【注意】SUP、カヤックフィッシングする方へ

安全のためフラッグは必ず掲げるようにしましょう。(2m推奨)

定置網内へ入る、係留する、仕掛けを引っ掛けるなどが多くなっており、漁師さんとのトラブルが増加してるようです。

SUP、カヤックを排除しようとする動きもあるため、定置網へは近づかないようお願いします。

気合入れてボート借りたら遊覧船だった話。

強風予報なので釣りに行かなかったら、いつまでたっても風吹かない。どうも何某です。こんばんは。

毎度のことながら現地行って判断しないといけないですね。

実際より遠くに映ってる。

唖然とする

「釣りをしたいからボートを借りて欲しい。」とのリクエストを受け、1ヶ月前に予約したのだ。
長々とあった自粛期間のせいか、アウトドアで三密回避というやつなのか、レンタルボートは1ヶ月前の予約開始直後に埋まる。
そのおかげでだいぶ私も焦っていたのだろう。

『おぉ、以前より船の種類が増えて予約とりやすくなってるぞ。良き良き。』

などと気楽に予約したボートを今、見上げている。
なんだこれは。空いた口が塞がらない。
寂れた観光地の遊覧船のようだ。
船自体は新しいのだが、釣り向けの船ではない。ホロに覆われた座席が4つ。外にベンチが一つ。スペースに3人も立てば埋まってしまう。とても釣りどころではない。
や、今回は4人なのだ。これでは釣りにならないではないか。
よくもまぁ出航時にスタッフは、

「ワラサ狙う?この船はイケスが無いから釣れたら大変かもよ?」

などと声をかけてきたものだ。
釣りすらままならないではないか。イケスどころの騒ぎではない。

これってなに?
何か悪いことでもしましたか?
しましたね

よくよくスペックを確認せずにWeb上の画像だけで予約してしまった私が悪いのだ。

制裁だよね

「釣りをしないで、江ノ島までクルージングして帰ろう。」という言葉が漏れた。

尋常ではなく潮が速い

以前調子が良かったポイントに着くと、船団だけでなく、多数のカヤック、SUPがいた。
こんなに船が行き交うところでよくやるな。と思いながら、SUP、カヤックを轢いてしまわないように注意深く通る。
本当かどうかは知らないが、この辺りのカヤック、SUPはよく怒られてると聞く。なんというか、まぁ、そういうことなのだろう。
朝イチで青物でもと思ったが、操船しながら釣り出来るボートではないので、カヤックなどにぶつかる可能性がある。
ということで、空いていた烏帽子岩周りの根を攻めることにした。
一人をミヨシで釣らせる。立てるスペースなどないので、座ってもらってひたすらタイラバを巻いてもらうことにした。
残り二人もタイラバから始めるらしい。
私は様子見。
落とした直後に、「潮が速くて真横に出ちゃうよ。」と叫ぶ嫁。
はて、水深20mでタングステン80gをつけたはずだが。
見に行くと確かに真横に出ていっている。がしかし、流石に80gもあればなんとか底は取れる。面倒なのでそのままやらせることにした。

グミ的な餌

なんとなくティップランをしてみる。SLJロッドは嫁のなので、キス竿でやってみた。
反応はない。
そうこうしているうちに、友人が小さなオオモンハタを釣り上げた。

オオモンハタ。

リリースはしたが、魚の姿を見れて船上が沸き立つ。
私も魚の姿を見たいと、カワハギの仕掛けに変える。スピニングのキス竿でカワハギはどうだろうか。
半年以上前の冷凍アサリは海外のグミのように硬い。これを食ってくれるのか。
40号のオモリが斜めに出ていく。これでも駄目か。
着底後、底スレスレを保っていると、ゴンゴンゴンっと勢いよくタタキ始めた。
仕掛けが勢いよく流れているので、向こうアワセになっているのだろう。
キス竿だからかかなり引く。
船縁に立てないので、状況が読めないが、仕掛けまで巻き取れば抜き上げれるはずだ。
よし、今だのタイミングで抜き上げると、あろうことか尺カワハギが一瞬顔をのぞかせた。
『デカイ!!』の叫びの後、船縁に当たった尺カワハギはフックアウトし逃げていった。
キス竿だからではなく、カワハギがデカかったから引いたのだ。強烈な引きだった。
その後、グミ化したアサリを入れるたびに、強烈なアタリがある。
がしかし、バラシ、ハリが折れるなど、尺カワハギ相手に釣り上げるのは難航した。

待望のカワハギ

なんかいるなとあげてみると、チャリコがついていた。

アサリでチャリコ。

アサリも食うのだなと思っていると、今度は嫁がスーパーライトジギングに切り替え、シーフロアコントロール タイニークランキー ゴールドグリーン 60g でエソを釣る。

えそ。

アタリが増えてきたので狭い船上もさらに活気づく。
ゴンゴンゴンっと待たしても強烈なアタリ。
今度はハリ折れないでくれよと慎重に巻き上げタモ入れ。

尺カワハギ。

キモパンの立派な尺カワハギだ。
これ一匹で4人食べるには十分だろう。
肩の荷が降りた気がした。

江ノ島クルージング

アタリが無くなってきたので、せっかくなので江ノ島でも見に行こうと移動した。
釣ろうとしたポイントに漁船が刺し網を入れた。
定置網と船団がいるので、仕方なく中途半端な砂地で釣りをする。
残り時間も少ないので、観光気分でやって帰ろう。狭い船でよくやったよ。
と思っていると、ミヨシから「なんか釣れてる!」と叫んでいる。
タイラバがフグにボロボロにされたので、XESTA Slow Bee SLJ ケイムラシルバー 40gに付け替えた直後だ。

ホロが邪魔で私からはどうなっているか見えない。
釣船で貸してるのに何で見えないのか。
「真鯛じゃないのか?」との声に慌ててタモを持ってミヨシに向かう。

ほうぼう。

巨大なホウボウ。50cmは余裕でありそうだ。このサイズはまず釣ったことがない。
無事タモ入れをし、血抜きをしている間に彼はもう一匹同じくらいのサイズを釣り上げた。SLJ恐るべし。
その後は海も荒れてきたので、少し早いが納竿とした。

タイドグラフ

タイドグラフ

© 2020 磁力式駆動 All Rights Reserved.
Theme by hiero