいなと思っていると、もう1人近所の方が加わり、私が地元民だと知るとカヤックを指差し、「俺のように置かせてもらえばいんだよ。」と言う。
高齢になったので手放したらしいが、ミニボートを浜に置かせてもらっていたのだという。確かに数年前までミニボートが何艇かあった。

「あそこでコマセ撒いたら一発でイシダイ釣れるぞ。今の時期は美味いんだ。やってみろ。」

先程の漁師が、さらにニコニコしながら「ルアーならこれつければ一発よ。」と餌木を見せてきた。
餌木でイシダイを釣る。どういうことだ。試されている。これは試されているのだ。

「イシダイが一発で釣れるルアーが4個で千円。どうだ?」

おそらく、網に引っかかった餌木やジグを釣り人に売って小遣い稼ぎをしているのだろう。珍しく笑顔だと思ったら裏があったのだ。
丁重に断ると、別な釣り人を見つけて近づいていった。漁師は笑顔のほうが怖い。

洗脳完了

帰宅し玄関を開けると、嫁の鼻歌が聞こえる。今日は友人が来るので早めに起きて掃除をしているようだ。

「おしょんこぽんぽん。おしょんこぽんぽん。」

静かに覗く。

「おしょんこぽんぽん。おしょんこぽんぽん。」

気配に気づきこちらを見た嫁と目が合う。
口を台形にした状態で、「ハッ!」と声をあげ驚いた後、やってしまったと顔を赤らめる嫁。
嫌だ嫌だと言っていた空耳を、気持ちよく鼻歌してしまったのだ。

『アレだけ嫌だと言ってたのに、身体は正直だな。』

とニヤニヤ見ていると、「トイレ掃除もしなきゃいけないし、構ってる暇はないんだよ!」とキレ気味に行ってしまった。
ここぞとばかりに大音量でラジオを再生する。
トイレの中で「アー!!!!」という絶叫が響き渡っていた。

タイドグラフ

タイドグラフ。

【注意】SUP、カヤックフィッシングする方へ

定置網内へ入る、係留する、仕掛けを引っ掛けるなどが多くなっており、漁師さんとのトラブルが増加してるようです。

SUP、カヤックを排除しようとする動きもあるため、定置網へは近づかないようお願いします。

Avet SXJというリールを買った話。

思ったより早く届きました。どうも何某です。こんばんは。

もうリール買わないなんて言わないよ絶対。

ちょうどいいリールがほしい

最近はカヤックに乗って中深海のスロージギングを中心に釣りをしています。
で、たまに浅い時期のタチウオ船なんかに乗ってジギングなんかもしてるのですが、中深海が楽なリールは浅場のジギングでは大きすぎて使いづらいわけです。
普段浅場で使ってるのはこれ。

ラインキャパがあるので、体力さえあれば手巻き中深海も出来ます。相当キツかったですが。
個人的には70mくらいまでがストレス無く使える感じですかね。
浅場なら使い勝手がよく、グラップラー BB B632とのセットでよく使っています。
コスパ最高です。
で、そのうえのクラスとなると、オシアジガー2000しか持ってない。オシアジガー3000とかも持ってるのですが、普段のカヤックで使うにはちょっと大きすぎる。深海のカヤックジギング以外ではまず出番無いです。

スロージギングロッドは今のところ2ozと4ozの2本持ってるのですが、意外と使い分けたい時があったりします。
で、2ozにアブのリールをつけてみたりするんですが、中深海ではだいぶキツイ。じゃあと、2000を2ozにつけて3000を4ozにつける。
何も問題ないのですが、スプール幅が大きいので指レベルワインダーをする必要があるのですが、これが結構面倒。船なら何も思わず自然に指が動くのですが、動きが制限されるカヤックだから面倒に感じてるのかもしれません。
じゃあ、2000をもう一台買うとか1500買うとか。って話になる。
オシアジガーのシルキーな巻き心地が大好きなんですが、なんか面白くならなそうなので、ちょうどクーポンもあったことですし、個人輸入で1500と同じくらいのスペックのリールを購入してみることにします。

Avet SXJを購入

条件としてはこうなります。

  • ナロースプール
  • PE1.2号を600m以上巻ける
  • 予算3万円

こんなもんですかね。
シマノ オシアジガー 1500HGで4万円くらいっぽいので、送料いれてそれ以下ならまぁいいかと。
あんまり高いようなら1500買っちゃいますが。
というわけで調べて決めたのがAvet SXJ G2 6/4 MC 2-Speedになります。

こちらで購入。クーポン使って送料込みで$330くらいなんで、日本円で¥36,000ちょっとのようです。
ちなみに国内で買うと、5〜6万円くらいでしょうか。
嫁に色聞いたら、ニヤッと笑った後、「もちろん、青だね。」とのことなので、ちょうど在庫もあったので青にしました。

あっという間に到着

予定では1週間後だったのですが、3日で届いてしまいました。毎回このくらいなら非常に助かるのですが。無駄にスペイン経由とかにならなくてホッとしております。
ダンボールを開けてみますとこんな感じで入ってました。

開きかけの箱。

蓋がズレてますね。

ホコリだらけのSXJ。

手で触ったような形跡があったので、関税で開けられたのかもしれません。
結構なホコリだらけでした。まぁ使用には問題ないので大丈夫です。

大きさを比較してみる

すでに持っていた、JXと比較してみます。

比較。

左がSXJ、右がJXです。
かなり小さいですね。
重さがカタログ値450gで、実際に測ってみたところ458gだったので、ちょっと重いです。自転車のパーツだったらブチ切れてるところですが、リールなので、8gくらいの誤差は問題ないでしょう。
大きさの比較のために、もう1枚撮ってみました。

比較。

みんな大好きスパイファイブとの比較です。
かなり小さいですね。

2世代目はレバードラグが違う

今回購入したのはG2と銘打ってる2世代目らしいのですが、何が違うのかというと、耐久性だとかドラグ性能が向上しただとかあるみたいですが、大きくはレバードラグが違ってます。
実際何が違うかというと、カチカチカチっとレバーを動かすと音がなって、穴の位置に停止位置が決まっています。
手元を見なくても打てるガラケーのような感じといえばわかりやすいでしょうか。前よりも指の感覚でブレーキ加減を調節しやすい気がします。
で、レバーの位置の解説なんですが

  • FREE: スプールフリーの状態。
  • BAIT: ちょっと摩擦がある状態。ジグの落とす速度を調整したりする範囲。泳がせの時はここにするとかしないとか。
  • STRIKE: 魚とやり取りする位置。ファーストランとかはこの位置になるかと。
  • FULL: 最大にドラグを効かせたい位置。

で、触ってみるとFULLに入らない。不良かなと思って触っていたら原因わかりました。

レバードラグ解説。

ボタンを押すようになったんですね。
確かにやり取りの最中に慌ててるとFULLに入れてしまったりすることがあります。
うっかり入らなくなったのは、個人的には最高の改善だと思います。

MCと2スピード

Avetのいいところはキャスティングのブレーキ機構がついてるところかと。
いわゆるメカニカルブレーキのMCが5段階。投げるだけではなく、1kgものジグを落とす時には、MCでの微調整でバックラッシュが格段に減ります。
あとはギアが2スピード。ローギアとハイギアがついてる。
これが1台で済むのが最高なんですよね。
ただ、ハイギアの巻心地はオシアジガーと比べたら良くないです。6.3:1なので、そんなに変わらないはずですが、巻心地は劣っているし、単純に重いです。
この辺りはベアリングを国産に変えるとかすると改善するという話もありましたが、インチのベアリングのような気がするので、入手も面倒そうなので分解が必要になった時にでも変えようかと思います。
とはいえですね、新島キンメのような特殊な釣り以外では、ハイギア普通に使えますよ。オシアジガーが凄すぎるんだと思います。
瞬時にロー、ハイギアを切り替えれるメリットというのは相当ありますので、釣りのスタイル次第でしょうか。
Avetのシングルスピードのリール使ったことないんですが、もしかすると巻心地良かったりするのでしょうか。

なんだかんだでコスパ最高

Avetのリールは性能が良い上小さいってのが売りのようですが、まぁ、動画見ると身体がデカイ海外の方が持ってるので、そりゃあなた方が使えば小さいよねって話にはなります。
となると、国内企業が作ってる日本人向けの製品のほうが間違いないとは思うんです。
潤沢に資金があれば。釣りをしているだけでビル・ゲイツになれればいいのに。私も、そんなことを思う日々です。
なので、予算の中で何を買うかが重要になってくるかと思います。
安いのを2つ買うのか、高いのを1つ買うのかなどなど。
そういう時に、安くて様々な釣りに使える、こんなリールが選択肢にあってもいいかもしれません。
ただ、安いのは個人輸入だからというのがあるので、そのリスクはあるのですが。。。
あ、そうそう。最近ゴメクサスのリールの検索流入がすこぶるあがりまして。
個人的にはゴメクサスはカスタムパーツは安くて良さそうだけれども、リールに関しては不満に思うところが多く、ちょっと高いなという感想になってます。
SXJのシングルスピードのMC無しなら2万円以下で買えるかと思うので、特別な事情が無い限りはAvetのSXJがいいんじゃないかなと思ったり思わなかったり。
とりあえず、使用したら感想を書きたいと思います。

【注意】SUP、カヤックフィッシングする方へ

定置網内へ入る、係留する、仕掛けを引っ掛けるなどが多くなっており、漁師さんとのトラブルが増加してるようです。

SUP、カヤックを排除しようとする動きもあるため、定置網へは近づかないようお願いします。

ウッカリ毒魚に刺されてしまった話。

中深海用のフックを作らなくては。どうも何某です。こんにちは。

最近アシストフック関連の話をよく質問されるので、そのうちレシピをまとめてみようかと。

どーん。

ちょ待てよ

『鈴木杏樹の運転する車でホテル行ったのかよ!!』

ラジオから飛び出てきた情報に、理性を忘れて声をあげてしまう。
ミュージックフェアの運転でホテル。宝くじ当てるより難しいのでは。
嫁は、こいつ鈴木杏樹で性的興奮を感じてるんじゃねーかと、引き気味で見てきている。
確かに、恥ずかしい話ではあるが、小生のあすなろは若者のすべてになっていた。

『同じリトルトゥースとして応援せざるを得ないね。』

「そうなの?」と疑問視してくる嫁。
杏樹と私は同じラジオを聴いている。

『つまりは、俺が杏樹を抱いたと言っても過言じゃないんだよ。』

こういう時は何を言っても無駄だな、というのを嫁は知っている。
私が飽きるまで、放置というプレイに興じるようだ。
しばらく無視された私は、ついには寂しくなり、負けを認め、

『街にボニーピンクに似てる人を探しに行こうぜ。』

と嫁に声をかけてしまうのであった。

今日は青物リベンジ

『あのボニー。本人だったんじゃねーかな。』などと思いながらホームサーフへ向かう。
いつもの方々に挨拶をする。今日は深場から皆始めるとのこと。
私はいつもの場所ではなく、大きく移動して青物を狙う予定だ。
夜明け後に、サクッと離岸し、私だけ岸と平行に移動。1kmほど行った先で沖に向かう潮に乗る予定だ。
途中に魚探に反応がある。急ブレーキをし、少し戻る。
真鯛だろうかと、水深30mへ向けてゼスタ スローエモーション フラップ ゼブラケイムラブルー120gを落とし、1/8ピッチで細かく誘うと、ゴツンと狙い通り食ってきた。
軽い手応えなのでゴリ巻きしてくると、手頃なサイズのホウボウ。

ホウボウ。

大好物である。帰宅後の酒が楽しみだ。

エア抜きは難しい

予定の場所へ行こうとすると、どうやら刺し網っぽいのが入っているようだ。
しょうがないので、網から離れ沖に出る潮に乗って釣ることにする。
70mくらいから徐々に深くなっていくため、ディープライナー スパイファイブ ブルータンジェリンイワシスモーク180gに変える。
反応は悪くない。バラけてはいるが、群れは入ってきているようだ。
底から20m付近を、細かく刻みながらしつこく狙う。
水深150m付近の底から5mほどで軽いアタリ。
引きは悪くないが、おそらく小さいアラだなと巻いてくる。

アニマル梯団。

予想通りコアラがあがってきた。
美味しいサイズのアラを最近見なくなってきたので、熟成しても味が変わらなそうなサイズはリリース方針に最近決めた。
となればエア抜きだが、復活しないところを見るとどうやら失敗してしまったらしい。
無理に押しこんだのが駄目だったのだろうか。なかなか上手くいかないものである。
申し訳ないと思いながら、せめてものと丁寧に神経締めをし、美味しくいただくことにする。

反応が無くなったので

魚探に何も映らなくなったので、全層で使えるジグにでもしてみようと ボーズレス TG太閤ヒデヨシ ピンクゼブラ200gに交換する。
タダ巻きでもよし、シャクってもよし、フォールもよし、なんなら放置していても釣れるという万能なジグではあるのだが、あまり使うことが無い。
中深海エリアまで差し掛かったあたりで、周りの方々から釣果を聞かれる。
私の『ホウボウ』という釣果に、「中深海にもホウボウっているんですね!」と皆驚いているようだ。
や、浅場で釣ったんですよと話をしたところ、「浅場をやるなんて、気でも違えたんですか?」というようなことを全員から言われる。
そういう風に見られているのか。
この人達の目には、私が松方弘樹、嫁が岡本夏生くらいに見えてるのではないだろうか。
嫁にハイレグ水着を着てもらうにはどうすればいいのだろう、などと考えながら、水深110mくらいへ戻り底を1/8ピッチでネチネチと攻める。
アマダイでも釣れないだろうかと思いつつも、魚探に反応あったら即巻き上げて中層も狙うつもりだ。
底から3mもないくらいで、ゴゴンっと竿先が暴れた。
アワセるとかなり首を振る感じだ。
定期的に叩いてくる。これはアマダイでは。しかもかなり大きい。
残り10mほどでもタタキが止まらない。これは間違いない。アマダイだ。

ウッカリカサゴ 1.3kg。

まさかのウッカリカサゴ。そして大きい。
帰宅後計測すると、1.3kgもあった。
腹に卵がパンパンに入っているように見える。相当これは美味しいぞ。

ウッカリ毒魚にやられる

ジグをシャクっていると、右手の親指がジンジンと痛みを訴えてきた。
何事だろうかと見ると、指から軽く血が出ている。
ウッカリカサゴのヒレが刺さったのだろうか。
我が家にある図鑑には、ウッカリカサゴにも毒があると書いてあった。この痛みは、その毒のものだろうか。
ものの数分で、ハンドルを握るのも厳しくなってくるほどの痛みが襲ってきた。
腫れがあるわけではないが、とんでもなく痛い。
これはヤバいなと急いで納竿。着岸の準備をする。
パドリングもしたくないほど痛い。海況は穏やかなので、無理はせず戻る。
無事着岸し、少しの休憩の後片付けを開始し帰宅した。

やっぱりウッカリ

帰宅後、嫁にバレると無駄に心配するので、起こさないように静かに休憩する。
2時間ほどで、だいぶ痛みが無くなってきた。意外と時間がかかるものである。
魚を下処理するために、ニッパでウッカリカサゴとアラの棘を切っていく。
切った棘を安全な状態で捨て、まな板を持った刹那、右手人差し指に軽い痛みが走った。
見るとウッカリカサゴの棘が軽く刺さっていた。
確認を怠ったという反省と、本当にあの痛みはウッカリカサゴのせいだったのか、というのがあり、ソファに座って様子を見ることにした。
数分でジワジワと違和感が出てくる。
さらに数分後にジリジリとした痛みが広がってきた。
やはりウッカリの毒だったのだと、急いでポイズンリムーバーを使い血を吸い出す。
圧迫し血が止まるまでの数分で痛みは消え去った。ポイズンリムーバーは偉大だ。
嫁にこの話をすると慌てふためいていたが、古来より伝わる毒手の話を私がしはじめると、「ふざけている場合ではない!」と、嫁は怒り始めた。

「家の台所で、毒にやられて死んだなんて洒落にならないんだからね!」

とまくし立てる嫁に、『それってヘブンズキッチンとかけてるの。』と聞いてみたかったが、あまりに怒っているのでやめておくことにし、毒狼拳蛾蛇虫はカッコよかったなあと幼少期の思い出に逃げるのだった。

タイドグラフ

タイドグラフ。

© 2020 磁力式駆動 All Rights Reserved.
Theme by hiero