【注意】SUP、カヤックフィッシングする方へ

安全のためフラッグは必ず掲げるようにしましょう。(2m推奨)

定置網内へ入る、係留する、仕掛けを引っ掛けるなどが多くなっており、漁師さんとのトラブルが増加してるようです。

SUP、カヤックを排除しようとする動きもあるため、定置網へは近づかないようお願いします。

地磯で愛と悲しみのビー玉勝負の話。

あけましておめでとうございます。どうも何某です。こんにちは。

覚える必要があるのか、という疑問を抱えながらする勉強って想像以上にキツイですね。
学生時代はテストなどの結果が出るので頑張れますが、社会人になってからのこの状態は気が狂いそうになります。

ひさぶりの磯。

空きがない

深夜に家を出て、いつもの地磯に向かう理由。

「ちょっと。冷凍庫片付けてよ。」

嫁のこの一言が原因だ。
冷凍庫を覗くと、やれ魚だ、やれ氷だ、やれオキアミだ、でパンパンになっていた。

「実家からのお歳暮のお肉が入らないんですよね。」

いつも『今晩は魚にしようか。』の提案に、「今日はそんな気分ではない。」と一蹴するくせにと思いながらも、『そうですね。すいません。』と頭を下げた。
何を片付けようかと漁ると、いつ使用したのか忘れるほど前のコマセが大量に出てきた。
使いきれずにそのまま冷凍したのであろう。
オキアミの色が少し悪いがまぁいけるだろう。
そんなわけで、渋々ながらも、結局は心躍らせていたのだ。

駐車場がない

気がつくと知らぬ土地にいた。

『ん?あれ?どこだここ?』

思わず独り言が出る。
ナビを見ると、どうやら駐車場を通り過ぎていたらしい。
ひさぶりに来たからな、と思いながら道を戻る。
だいぶ戻ってしまった。
もう一度。

『お?おぉん?』

きさらぎ駅。
そんな言葉が浮かんだ。
またしても知らぬ土地についてしまった。
ゆっくり戻り気づいた。駐車場が無くなっているのだ。
それに気づかず通り過ぎていたらしい。
駐車場を生まれたてのガードレールが囲んでいる。
足元がしっかりと道路に埋まっているのが、コロナで一時閉鎖などの形ではないことを物語っていた。
空いた土地を駐車場として貸してる場所が確かあったはずと探すが、どこも「コロナ禍なので貸してない」との張り紙がしてあった。
こうなると、行くか戻るかしか選択肢はない。
迷ったあげく、一旦戻り、別なポイントに入ることにした。

やる気はないが

背負子を背負いちょっとした山道を下る。
駐車場のナンバーを見るに、だいぶ遠いところから来ているらしい。空きがあればいいが。
ルアーマンに挨拶しながら先に進むと、隙間があったのでそこに釣り座を構えた。
いつもなら低く、荒れれば波を被ることもあるこの場所は避けるのではあるが。遅れてきたのだ。しょうがない。
左手には3名ほどフカセ師。少し沖を狙っている様子。
解凍した古いコマセを投げてみると、ほどほど飛ぶようなのでそのまま使うことにした。
少し沖に投げれるように3Bの浮きを、と思ったが、どうやら手元にないようだ。記憶にはないが、過去にロストしたのだろうか。
しょうがないのでBを選択し、試しにキャストしてみる。
がしかし、足場の悪い崖。振りかぶったところ、柔らかい竿先とウキが背の崖を叩いてしまい、私の腕では飛ばすのが難しい。
しょうがなしに足元から沖に流すことにした。

餌取りの猛攻の合間に

偏光グラスを通して見ると、海中は餌取りだらけのようだ。イワシだろうか。
コマセを撒くと、真っ黒に海中が染まる。
手前に寄せた後、フワッと仕掛けを竿一本分送り込んだ。
何度か繰り返していると、餌が残るようになったので、餌取りを足元に集めるのに多少は成功したように思う。
がしかし、大量にコマセを撒いているため、想定よりだいぶ早くあがることになりそうではあるが。
周りが静かに釣りを続けるなか、ウキがスススッーっと入っていった。
すかさずアワせる。
ほどほどの引きに心が踊った。到着から30分ほどで本命ゲットだと。

アイゴ。

あがってきたのはアイゴ。
最近ではキャベツを食べさせれば、臭みが消えるなどの話題になっているようだが、磯で釣れたのは流石に食べる気がしない。
毒のある棘に気をつけてリリースした。

餌取りの猛攻がかわせない

とりあえずはボウズではないと安心はしたが、後が続かない。
日が登ってきたからか、餌取りがより広範囲に湧いているようだ。
もうコマセの残りが少ない。
手前に寄せた餌取りを散らさないように気をつけながら、できるだけ沖に仕掛けを飛ばす。
潮に上手く乗ってどんどん沖に流れる中、トンッとウキが入った。
アワせると、大きく竿が曲がった。
膝を使いながらやり取りし、今度こそ、今度こそと念じながら寄せる。

あいご。

またしてもアイゴ。
思わず叫びそうになるが、グッと我慢した。
残り少ないコマセに全てをかけるも終了。納竿となった。
片付けていると、奥にいた釣り人2人が30cmほどのグレを立て続けに釣っていた。
やっぱり沖なのかな、今から時合だったのかな、などと思いながら、帰路についた。

嫁に相談する

帰宅し、いつもの駐車場が無くなった話しを嫁にする。

「それは大変だったね。釣り場がどんどん無くなっていくね。」

爪のメンテナンスをしながらも、「そうかい。そうかい。」と相づちを入れる嫁。

『バイクだったらいける場所ありそうなんだよね。買おうかな。』

と、思いつきで相談してみると、嫁はヤスリを持つ手を止め、東国原知事よろしくの上目遣いでこちらを睨んだ。

「アタイはアンタの後ろになら乗る覚悟はあるよ。いいじゃないか。買いなよ。』

なぜ、昭和ヤンキーの一人称に。
もしや、スケバン刑事2 少女鉄仮面伝説のビー玉のお京。私が相楽晴子のファンだったとバレているのか、はたまた嫉妬しているのか。
実家に隠してある、相楽晴子と小松千春のヌードが掲載されたスコラはまだあるのだろうか。
疑問は残るが、私に対して絶対的な信頼があるのだなと嬉しくなった私は、『振り落とされないように、しっかり掴まってろよ。』と気分良くシャワーを浴びにいくのだった。

タックル

タイドグラフ

タイドグラフ。

© 2022 磁力式駆動 All Rights Reserved.
Theme by hiero