明日は管釣りなのに巻きたくない話。

暖かくなったなと思ったら時化だったり。どうも何某です。

最近グレにハマりつつあります。素人が沖磯とか行っても大丈夫だろうか。

管理釣り場に行く予定です

年末に友達と休みがあえば釣りに行こうという話になっていましたが、今週末がその予定日。予定を組んでる時はフライがやりたくてしょうがなかったので、管釣りでフライしたいという流れで進めてました。
なんとなく気づいてはいたんですけどね、もしかしたらフライが無いんじゃないかと。もうかれこれ10年以上管釣り行ってないので、管釣り用フライボックスはどうなってたか。
フライボックスを開けると、壊れたマラブーが一個。いやいや。これは流石に無理だなと。巻かないといけない。

パンドラの箱を開ける

素材が入った箱があります。

最後に開けたのは、去年の7月かな。半年経ってる。
ご存知フライを巻く素材ってのは動物の毛だったり皮だったり。

10年以上前ですが、フライを巻こうと箱を開けハックルを手に取るとボロボロと崩れました。
何が起こってるのかよくわからなかったのですが、箱の底をよく見ると、1mmほどの白い米粒のようなものがビッシリ。
なんだこれは。何かの卵なのか、これ自体が虫なのか。とにかくマテリアルボックスの中全てが使い物にならない。

そんな経験があるもので、しばらく開けてない箱は怖いです。
防虫剤入れるようにはしてるのですが、前回入れたのはいつだったか。
恐る恐る蓋を開けて手に取ると、特に問題ないっぽい。ほっと一安心。

フライを巻くのは面倒

フライのレシピ本と素材を交互に見ながら何を巻こうか考えたのですが、どれもこれも面倒。20年くらい前はエッグばっかり使ってたのですが、あれはあれで面倒。普段巻いてないと腰が重いわけです。
とはいえ、嫁に初フライをさせるという流れもあるので、ルースニング用にエッグを数個巻くとして、自分もエッグじゃなーとか思っていると、ティムコ発っぽいトラウトガムというのがある模様。

これは楽っぽいぞトラウトガム

ご丁寧にティムコがタイイングの動画をあげてました。

凄い。楽すぎる。これだ。これでいきましょう。
いつからこれあるんだろう。ワームみたいなものといえばそんな感じなので、昔からやってる人はいたんでしょうが。
調べてみると、爆釣らしい。ということは、スレてる場所もありそうだけど、まぁフライはキャストしてれば楽しいのでとりあえず、これを巻いて行ってみます。

© 2018 磁力式駆動 All Rights Reserved.
Theme by hiero