【注意】SUP、カヤックフィッシングする方へ

定置網内へ入る、係留する、仕掛けを引っ掛けるなどが多くなっており、漁師さんとのトラブルが増加してるようです。

SUP、カヤックを排除しようとする動きもあるため、定置網へは近づかないようお願いします。

ずいぶんサメが多いんだってねの話。

サメも怖いですが船も怖い。どうも何某です。

鳥山が出来るとSUPやカヤックがいても、お構いなしに猛スピードで釣船などがやってくるそうです。
相模湾の風物詩ですが、目立つ格好やフラッグつけて気づかれるようにしておかないと、余裕で轢かれそうですね。
見張りをしっかりして、向かってくるのが見えたら、勿体ないですが離れたほうがいいと思います。

あ、そうそう。結構サメが出てるらしいですよ。
人自体は襲わなくても、ストリンガーごとSUPやカヤックが引きずり込まれることがあるらしいので、ストリンガーは使わないほうがよさげです。
血抜きやトイレも流すタイミングに気をつけましょう。
自分は大丈夫でも、次ポイントに入った人が襲われるかもしれないので。

穏やかに見えるが。

なんだかサメが多いらしい

最近ホーム沖でサメをよく見かけるらしい。
かくゆう私も先日、SUPの周りを3匹のサメにくるくると回られ肝を冷やした。
年々SUPフィッシングをする方が増えており、血抜きやストリンガーでぶら下げる量も増えてるのか、そいつを目当てにやってきている感じもある。
それもあり、最近は早朝のシイラ狙いも中止していた。インフレータブルSUPに食いつかれたらひとたまりもない。
釣りをしたい欲求だけが増える。

副隊長はなべおさみ

「やめなよ。サメいるでしょ?」
『だからだよ。シャークハンター必殺隊発足だ。』

またおかしなことを言ってるなと、嫁は眉間にしわを寄せる。
「ひっくり返されたらどうするの?」と詰め寄る嫁に

『彼は包丁1本持って海に飛び込むような男ですよ。』

と伝えると、一瞬口を開きかけた嫁が、あぁこれはまた私の知らない昔話を延々と聞かされる可能性があるなと、うんざりした顔を見せ酒を手に取った。
やる気があるのかと憤慨した私は『この案件に替え玉は効かないんだよ!』と一喝。
聞く体制が出来たところで、『荒井注の例のカラオケ屋は伊東にあるらしいよ。』と、いつもの流れに持っていく。

一見穏やかに見えるが

少し寝過ごしてしまった。
兵藤ゆきがちくわで食中毒の話まで出るとは。昨夜は盛り上がりすぎである。
前日が時化だったためか、今日はそれほど混んでいない。波も低く、良さそうには見えるが。
波打ち際に行くと、波は低いが間隔が異様に短いのがわかった。これは被るやつだなと覚悟する。
セット後に勢いよく出る。1つ目の波で横を向きかけたのをパドルで制し、2つ目の波に突っ込む。
無事沖に出れたので、スポンジでビルジを掻き出した。
ひととおり準備をしていると、沖が見えないほどのうねりが頻繁にある事に気付く。さらには小さなうねりがたくさん出来ているため、カヤックが不規則に揺れる。

ひさぶりの船酔い

完全に酔ってしまった。まだ1回しか落としてないのに。
今日のために昨夜は酒を抑えて、睡眠を十分とったのに。
回復のため遠くを見ていると、鳥山ができかけてはバラけ、できかけてはバラけを繰り返している。
ジグを落とし直していると、こちらに向かって鳥が何羽か飛んできた。
魚探に小魚の反応が出てるなと思った刹那、ジグが落ちなくなった。急いであわせる。
マイワシが上がってきた。鳥はこの群れを追っていたのだろう。
再び魚探に目をやると群れの後ろに大きな反応が見えた。何かが群れを追っているらしい。
慌ててジグを落とすが、見向きもされなく反応は無くなった。
急いで回収し鳥を追う。ドンドン離されてしまう。やはりシットオンカヤックでは無理か。
だいぶ離されたあたりで、黒い物体が宙を舞うのが見えた。
間違い無い。キハダのライズだ。そこそこ大きい。
マグロは流石に無理だ。諦めて深場へ戻った。

なんとか結果を出す

水分を取っては嘔吐しを繰り返す。ほとんど釣りができていない。
うねりは朝よりはだいぶましになったのだが。
溶けたペットボトル氷の水を頭から被り、15分ほど休憩する。

ギンメダイ。

底に放置していたジグに何故かギンメダイがついていたくらいで、目立った釣果はマイワシ一匹。何かお土産を持って帰らなければ。
風が出てきたのでSpec-ZEROの240gにジグを付け替え、ドテラで流す。
いい感じにラインが斜めに出ている。
以前バラムツをかけたポイントあたりだなと思っていると、底から3m付近でひったくるようなアタリが出た。
意外と引く。これはまぁまぁのサイズかな。嫌な汗が出る。
がしかし、前回と違って、今回はギャフを持ってきている。振り返りをし、改善をしたのだ。
とはいうものの、たまに暴れるくらいですんなりとあがってくる。叩きとはまた違う暴れ方。
これはコアラだなと巻き上げると、やはりコアラ。

アニマル梯団。

我が家で食べるには十分な大きさだ。以前作った熟成アラの寿司は美味かった。これは嫁も喜ぶだろう。

身内に敵がいた

体調もだいぶ回復してきたが、風も強くなってきた。お土産ができたので帰ることにする。
前方に見覚えのある顔が見える。よくここで会う方だ。
釣果などを聞いていると、先日バラムツが浜に打ち上がってるという話しが出た。先日バラしたバラムツだろうか。打ち上がったとしたのであれば、申し訳無いことをした。次からは責任を持って回収しようと思う。
着岸すると、見覚えのある方が数人。ここの知り合いも増えてきた。
帰宅し片付けをしていると、起きてきた嫁に「サメはいたかい?」と声を掛けられる。
『今日は見かけなかったよ。』と答えると、「それが良い。」と頷きながら寝室へ戻っていった。
まさか二度寝を。昼過ぎだぞ。と追いかけようとすると、「魚が食べられるようになったら呼んでおくれ。」とボソボソと言いながらエアコンの温度を下げ、布団に潜っていった。
ストリンガーに群がるサメは家の中にもいたようだ。

タイドグラフ

タイドグラフ。

© 2019 磁力式駆動 All Rights Reserved.
Theme by hiero