釣ったマルイカとホウボウを晩ごはんで食べた話。

ラジオでもしかしたら梅雨明けちゃったかも、とか話してました。何某です。

振り返ればあの時明けていたパターンが6月末になる可能性。早いね。

夕暮れ。

二度寝したら雨やんでたのでSUPフィッシング

朝4時前くらいに準備して外出たら雨降ってまして。ふてくされて二度寝をキメたところ、9時過ぎくらいには雨あがってたんですよね。
嫁が1時間くらいやってきたらというので、SUPとパドルとジギングロッドだけ持って手軽に行ってみました。
潮止まりの時間だったせいか、ホウボウが1匹で終了です。

ホウボウ。

マルイカとホヤ

1日真空パックで熟成させたイカがいい感じになっていたので刺身にしてみました。

マルイカとホヤ。

マルイカはおろしたてを一口つまんでみましたが、歯ごたえはいいですが味気なかった。1日寝かせることによって、ネットリとした食感で、非常に旨味が増しますね。熟成大事。
エンペラ、足の部分はコリコリしていて、また食感が違って楽しいので丸々食す贅沢を感じます。あまり店ではまるごと出してくれないので。
ちなみに、大葉を買いにいった魚屋に大きいホヤが安く売ってたので、それも一緒に刺身に。ホヤ大好き。
ホヤの中にある水、いわゆるホヤ水に漬けたものと、三杯酢のホヤも一緒に作りましたが、酔ってたので写真撮るの忘れてしまいましたね。
酒が進みますね。日本酒、焼酎なんでも美味しく呑めるのがホヤの素晴らしいところ。

ホウボウの浮き袋と潮汁

我が家定番のホウボウの浮き袋の肝ポン酢あえ。

潮汁と肝ポン酢あえ。

さっと湯引きした、浮き袋、胃袋、皮を肝ポン酢であえます。手軽で美味い。酒が進む。
これが本当に美味い。一時期はまたホウボウかとか思ってましたが、今では歓迎する外道になりました。
それとホウボウのアラで作った潮汁。これが締めにいんですよね。アラで出汁とって、昆布茶と塩で味付け。わけぎなんぞ散らしてみたりして。

週末の釣果が家計を助けてると言い聞かせる

ホウボウの身のほうは刺身にするので、真空パックして熟成させてます。
毎日毎日美味しい魚が食べられるのはいいですね。晩酌最高です。
魚買うと高いですからね。嫁をスーパーに連れてって

『目の前の海で釣れる魚が、スーパーだとこんな値段になるんだぞ。感謝しろ。』
「ほんとだねぇ。高いねぇ。」

なんて洗脳しておりますが、それを釣ったジグはそれ7匹分だよというのは言わないようにしてます。

以上です。

© 2018 磁力式駆動 All Rights Reserved.
Theme by hiero